2015年10月07日 12時00分 公開
特集/連載

古くても捨てられないアプリをどうする?化石級のレガシーアプリを無理なくモバイル化する「リファクタリング」のススメ

従来型のビジネスプロセスをモバイルアプリケーションに変換するのは容易ではないが、「リファクタリング」技術を利用すれば、モダンアプリケーションに作り直す作業が容易になる。

[Jack Madden,TechTarget]
マルチデバイス対応企業システムの構成例(TechTargetジャパン記事「HTML5? それともネイティブ? スマホ業務アプリの作り方4種を徹底比較」から)《クリックで拡大》

 業務のモバイル対応を進める企業が増えているが、必要なアプリケーションの全てを刷新するのは不可能だと考えられているようだ。

 多くの企業は、「Windows」アプリケーションや、デスクトップブラウザからアクセスすることを前提としたWebアプリケーションを多数抱えている。その多くは古いレガシーアプリケーションや自社でカスタマイズしたアプリケーションであり、ソースコードが既に存在しない場合もある。「iOS」と「Android」にネイティブ対応したアプリケーションをスクラッチから作成することによって、これらのアプリケーションのモバイル版を開発するには膨大な費用が掛かり、現実的でない。一方で、こういったアプリケーションは代替できる市販製品が存在しない場合も多い。

「リファクタリング」のススメ

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

LINE広告ネットワークで「動画リワード広告」の提供を開始
新たな広告収益源の創出に加え、インセンティブ付与によるアプリ内の活性化も促進。

news102.jpg

福田康隆氏がアドビ退社後初めて語ったB2Bマーケティング&セールスと自身の「これから」の話
アドビ システムズ専務執行役員の座を退いた福田康隆氏が新天地ジャパン・クラウドで再始...

news084.jpg

「応援消費」についてジャパンネット銀行が調査 共感できるものにお金を使いたい人が6割
人や企業、地域などを応援する目的の「応援消費」に関する調査です。