「VDI」で“予想外”のコストがかかる原因と対処法VDIの“誤解”を検証する【後編】

企業がVDIを導入するとき、当初の見積もりよりも導入や運用にかかるコストが大幅に高額になることがある。それはなぜか。VDIのコスト要因を整理する。

2020年10月06日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 企業が「VDI」(仮想デスクトップインフラ)を利用して、従業員が満足する水準のユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)を実現し、生産性を維持するためには、それなりのコストをかけて必要なリソースを用意する必要がある。前編「「VDI」の知るべき真実 『管理が楽で高セキュリティ』の“例外”」と中編『“遅くて使えない仮想デスクトップ”を生む2つの原因とは?」に続く本稿は、企業がVDIを導入する際に注意すべきコストを説明する。

ハードウェアのコスト

 仮想デスクトップが送受信するデータはネットワークを通過し、仮想デスクトップ用サーバに保存される。企業がVDIを導入するときは、サーバをはじめとしたハードウェアや仮想化ソフトウェアに投資しなければならない。

ITmedia マーケティング新着記事

news136.png

ジェンダーレス消費の実態 男性向けメイクアップ需要が伸長
男性の間で美容に関する意識が高まりを見せています。カタリナ マーケティング ジャパン...

news098.jpg

イーロン・マスク氏がユーザーに問いかけた「Vine復活」は良いアイデアか?
イーロン・マスク氏は自身のXアカウントで、ショート動画サービス「Vine」を復活させるべ...

news048.jpg

ドコモとサイバーエージェントの共同出資会社がCookie非依存のターゲティング広告配信手法を開発
Prism Partnerは、NTTドコモが提供するファーストパーティデータの活用により、ドコモオ...