2021年01月14日 05時00分 公開
ニュース

AWS、AIの偏見を防ぐ「Amazon SageMaker Clarify」を発表 AI倫理問題に対処TechTarget発 世界のITニュース

AWSが発表した「Amazon SageMaker Clarify」は、機械学習モデルに内在するバイアスを検出する。昨今議論が激化している、AI技術に内在する差別問題への対処を支援する。

[Mark Labbe,TechTarget]

関連キーワード

Amazon Web Services


 Amazon Web Services(以下、AWS)は2020年12月8日(現地時間) 、同社が提供する機械学習モデル構築ツール「Amazon SageMaker」の新たな機能「Amazon SageMaker Clarify」(以下、SageMaker Clarify)を発表した。SageMaker Clarifyを使うことで、エンドユーザーは機械学習モデルに含まれるバイアス(偏見)を軽減できるという。

「AI倫理」に関する議論の激化が背景に

 機械学習では、モデルのトレーニングに使われたデータの偏りやアルゴリズムから、データにバイアスが生じる可能性がある。バイアスが存在すると、機械学習による予測精度は落ちる。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...