2021年04月28日 05時00分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「RPA」の基礎 何ができ、何ができないのか「RPA」と「AI」の違い【前編】

RPAとAI技術は普及が進む一方で、両者の特性や連携の意義についての理解は進んでいない。両者の違いを理解する前に、まずはRPAの基本事項をおさらいしよう。

[Mary K. Pratt,TechTarget]

関連キーワード

ERP | 業務改善 | 業務プロセス


 以前よりも速いペースで「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)と「AI」(人工知能)技術の導入が進んでいる。業務の迅速化とコスト削減の効果を見込み、企業のCIO(最高情報責任者)はRPAとAI技術の導入拡大と促進にまい進している。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的大流行(パンデミック)の影響で2020年のIT投資は全般的に減速しているが、2021年には持ち直す見込みだ。経営コンサルティング会社Everest Global(Everest Groupの名称で事業展開)は、特に自動化の需要がRPAやAI技術の市場をけん引するとみる。

 企業はRPAとAI技術を連携させずに個別に利用しても、恩恵を享受できる。RPAとAI技術を一緒に導入すれば、企業は「さらに大きなメリットを獲得し、競走上優位な立場を確保できる」と専門家は口をそろえて強調する。

 「当社はAI技術とRPAを必ず併用する。これらは変革に欠かせない」。システムインテグレーター(SIer)のLarsen & Toubro Infotechでデジタル変革コンサルティングの責任者を務めるブーマー・チュタニ氏はこう語る。

RPAができること、できないこと

ITmedia マーケティング新着記事

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...

news061.jpg

インフルエンサーがスポーツ観戦で最も利用しているSNSは「Instagram」――LIDDELL調べ
東京五輪の開催中に情報収集や投稿でSNSを活用すると回答した人は全体の96.9%に上りまし...

news031.jpg

ライブコマースを今始めるべき理由と成功するためのポイント 17LIVEのCEOに聞く
オンラインでのショッピング体験の充実がコロナ禍の課題となっている。新たな手法として...