2014年10月30日 12時00分 公開
特集/連載

企業における無線LAN、“安全を買う”ために何が必要かセキュリティ対策をどうする?

水と安全がタダではないように、無線LANのセキュリティも無料では実現しにくい。モバイル端末やクライアントPCから安全に無線LAN環境を使う上で導入が求められる技術や製品をチェックする。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 モバイルデバイスの普及やワークスタイルの変化などが企業の無線LAN導入を後押ししている。導入に当たり、ネットワーク担当者にとってやはり心配なのはセキュリティだろう。有線LANであれば、実際に社内のポートに不審な端末がつながっていれば、ケーブルの接続先を目視することもできるが無線LANの電波は目に見えない。クライアント端末側で電波をキャッチできれば、少なくとも接続を試みることはできる。適切な防御がされていなければ、実際に接続されてしまう可能性はより高くなる。

 車で移動ながらセキュリティの甘い無線LANを探し出して侵入する「ウォードライビング」と呼ばれる悪質な行為は、無線LANが普及し始めた頃から問題視されている。無線LAN経由でネットワークに接続され、サーバや別の端末から企業の重要情報が盗み出されたり、迷惑メールやウイルス配布のための踏み台にされたりしては、取り返しのつかないダメージを被ることになる。社内のLANを守るため、企業には具体的にどんな対策が求められるのだろうか。

ユーザー認証は不可欠

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。