2016年08月22日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド時代のアプリケーション移植【後編】コンテナ技術「Docker」で実現するアプリケーション移植、知っておきたい5つの勘所

クラウド間でのアプリケーションの移植をサポートする選択肢としてコンテナを選んだ場合、コンテナの特徴を保持する必要がある。その手段を紹介する。

[Tom Nolle,TechTarget]
Dockerの公式Webサイト《クリックして拡大》

 前編「コンテナ技術『Docker』がアプリケーション移植を得意とする理由」で、コンテナがクラウド間のアプリケーション移植に最適な理由を紹介した。しかし、移植には、厳格なアプリケーションバージョン管理と互換性のあるデプロイ管理といったコンテナの特徴を保持しなければならない。後編では、それらの特徴を保持するための5つの手順を紹介する。

ITmedia マーケティング新着記事

news040.jpg

夫婦で共用するものとしないものの境界線――プラネット調べ
11月22日は「いい夫婦の日」。ハンドタオルは夫婦で共有するけれどバスタオルは? 寝室...

news156.jpg

若者はなぜ「ライブ動画」を視聴するのか――ライムライト・ネットワークス・ジャパン調べ
ライムライト・ネットワークス・ジャパンがコンテンツの視聴動向に関する調査結果を発表...

news003.jpg

日本で取り組むセールスイネーブルメントと今後の展望
セールスイネーブルメントの概念や代表的なツールについて2回にわたって紹介してきました...