2018年12月18日 05時00分 公開
特集/連載

進化と今後の恩恵Windows PCのローカル保存はNG? 次の企業向けストレージを考える

Windowsデスクトップのストレージは大きく変化してきた。エンドユーザーの要求や技術が変わったからだ。今、最も有力な選択肢は、クラウドベースのストレージだ。

[Jo Harder,TechTarget]

関連キーワード

OneDrive | NAS | SAN | Citrix | クラウドストレージ


 現在、ユーザーのデスクトップでは、内蔵ハードドライブ、外付けドライブ、ネットワークドライブ、クラウドストレージなどを組み合わせて、膨大な容量のストレージが使われている。フロッピーディスクに依存していた初期の素朴なデスクトップPCから、技術は著しい進歩を遂げた。

 Windowsデスクトップストレージのバックエンド要件を計画する際は、安全でアクセスしやすい十分な容量のストレージを要件に含めることが重要だ。ユーザーは大容量ファイルの作成、表示、変更に慣れているため、IT部門が適切なシステムを提供しなければ、別のストレージメカニズムを見つけ出すだろう。

 企業はエンドユーザーのニーズに対応する上で、幾つかのストレージインフラおよびサービスの選択肢を利用できる。

ホームドライブやネットワーク共有

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

デジタル広告のフリークエンシー(表示回数)最適化、「何回見せるのが最も効果的か」が分かる
電通デジタルが、デジタル広告の最適なフリークエンシー(表示回数)を導き出すフレーム...

news026.jpg

債権回収にマーケティングオートメーション活用、イオングループ傘下のサービサーの取り組み
債権回収の場においても、チャネル横断やコミュニケーション最適化の視点はやはり重要だ...