2021年04月28日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「RPA」の基礎 何ができ、何ができないのか「RPA」と「AI」の違い【前編】

RPAとAI技術は普及が進む一方で、両者の特性や連携の意義についての理解は進んでいない。両者の違いを理解する前に、まずはRPAの基本事項をおさらいしよう。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

関連キーワード

ERP | 業務改善 | 業務プロセス


 以前よりも速いペースで「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)と「AI」(人工知能)技術の導入が進んでいる。業務の迅速化とコスト削減の効果を見込み、企業のCIO(最高情報責任者)はRPAとAI技術の導入拡大と促進にまい進している。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)の影響で2020年のIT投資は全般的に減速しているが、2021年には持ち直す見込みだ。経営コンサルティング会社Everest Global(Everest Groupの名称で事業展開)は、特に自動化の需要がRPAやAI技術の市場をけん引するとみる。

 企業はRPAとAI技術を連携させずに個別に利用しても、恩恵を享受できる。RPAとAI技術を一緒に導入すれば、企業は「さらに大きなメリットを獲得し、競走上優位な立場を確保できる」と専門家は口をそろえて強調する。

 「当社はAI技術とRPAを必ず併用する。これらは変革に欠かせない」。システムインテグレーター(SIer)のLarsen & Toubro Infotechでデジタル変革コンサルティングの責任者を務めるブーマー・チュタニ氏はこう語る。

RPAができること、できないこと

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...