2020年04月26日 08時30分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「IEEE 802.11ax」の必修12用語 あなたは幾つ知っている?「IEEE」から「Wi-Fi 6」まで

最新世代の無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(Wi-Fi 6)は多様な要素技術で構成され、さまざまな組織が関わっている。IEEE 802.11axの理解を助ける、主要な関連用語を紹介しよう。

[Michaela Goss,TechTarget]

関連キーワード

IEEE | Wi-Fi


 新しい無線LAN規格「IEEE 802.11ax」(業界団体Wi-Fi Allianceによる名称は「Wi-Fi 6」)の登場を受け、企業はIEEE 802.11axへの移行を検討、準備し始めている。

 コンシューマーの方が企業より早くIEEE 802.11axのメリットを享受する可能性がある。ただし企業のネットワーク部門がIEEE 802.11axに備えるのは時期尚早ではない。IEEE 802.11axは、さまざまな新機能や機能強化により従来世代の無線LAN規格との違いを打ち出し、無線LANに高度で革新的な進化をもたらすことを目指している。

 本稿は、IEEE 802.11axで大きな役割を果たす機能や要素を表す12個の重要な用語とともに、IEEE 802.11axがネットワークにもたらす可能性がある効果を説明する。

目次

  • IEEE
  • IEEE 802.11ac
  • OFDMA
  • 帯域幅(会員限定)
  • ビームフォーミング(会員限定)
  • MIMO(会員限定)
  • 無線LANアクセスポイント(会員限定)
  • 無線LANルーター(会員限定)
  • レイテンシ(会員限定)
  • Wi-Fi(会員限定)
  • Wi-Fi Alliance(会員限定)
  • Wi-Fi 6(会員限定)

IEEE

 IEEE(米国電気電子学会)は、新しい技術進化を継続的に実現することを目指す学会だ。IEEEの内部組織のIEEE Standards Associationが中心となって、新規格の標準化を進めている。IEEEは無線LAN製品が準拠しなければならない標準規格を定め、IEEE 802.11axを含む無線LAN規格の進化に重要な役割を果たしてきた。

IEEE 802.11ac

 「IEEE 802.11ac」(Wi-Fi Allianceによる名称は「Wi-Fi 5」)は、IEEE 802.11axの前の世代に当たる無線LAN規格だ。IEEE 802.11acは、快適なビデオストリーミングや高速なデータバックアップを実現した。IEEE 802.11axは、最大データ伝送速度の目標など、IEEE 802.11acが“空約束”に終わった、あるいは約束が十分に果たされなかった領域での巻き返しを目指している。

OFDMA

 「OFDMA」(直交周波数分割多重接続:Orthogonal Frequency Division Multiple Access)は、「OFDM」(直交周波数分割多重:Orthogonal Frequency Division Multiplexing)をベースにしたデジタル変調方式だ。OFDMは、複数の周波数の搬送波でデータをデジタル変調する。OFDMAはこの機能を新たなレベルに高めるIEEE 802.11axの要素技術だ。OFDMAにより、IEEE 802.11axの無線LANアクセスポイント(AP)では1つのチャネル(データの送受信に用いる周波数帯)で複数のデバイスが同時に通信できる。これに対して従来のAPは、1つのチャネルで単一のユーザーまたはデバイスしか通信できない。

帯域幅

ITmedia マーケティング新着記事

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...

news113.jpg

日本のスマホ決済アプリのインストール数は75%成長 バンキングアプリ利用も急増――Adjust調査
2020年上半期は特に日本において、新型コロナの影響でファイナンスアプリの利用が活発化...

news048.jpg

ニューノーマル初の年末商戦 成功の鍵は「送料無料」と「低価格」、そして……――Criteo予測
コロナ禍の収束が見通せないながらも、人々の消費は少しずつ動き出しています。ホリデー...