いまさら聞けない「RPA」の基礎 何ができ、何ができないのか「RPA」と「AI」の違い【前編】

RPAとAI技術は普及が進む一方で、両者の特性や連携の意義についての理解は進んでいない。両者の違いを理解する前に、まずはRPAの基本事項をおさらいしよう。

2021年04月28日 05時00分 公開
[Mary K. PrattTechTarget]

関連キーワード

ERP | 業務改善 | 業務プロセス


 以前よりも速いペースで「RPA」(ロボティックプロセスオートメーション)と「AI」(人工知能)技術の導入が進んでいる。業務の迅速化とコスト削減の効果を見込み、企業のCIO(最高情報責任者)はRPAとAI技術の導入拡大と促進にまい進している。

RPAができること、できないこと

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。