2022年03月09日 05時00分 公開
特集/連載

「Box」と「Slack」「Teams」が連携強化、利便性と安全面でうれしいポイントは「社外秘のファイルをうっかり共有」を防止

「Slack」や「Microsoft Teams」が、「Box」との連携機能を進めている。こうした動きは、IT管理者にとってどのようなメリットがあるのか。利便性の向上やガバナンス強化といった「うれしい」要素をまとめた。

[Don Fluckinger,TechTarget]

 ファイル同期・共有サービス「Box」とビジネスチャットツール「Slack」を連携させるアプリケーション「Box for Slack」(「Slack用Boxアプリ」とも呼ばれる)がアップデートし、両者の連携がより密接になった。例えばユーザーがSlackにファイルをアップロードすると、Box for Slackはそのファイルを自動的にBoxにアップロードする。アップロードしたファイルは、社内外でのコンテンツ共有に関するBoxのセキュリティポリシーを維持できる。

 2021年にSlack Technologiesを277億ドルで買収したsalesforce.com(以下、Salesforce)は、創業期のBox社に出資するなど同社との提携を続けている。Box for Slackの新しい連携機能によって、Boxの機能がSlackにより深く組み込まれた。

BoxとSlackの連携で「社外秘ファイルを間違って共有」を防ぐ

 「SlackがSalesforceの傘下に入り、われわれはSlackのサービスとの相互運用性を高め、同社とのパートナーシップを強化した」と、Box社の創業者でCEOのアーロン・レビー氏は語る。「Salesforceがエンタープライズ市場で大きな勢力となっているのは明らかだ。SlackはBoxに新たな用途を提供する」(レビー氏)

 例えば「Slack Connect」(Slackコネクト)は、Salesforceの顧客関係管理(CRM)・営業支援(SFA)ツール「Sales Cloud」ユーザーにとっての定番ツールになる可能性がある。Slackコネクトは、Slackユーザーが社外の人とチャットをしたり、ファイルを共有したりできるようにする機能だ。営業チームはSlackコネクトを使って顧客とやりとりし、販売成果につなげることができる。

 理屈の上では、営業担当者などの従業員がSlackコネクトを使うことで、知的財産や契約を社内外の間違った相手と共有してしまうリスクがある。Box for Slackの新機能は、こうした事態を防ぐのに役立つ。Slackを通過するファイルに対して、ユーザー定義によるBoxのセキュリティポリシーとアクセス制御機能を適用できるからだ。

 調査会社Deep Analysisの創業者アラン・ペルズシャープ氏は「Slackユーザー同士でファイルを共有できるだけでなく、Boxにおけるセキュリティやコンプライアンスのレベルを維持できる」と、Box for Slackの新機能のメリットを説明する。「Boxの機能をSlackのコラボレーション環境で利用できるわけだ。これは極めて強力な連携だと言える」(ペルズシャープ氏)

 Box社は、BoxとMicrosoftのユニファイドコミュニケーション(UC)システム「Microsoft Teams」でも同様の連携を実現しており、ユーザーはMicrosoft Teamsの既定のファイル保管先としてBoxを指定できる。この事実は、Microsoftがオープンな姿勢に転換したことを示している。これまでのMicrosoftは通常、同社のアプリケーションのほとんどにおいて「SharePoint」や「OneDrive」によるデータの保存、同期、共有を強く推奨してきた。「Microsoftは、Boxが広く普及しており、有力な選択肢であることを認識し、Boxとうまくやっていこうというスタンスになった」と、ペルズシャープ氏は説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news150.jpg

2022年の「値上げ」に対する消費者の意識と行動――日本インフォメーション調査
消費者はどのような商品・サービスに値上げを実感し、どう対策しようとしているのでしょ...

news038.jpg

TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouT...