2015年09月15日 12時00分 公開
特集/連載

リモートバックアップに3つの選択肢、それぞれの長所短所はこれだ4割の企業が遠隔地のデータ保護を実践(1/2 ページ)

リモートデータバックアップの選択肢には、統合バックアップアプライアンス、クラウド、ハイブリッドアプローチがある。本稿では、それぞれの長所と短所を紹介する。

[Andrew Burton,TechTarget]
3つのDR方式(参照:災害対策、迷ったらこれを選ぶ 〜3つのDR方式を徹底解説)《クリックで拡大》

 最近、米TechTargetが実施した調査によると、約40%の企業が5カ所以上のオフィスのデータ保護に対応していることが判明した。これには、リモートオフィスやブランチオフィス(ROBO)が含まれる。

 リモートデータバックアップの課題が存在する理由は複数ある。例えば、オンサイトIT担当者の欠如、古くなった/ミスマッチなテクノロジー、予算の制限だ。適切なトレーニングを受けていない従業員にリモートバックアップの管理を任せた場合、データの損失が発生するのは火を見るよりも明らかだろう。

 ただし、リモートサイトのバックアップを一元管理するようにデザインされたテクノロジーは広く普及している。あなたの勤務先がROBOのデータ保護に苦戦している場合、その対策として利用できる選択肢は多数ある。

リモートデータバックアップに関する問題

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...