2021年03月30日 10時00分 公開
特集/連載

Amazon Elasticsearch ServiceとAmazon Kendraの違いとは AWS2大検索サービス「Amazon Elasticsearch Service」「Amazon Kendra」を比較する【後編】

AWSが提供する「Amazon Elasticsearch Service」と「Amazon Kendra」は検索サービスという点では同じだが、機能や適した用途、課金条件などに違いがある。どちらを選ぶか検討するときのポイントを説明する。

[Ernesto Marquez,TechTarget]

 Amazon Web Services(AWS)は明確な構造定義を持たない「半構造化データ」や構造そのものがない「非構造化データ」の検索のために「Amazon Elasticsearch Service」と「Amazon Kendra」という2つの検索サービスを用意する。前編「AWSの2大検索サービス『Amazon Elasticsearch Service』『Amazon Kendra』とは」に続く本稿は、自社のアプリケーションにはどちらのサービスが最適かを評価するためのヒントを説明する。

Amazon Elasticsearch ServiceとAmazon Kendraの比較

用途の違い

 IT担当者はAmazon Elasticsearch ServiceとAmazon Kendraのどちらかを選ぶ前に、2つのサービスが解決する課題が異なることを理解する必要がある。Amazon Elasticsearch Serviceが持つ機能は、Amazon Kendraよりも幅広い。Amazon Elasticsearch Serviceはインフラやアプリケーションのログデータの収集と保存、分析といった機能を持つ。IT担当者はこうしたログデータをセキュリティ対策や監視作業に取り入れることができる。

 Amazon Kendraの機能を組み込んだ業務アプリケーションは、業務遂行に役立つ情報の検索結果を高速かつ正確に出力できるようになる。アプリケーション開発者は、顧客向けのカスタムWebサイト検索サービスやチャットbotなどにAmazon Kendraの機能を組み込むことが可能だ。

機能の違い

 検索方法はAmazon KendraとAmazon Elasticsearch Serviceで異なる。Amazon Kendraは自然言語で検索できるのに対し、Amazon Elasticsearch Serviceはクエリ言語を必要とする。Amazon Elasticsearch Serviceもキーワードによる検索は可能だ。ただしAmazon Kendraの自然言語検索と比べて自由度は劣る。例えばAmazon Kendraでは「製品Xの金額は」「アイテムYはどこで見つかるのか」といったテキストでの検索が可能だが、Amazon Elasticsearch Serviceではできない。

 検索機能の豊富さは、Amazon Elasticsearch Serviceの方が優れている。論理演算子や関数、特定の値などの条件で検索できるためだ。ただし検索クエリを解釈するためのAI(人工知能)エンジンは用意していない。

 Amazon Kendraはインデックスを作成してデータの検索を容易にしたり、データを本来のデータソースに維持したままアクセスできるようにしたりする機能を持つ。Amazon Elasticsearch Serviceはそうした手段を提供しておらず、IT担当者はElasticsearchにデータを取り込んで維持、管理しなければならない。

課金条件の違い

 IT担当者がAmazon Elasticsearch ServiceかAmazon Kendraを検討する際には、利用料金が重要な要素になる。Amazon Elasticsearch Serviceは利用時間とデータ転送量、利用するコンピューティングリソースのスペックに基づいて利用料金が決まる。Amazon Kendraは利用時間に基づいて課金する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。