2020年04月27日 05時00分 公開
特集/連載

「チャットbot開発ツール」とは? Google、Microsoft、AWSのサービスを比較チャットbotと開発ツールの進化【後編】

「チャットbot開発ツール」は、エンドユーザーが簡単にチャットbotを開発できるように進化しつつある。GoogleとMicrosoft、AWSといった主要ベンダーのチャットbot開発ツールの特徴を説明する。

[Ronald Schmelzer,TechTarget]

 人と対話するプログラム「チャットbot」の開発に必要なツールは、非開発者にも使いやすくなりつつある。企業は現在、チャットbotを開発し、Webサイトやモバイルアプリケーション、音声アシスタントに導入するためのテンプレートや設計オプションを備えた、さまざまな「チャットbot開発ツール」を見つけることができる。前編「普通のチャットbotと『AIチャットbot』の違いとは?」に引き続き、チャットbotとともに進化が進むチャットbot開発ツールについて説明する。

Dialogflow(Google)

 チャットbot市場にいち早く参入したサービスの一つが、Googleの「Dialogflow」だ。Dialogflowは、開発者やエンドユーザーが既存の自然言語処理(NLP)技術を利用して、チャットbotを開発するためのシンプルなツールだ。開発したチャットbotは、Webサイトや「Slack」「Facebook Messenger」といったビジネスチャット/インスタントメッセンジャー、「Amazon Alexa」「Google アシスタント」といった音声アシスタントなど、幅広いコミュニケーションツールと連携させることができる。

Microsoft Bot Framework(Microsoft)

ITmedia マーケティング新着記事

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

イー・エージェンシーのCDP「D-Lenz」はSaaSとスクラッチ開発の良いとこ取り
顧客データや問い合わせデータのさまざまなマーケティングデータを統合し、顧客の分析や...