2021年01月14日 05時00分 公開
ニュース

AWS、AIの偏見を防ぐ「Amazon SageMaker Clarify」を発表 AI倫理問題に対処TechTarget発 世界のITニュース

AWSが発表した「Amazon SageMaker Clarify」は、機械学習モデルに内在するバイアスを検出する。昨今議論が激化している、AI技術に内在する差別問題への対処を支援する。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services


 Amazon Web Services(以下、AWS)は2020年12月8日(現地時間) 、同社が提供する機械学習モデル構築ツール「Amazon SageMaker」の新たな機能「Amazon SageMaker Clarify」(以下、SageMaker Clarify)を発表した。SageMaker Clarifyを使うことで、エンドユーザーは機械学習モデルに含まれるバイアス(偏見)を軽減できるという。

「AI倫理」に関する議論の激化が背景に

 機械学習では、モデルのトレーニングに使われたデータの偏りやアルゴリズムから、データにバイアスが生じる可能性がある。バイアスが存在すると、機械学習による予測精度は落ちる。

ITmedia マーケティング新着記事

news161.jpg

日本企業における非財務情報(ESG関連情報)活用とその実態――アビームコンサルティング調査
データを活用し、ESG活動の成果を定量的に把握した上で経営の意思決定を行う「真の統合型...

news117.jpg

Instagramがコロナ禍で苦境の飲食店を救うためにやっていること
Facebook JapanはInstagramで飲食店を含めた中小ビジネスを支援するためのさまざまな施策...