2021年05月18日 05時00分 公開
特集/連載

COBOLをプライベートクラウドで動かしたくなる“これだけのメリット”と注意点COBOLとの付き合い方【中編】

古い「COBOL」プログラムの移行先インフラとして「プライベートクラウド」を選ぶと、どのようなメリットが得られるのか。移行の際に注意すべきこととは。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

 プログラミング言語「COBOL」は、銀行や政府機関をはじめ、さまざまな組織の業務システムを古くから支えてきた。とはいえレガシーなCOBOLプログラムを運用し続けることにはリスクやコストが伴う。そこでCOBOLプログラムやそれを動かすインフラの見直しを検討する必要性が生じる。

 ハードウェアにまつわる問題の解決策の一つは「プライベートクラウド」(リソース専有型クラウドインフラ)の利用だ。現在はプログラムを大幅に書き換えることなく、レガシーなCOBOLプログラムをメインフレームからプライベートクラウドの仮想マシン(VM)に移行させられるツールがある。

COBOLプログラムをプライベートクラウドで動かす“あのメリット”

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

マーケティング担当者を消耗させる「商品情報」の取り扱い どうすれば解決できる?
デジタルマーケティングに携わる人にとって頭痛の種になりがちなのが、商品情報に関する...

news165.jpg

日本のデジタル広告はビューアビリティーが低くフラウド率が高い――IAS調査
日本におけるモバイルWeb環境のアドフラウド率はディスプレイで2.3%、動画で2.9%に達し...

news010.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年10月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。