いまさら聞けない「IEEE 802.11ax」の必修12用語 あなたは幾つ知っている?「IEEE」から「Wi-Fi 6」まで

最新世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)は多様な要素技術で構成され、さまざまな組織が関わっている。IEEE 802.11axの理解を助ける、主要な関連用語を紹介しよう。

2020年04月26日 08時30分 公開
[Michaela GossTechTarget]

関連キーワード

IEEE | Wi-Fi


 新しい無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(業界団体Wi-Fi Allianceによる名称は「Wi-Fi 6」)の登場を受け、企業はIEEE 802.11axへの移行を検討、準備し始めている。

 コンシューマーの方が企業より早くIEEE 802.11axのメリットを享受する可能性がある。ただし企業のネットワーク部門がIEEE 802.11axに備えるのは時期尚早ではない。IEEE 802.11axは、さまざまな新機能や機能強化により従来世代の無線LAN規格との違いを打ち出し、無線LANに高度で革新的な進化をもたらすことを目指している。

 本稿は、IEEE 802.11axで大きな役割を果たす機能や要素を表す12個の重要な用語とともに、IEEE 802.11axがネットワークにもたらす可能性がある効果を説明する。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...

news173.png

Google Cloud Platform (GCP)上に構築したデータ基盤をCDPに 「Rtoaster insight+」に新機能
ブレインパッドは、GCP上に構築したデータ基盤をCDPに進化させる新機能を「Rtoaster insi...