2022年06月02日 05時00分 公開
特集/連載

「HDDとSSDのどちらを買うか」が無意味な理由専門家が語る「HDDの運命」【第3回】

HDDは長年、強力なライバルであるSSDと戦ってきたが、近年は“共存”を目指す動きが活発だ。主要ベンダーは技術の組み合わせの可能性をどうみて、何に取り組んでいるのか。

[Adam Armstrong,TechTarget]

 2021年、保存容量20TBのHDDが登場し、HDD市場に新たな刺激を与えている。それと同時に、ストレージベンダーはHDDとSSDを併用する取り組みに注力する。20TBのHDDのインパクトを探った第2回「HDDがこれからも売れ続ける“これだけの根拠”」に続き、第3回となる本稿は「HDD×SSD」の可能性を考える。

専門家が評価する「HDDとSSDの“うまい”組み合わせ」とは

 HDDベンダーは過去に、IOPS(1秒当たりのI/O数、I/Oはデータの入出力)やデータ転送速度でSSDと対抗してきた。だが、HDDベンダーはSSDとの競争というよりも、SSDと共存する方法を模索するようになった。専門家は、HDDとSSDとの“コラボレーション”についてどうみているのか。

重要なのは企業向けHDDのIOPS

ストレージベンダーSeagate TechnologyのCTO(最高技術責任者)室シニアディレクターのコリン・プレスリー氏 ストレージのパフォーマンス(IOPSやデータ転送速度)は、どのような使い方をするのかに左右される。複数のデバイスや技術を組み合わせることは、とてもいいことだ。HDDのパフォーマンスの大部分が機械的要因に左右される。それは変えようがない。実際、3.5型のHDDのパフォーマンスは、2000年代初頭からほとんど変化していない。

 当社が取り組んできたのは、DRAM(Dynamic Random Access Memory)やキャッシュメモリを活用して書き込みのパフォーマンスの向上を図ることだ。だが実際にはHDDのIOPS数に大きな影響は出ない。HDDのIOPSは、データの読み取りや書き込みを実施する際のアクチュエータ(電気信号を物理的な動きに変換する仕組み)に依存するためだ。

 データセンターや複数のクラウドサービスを組み合わせた大規模システムの場合、ユーザー企業は複数のストレージ製品を使用する。そのため1TB当たりのIOPSが重要だ。これは、1人のユーザーが1つのデバイスを使用するノートPCとは違う。

高速データ転送にはSSDを使用

ストレージベンダーWestern Digitalのバイスプレジデント(HDD事業部門担当)兼ゼネラルマネジャーのアシュレイ・ゴラクポワラ氏 当社のほとんどの顧客は、遅延を大幅に減らすといった究極のパフォーマンスをHDDに求めているわけではない。ストレージインタフェース規格「SAS」(Serial Attached SCSI)を使用して「SATA」(Serial ATA)の倍のデータ転送速度を追求する企業もある。一方で、SSDには接続プロトコル「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)やシリアルインタフェース「PCI Express」があり、データをメインメモリやプロセッサに高速転送できる。当社の顧客は、常時使用し、高パフォーマンスが求められるデータを保存するためにSSDを使用することがある。

応答時間でHDDとSSDを使い分け

調査会社IDCのリサーチバイスプレジデント(インフラシステム、プラットフォームおよびテクノロジーグループ部門)、エリック・バーガナー氏 I/O要求を出すたびに20ミリ秒がかかるようなアプリケーションの場合はHDDで問題ない。5〜20ミリ秒の範囲内のどこかでは応答できる。80TBのストレージを構築する際、HDDはSSDより安価だ。どのような用途であれ、もう少しパフォーマンスが必要な場合はSSDの方が適する。

遅延が問題になる場合はSSDを使用

IDCのリサーチディレクター(HDDおよびストレージテクノロジー部門)、エドワード・バーンズ氏 企業にとってHDDの読み書き速度はそれほど問題ではない。遅延の影響を受けやすいアプリケーションの場合は、基本的にHDDではなく、SSDが最適だ。


 第4回は、2.5型HDDの強みやニーズを考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...