2018年10月15日 05時00分 公開
特集/連載

テープやHDDもフル活用 小規模企業だからこそ考えたい戦略的バックアップコストや人材が少なくても大丈夫

小規模企業には余裕がない。だが、堅実なバックアップ戦略は必要だ。幸い、テープ、ディスクからクラウドまで、小規模企業向けのバックアップオプションはたくさんある。

[Brien Posey,TechTarget]
画像 まず「製品ありき」はやめる

 バックアップ計画の話題はほぼ大企業が中心だ。だが、小規模企業でもバックアップは同じく重要になる。場合によっては大企業よりも重要かもしれない。規模の小さな企業で大きなデータ損失が発生すると、廃業に追い込まれる恐れがあるからだ。

 小規模企業は、時間を割いて最善のデータ保護方法を考え、そのバックアップ計画を実践することを優先すべきだ。市場では、複数のバックアップ製品が競っており、どのベンダーも自社の製品が最高だと主張する。だからといって、適当な製品を選んでからバックアップ構成を考えるというやり方はお勧めできない。それよりも、小規模企業向けの包括的なバックアップ戦略を立て、その戦略に最適な製品を見つけた方がよい。

小規模企業向けのバックアップ戦略の立案

 データを適切に保護するには、データのコピーが3つは必要だ。1つは、実際のコピーではなく、毎日使用する運用データだ。2つ目は、オンサイトに保持するバックアップ、3つ目はオフサイトのバックアップになる。

 2つの異なるバックアップコピーが必要な理由は2つある。

ITmedia マーケティング新着記事

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...

news013.jpg

営業の「あるある課題」に挑むインサイドセールス3つの機能
売り上げ1000億円以上のエンタープライズクラスの企業に向けてもインサイドセールスは効...

news175.jpg

ネトフリ「広告付きプラン」は誰得? 業界関係者の反応は……
広告モデルへの一部移行がうわさされるNetflix。新たなプランが増えることで視聴者と広告...