2014年10月09日 12時00分 公開
特集/連載

企業の無線LAN導入“本末転倒”を避けるために譲れない3つのポイント「コスト最優先」は結局高くつく?

企業用の無線LANにおいては、結局どのような製品を購入すべきなのか。製品選択の基本的な考え方を整理する。

[織茂洋介,TechTargetジャパン]

 無線LANを使ってクライアント端末をネットワークに接続するために、まず必須なのはアクセスポイント(AP)だ。SOHOなど小規模でユーザー数も限られた環境では、家庭用の無線LAN同様、1つのAPに対して接続する端末をそれぞれ設定するスタンドアロン型のシステムで十分なことも多いが、企業の規模がある程度大きくなってくれば、ユーザー数も接続する端末も増える。そして、APの数も増やさざるを得なくなる。

 APの数が多くなれば、スタンドアロン型のシステムではいろいろと不都合が生じてくる。APごとに接続する端末の設定を行い、運用ポリシーの変更などがあれば、個別に行わなければいけないというのでは、管理負担が大き過ぎるのだ。

無線LANコントローラーはなぜ必要なのか

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...