2014年10月30日 12時00分 公開
特集/連載

セキュリティ対策をどうする?企業における無線LAN、“安全を買う”ために何が必要か

水と安全がタダではないように、無線LANのセキュリティも無料では実現しにくい。モバイル端末やクライアントPCから安全に無線LAN環境を使う上で導入が求められる技術や製品をチェックする。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 モバイルデバイスの普及やワークスタイルの変化などが企業の無線LAN導入を後押ししている。導入に当たり、ネットワーク担当者にとってやはり心配なのはセキュリティだろう。有線LANであれば、実際に社内のポートに不審な端末がつながっていれば、ケーブルの接続先を目視することもできるが無線LANの電波は目に見えない。クライアント端末側で電波をキャッチできれば、少なくとも接続を試みることはできる。適切な防御がされていなければ、実際に接続されてしまう可能性はより高くなる。

 車で移動ながらセキュリティの甘い無線LANを探し出して侵入する「ウォードライビング」と呼ばれる悪質な行為は、無線LANが普及し始めた頃から問題視されている。無線LAN経由でネットワークに接続され、サーバや別の端末から企業の重要情報が盗み出されたり、迷惑メールやウイルス配布のための踏み台にされたりしては、取り返しのつかないダメージを被ることになる。社内のLANを守るため、企業には具体的にどんな対策が求められるのだろうか。

ユーザー認証は不可欠

ITmedia マーケティング新着記事

news132.jpg

東京オリンピック・パラリンピック延期でサービス業の約40%が業績悪化を懸念――リスクモンスター調査
東京オリンピック・パラリンピックの延期によって自社の業績が変化すると考えているのは...

news034.jpg

Cookie利用規制が今必要な理由を整理する
個人情報保護の観点から、広告・マーケティングにおけるCookieの利用をはじめとしたデー...

news150.jpg

地銀カードローンのWebサイトに6つの勝ちパターン、64行ランキングトップは百五銀行――WACUL調査
WACULテクノロジー&マーケティングラボは3万サイトのデータをベースに作った評価基準を...