2021年05月18日 05時00分 公開
特集/連載

COBOLをプライベートクラウドで動かしたくなる“これだけのメリット”と注意点COBOLとの付き合い方【中編】

古い「COBOL」プログラムの移行先インフラとして「プライベートクラウド」を選ぶと、どのようなメリットが得られるのか。移行の際に注意すべきこととは。

[Jim O'Reilly,TechTarget]

 プログラミング言語「COBOL」は、銀行や政府機関をはじめ、さまざまな組織の業務システムを古くから支えてきた。とはいえレガシーなCOBOLプログラムを運用し続けることにはリスクやコストが伴う。そこでCOBOLプログラムやそれを動かすインフラの見直しを検討する必要性が生じる。

 ハードウェアにまつわる問題の解決策の一つは「プライベートクラウド」(リソース専有型クラウドインフラ)の利用だ。現在はプログラムを大幅に書き換えることなく、レガシーなCOBOLプログラムをメインフレームからプライベートクラウドの仮想マシン(VM)に移行させられるツールがある。

COBOLプログラムをプライベートクラウドで動かす“あのメリット”

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。

news022.jpg

「サイト内検索」ツール(有償版) 国内売れ筋TOP10(2021年7月)
サイト内検索(サイトサーチ)ツールは検索窓から自社サイト内のコンテンツを正確に、効...

news139.jpg

SNSの利用時間は77.8分、Instagram利用率は50%超え――Glossom調査
スマートフォンでの情報収集に関する定点調査。スマートフォンの利用時間は順調に増加し...