2021年05月17日 05時00分 公開
特集/連載

「タワー型サーバ」「ラックマウント型サーバ」「ブレードサーバ」の違いは?サーバの基本と選び方【前編】

多様なサーバがある中で、必要とする製品を見極めるには何を確認すればいいのか。まず選定すべきポイントは、サーバのフォームファクターとして何を選ぶかだ。各フォームファクターは、それぞれ何が違うのか。

[Robert Sheldon,TechTarget]

関連キーワード

データセンター | サーバ


 サーバの購入を検討する際、ハードウェアの多様な構成から選び出さなければならない。検討するポイントはCPU、メモリ、ストレージ、ネットワークの各ハードウェアリソースだけではない。サーバのフォームファクター(形状や大きさなどの仕様)、電源、冷却ファン、拡張用インタフェースに加えて、可用性やセキュリティを高める機能、運用管理機能なども検討すべき要素だ。

 サーバの選定においては、フォームファクター、ハードウェアリソース、運用管理機能という3つのカテゴリーに分類して評価する方法がある。まずはフォームファクター選びのポイントから見ていこう。

 一般的に、サーバは下記の4タイプに分類される。

  • タワー型サーバ
  • ラックマウント型サーバ
  • ブレードサーバ
  • メインフレーム

タワー型サーバ、ラックマウント型サーバ、ブレードサーバの違い

 幅広い用途で選ばれる傾向にあるのは、ラックマウント型サーバとブレードサーバだ。タワー型サーバは設置スペースが限られる場合に選ばれやすい。大企業なら、少なくとも一部のシステムにはメインフレームを選ぶことが珍しくない。

 どれを選択するかは、サーバを設置する場所にも依存する。サイズや消費電力、冷却効率などに制約が課される環境もある。執務室内に設置する場合は騒音にも注意が必要だ。

ラックマウント型サーバ

 ラックマウント型サーバは、スイッチや外部ストレージなど他のコンポーネントとともにサーバラックに収納する。ラックマウント型サーバを数える場合はユニット(U)という単位を使う。1ユニットはラックの1区画分を占める高さを表す。ユニットはラックユニット(RU)と呼ばれることもある。ラックマウント型サーバの筐体は、1Uから4Uの範囲になることが一般的で、筐体が大きくなるほど処理能力と拡張性が向上するが、その分コストも増加する。

ブレードサーバ

 ブレードサーバは、「シャシー」や「エンクロージャー」と呼ばれる筐体に搭載する抜き差し可能な小型のサーバを指す。シャシーはサーバラックに収納する。ブレードサーバは、ラックマウント型サーバよりも小さな筐体であるため、処理能力がより高密度に詰め込まれる。シャシーは外部接続用のインタフェースや電源ケーブルを搭載している。個々のブレードサーバは、シャシーに収納するだけでそれらを共有できるように、コンポーネントが簡素化されている。一方でコストは高くなる可能性がある。電力、冷却、床荷重などの要件を満たすためにデータセンターの設備を変更しなければならない場合もある。

選定のポイント

 フォームファクターを選ぶに当たっては、設置する場所に加えて、予算や運用するシステムの要件、既存のインフラも考慮する。例えば2、3台のサーバしか必要とせず、サーバラックを所有していないスタートアップなどの小規模な企業であれば、タワー型サーバが適する。運用するシステムには2Uのラックマウント型サーバで済むのであれば、より高性能な4Uのラックマウント型サーバに投資する理由はない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。