2019年12月10日 05時00分 公開
特集/連載

Excel依存の大手化学メーカーが「RPA」を全社導入 そのメリットと課題は?UiPathやBlue PrismではなくAutomation Anywhereを選定

グローバル企業のEastman Chemical Companyは、全社的なRPA導入計画にAutomation Anywhereを採用した。導入して分かったメリットと課題、他のRPAソフトウェアとの違いは。

[Mark Labbe,TechTarget]

 「経理部門はマクロを活用して、『Microsoft Excel』の能力を限界まで引き出そうとしていた」。こう語るのは、大手化学メーカーEastman Chemical Companyで業務自動化プロジェクトのコンサルタントを務めるマーシャル・カウチ氏だ。

 化学薬品、プラスチック、繊維を扱うEastmanは、毎年100億ドル以上の収益を上げている。2018年の秋ごろから、ロボティックプロセスオートメーション(RPA)を使用して、PCを使った業務プロセスを全社レベルで自動化するために、RPAベンダーを探し始めた。

Automation AnywhereとUiPathやBlue Prism製品との違いは

 EastmanはAutomation AnywhereのRPA製品を選んだ。Automation Anywhereは、同社のRPAソフトウェア「Automation Anywhere Enterprise」のメジャーアップデートとなる「Automation Anywhere Enterprise A2019」を2019年10月上旬にリリースしている。このアップデートにより、ユーザー企業はAutomation Anywhere Enterpriseを完全にクラウドで使用することが可能になった。

 ユーザー企業が他のベンダーのテクノロジーと組み合わせて使えるように、Automation Anywhereは何百社ものパートナーと連携している。

画像 Automation Anywhereでソフトウェアロボットがダッシュボードを作成しているところ《クリックで拡大》

 Eastmanのカウチ氏は「Automation Anywhereはワークフローが優れている」と話す。大手RPAベンダーのUiPathやBlue Prismの製品と比べて、Automation Anywhere製品のワークフローは分かりやすいとカウチ氏は言う。

 UiPathとBlue Prismの業務シナリオ作成方法は図の作成に近い。Automation Anywhereの業務シナリオ作成方法はコーディングに近いものの、ドラッグアンドドロップで操作できる。そのためEastmanは、販売処理といった大きく全体的なプロセスにAutomation Anywhereを使用して、事業部門のエンドユーザーが各自のデスクトップでソフトウェアロボットを使えるようしている。

従業員1万5000人を支えるシステムの支援にRPAを使用

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...