2016年08月24日 12時00分 公開
特集/連載

クラウド最新ランキング発表、トップ2ベンダーがベストな選択とは限らない理由Gartnerアナリストが評価基準を解説

GartnerのアナリストがIaaSプロバイダーランキングを発表し、その評価基準を解説した。ランキング上位のプロバイダーが必ずしもあなたにとってベストなチョイスとは限らないと警鐘を鳴らした。

[Jason Sparapani,TechTarget]
GartnerのIaaS評価基準《クリックで拡大》

 2016年8月15日、Gartnerが米国で開催した「Gartner Catalyst Conference」初日のセッションは、映画『スター・ウォーズ』の壮大なテーマで幕を開けた。「クラウドウォーズ」という大々的なタイトルを冠したこのセッションは、大手IaaS(Infrastructure as a Service)プロバイダー3社の比較を紹介し、数百の参加者を集めた。

 このセッションでGartnerのアナリスト、イライアス・クネイサー氏は、同社が7月に発表した『In-Depth Assessments』という一連の報告書に基づいて、IaaSプロバイダー3社、Amazon Web Services、Microsoft、Googleの最新順位を紹介した。

AWS、Azure、Google:スコア上のベストと自社にとってのベスト

ITmedia マーケティング新着記事

news069.jpg

「サブスク疲れ」を超えて広がるOTTメディアとモバイル広告のこれから
現在のOTTはサブスクリプションモデルが主流です。しかし、長期的にはストリーミングコン...

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...