2020年02月13日 05時00分 公開
特集/連載

「MaaS」で広がる可能性【後編】「MaaS」(Market as a Service)がSaaS開発者を楽にする理由と、2つの課題

アプリケーションをSaaS(Software as a Service)として開発、提供しやすくする「MaaS」(Market as a Service)の商用サービスが登場した。何を可能にし、どのような課題があるのか。

[George Lawton,TechTarget]

 ベンダーの間では、開発したアプリケーションをSaaS(Software as a Service)として提供する動きが加速している。顧客接点となるアプリケーション(SoE:Systems of Engagement)をSaaSとして開発、提供することで、顧客サービス向上を図ろうとしているユーザー企業もある。SaaSの開発や提供を手掛けるこうした企業(以下、SaaS事業者)を支援するサービスが「Marketplace as a Service」(MaaS)だ。MaaSはログ記録やパフォーマンスモニタリング、料金管理、データベースなど、SaaSの構成要素として使えるさまざまなサービス(以下、SaaS用サービス)をSaaS事業者に提供する(参考:前編「『MaaS』とは? SaaSを手軽に開発するための新たな選択肢」)。SaaS用サービスベンダーと、SaaS事業者を結び付ける場として機能する。

 MaaSベンダーの代表例がManifoldだ。同社のMaaSはカタログ、プロビジョニング(コンピュータやネットワークなどのリソースの準備)、請求処理といった標準的なMaaSの機能を備える。

 SaaS事業者はMaaSにあるさまざまなSaaS用サービスを活用すれば、独自のSaaSを開発、提供しやすくなる。例えばSaaS事業者が開発したSaaSが、SaaS用サービスにアクセスするための認証処理に必要な作業は、MaaSが提供するクレデンシャル(IDやパスワードといった資格情報)を備えたランタイム(プログラムの実行に必要なソフトウェア)を使うことで省略できる。

 クラウドベースのメッセージキュー(サービス間でデータを送受信するための機能)を提供するIron.ioは、ManifoldのMaaSを使うことで、個々のSaaS用サービスベンダーが構えるマーケットプレースを使うよりも簡単に、複数のクラウドサービスを管理できるSaaS群を構築した。「MaaSを導入するまでは、メッセージの単純なリスト作成に必要な処理ですら複雑で厄介だった」と、Iron.ioのCEOであるディラン・スタマット氏は語る。

 複数ベンダーのSaaS用サービスを利用するために重要なことについて、調査会社Wikibonのアプリケーション開発担当リードアナリストを務めるジム・コビエルス氏はこう語る。「異なるベンダー間のSaaS用サービスを横断する次世代アプリケーションの構築、開発、管理には、Manifoldが提供するようなMaaSが不可欠だ」

 コビエルス氏はManifoldのMaaSについて、さまざまなSaaS用サービスを組み合わせられるサービスだと評価する。Manifoldは、多様なベンダーが提供するSaaS用サービスに関する調査や利用契約、開発、SaaS事業者に対する利用料の請求を一元的に実施する。SaaS事業者は、こうした一連の作業を既存のDevOps(開発と運用の融合)ワークフローに組み込むことが容易になる。

 こうしたMaaSの主なライバルは「Amazon Web Services」(AWS)や「Microsoft Azure」「Google Cloud Platform」といった大手クラウドサービスになるというのが、コビエルス氏の意見だ。これらのサービスは、それぞれが豊富なSaaS用サービスを取りそろえており、独自のマーケットプレースを構築してSaaS事業者が自身でSaaS用サービスを調査、利用契約、開発、管理できる環境を提供している。

MaaSが解決すべき課題は

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

新型コロナウイルスの感染拡大で注目される「巣ごもり消費」に関する意識――カンム調査
外出控えムードの中、消費意欲は「自宅でのエンタメ」に向かっているようです。

news091.jpg

オンライン医療が進む中国と台湾、日本 iOS「メディカル」アプリ最新人気ランキング
今回は、2020年2月度における中国、台湾、日本市場におけるiOS「メディカル」モバイルア...

news137.jpg

SDGsへの取り組みが最も高く評価された企業はトヨタ自動車――ブランド総合研究所調査
国内の主力企業のSDGsへの取り組みやESG活動に対して1万500人に聞いています。