Windows PCのローカル保存はNG? 次の企業向けストレージを考える進化と今後の恩恵

Windowsデスクトップのストレージは大きく変化してきた。エンドユーザーの要求や技術が変わったからだ。今、最も有力な選択肢は、クラウドベースのストレージだ。

2018年12月18日 05時00分 公開
[Jo HarderTechTarget]

関連キーワード

OneDrive | NAS | SAN | Citrix | クラウドストレージ


 現在、ユーザーのデスクトップでは、内蔵ハードドライブ、外付けドライブ、ネットワークドライブ、クラウドストレージなどを組み合わせて、膨大な容量のストレージが使われている。フロッピーディスクに依存していた初期の素朴なデスクトップPCから、技術は著しい進歩を遂げた。

 Windowsデスクトップストレージのバックエンド要件を計画する際は、安全でアクセスしやすい十分な容量のストレージを要件に含めることが重要だ。ユーザーは大容量ファイルの作成、表示、変更に慣れているため、IT部門が適切なシステムを提供しなければ、別のストレージメカニズムを見つけ出すだろう。

 企業はエンドユーザーのニーズに対応する上で、幾つかのストレージインフラおよびサービスの選択肢を利用できる。

ホームドライブやネットワーク共有

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。