2021年05月18日 05時00分 公開
特集/連載

COBOLをプライベートクラウドで動かしたくなる“これだけのメリット”と注意点COBOLとの付き合い方【中編】

古い「COBOL」プログラムの移行先インフラとして「プライベートクラウド」を選ぶと、どのようなメリットが得られるのか。移行の際に注意すべきこととは。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

 プログラミング言語「COBOL」は、銀行や政府機関をはじめ、さまざまな組織の業務システムを古くから支えてきた。とはいえレガシーなCOBOLプログラムを運用し続けることにはリスクやコストが伴う。そこでCOBOLプログラムやそれを動かすインフラの見直しを検討する必要性が生じる。

 ハードウェアにまつわる問題の解決策の一つは「プライベートクラウド」(リソース専有型クラウドインフラ)の利用だ。現在はプログラムを大幅に書き換えることなく、レガシーなCOBOLプログラムをメインフレームからプライベートクラウドの仮想マシン(VM)に移行させられるツールがある。

COBOLプログラムをプライベートクラウドで動かす“あのメリット”

ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...

news202.jpg

AI活用、6割超の企業はPoC(概念実証)止まり――Accenture調査
「わが社でもAI活用を」と考えている企業は多いようですが、実際はどこまで進んでいるの...

news152.jpg

「ナイキ」と「アディダス」 ブランド対決の歴史をさくっと振り返る
ナイキとアディダスは60年以上にわたってしのぎを削り、スポーツマーケティングやスポー...