2015年08月24日 15時00分 公開
特集/連載

「Exchange Server 2016 Preview」をチェックして分かった“ビルド番号の謎”変わったところと変わらなかったところ(1/2 ページ)

米Microsoftは、生産性とコラボレーションの機能に変更を加えた「Exchange Server 2016 Preview」を公開した。だが、これは本当にExchange Serverの新しいバージョンなのだろうか。

[Michael Van Horenbeeck,TechTarget]
Exchange Server 2016 Previewのダウンロードページ《クリックで拡大》

 米Microsoftは2015年7月22日(米国時間)に、しばらく前から開発を進めていたメッセージングサーバ「Exchange Server 2016 Preview」をリリースした。完成度が高いように思われるが、レビューを実施したところ、それは驚くべきことではなかった。

 Exchange Server 2016は、Microsoftの「Microsoft Office Server」の新機能を使用して分割画面でドキュメントを表示するなど、新しいコラボレーション機能をエンドユーザーに提供する。残念ながら、Office Serverのプレビュー版はまだリリースされていないため、Exchange Serverの管理者がこの機能をテストすることはできない。Exchange Server 2016 Previewには、同社のコラボレーションアプリケーション「SharePoint」やオンラインクラウドストレージ「OneDrive」に保存されているドキュメントをリンク形式で送信する機能も用意されているが、Microsoftが最も改良を加えたのは、電子メールおよび情報管理アプリケーション「Outlook Web App(OWA)」だ。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...