2022年07月16日 10時00分 公開
特集/連載

DellのPCが部品不足でも売れまくり 繰り出した“ある秘策”とはサプライチェーン崩壊の危機【前編】

PC市場では部品不足が続き、ベンダーが需要に応えられない状況が見込まれる。それにもかかわらず、Dellの販売には負の影響が出ていない。同社はどのような“奥の手”を使っているのか。

[Yann Serra, Antony Adshead,TechTarget]

関連キーワード

Dell(デル) | ビジネスPC | サーバ


 PCやサーバの部品不足の状況が続いている。調査会社IDCは2022年4月、PCの世界の出荷台数は2022年第1四半期(1月〜3月)に前年同期比で約5.1%も落ち込んだという調査結果を出した。ITベンダーが直面するのは、PCやサーバを「供給できない事態」に陥る可能性だ。ところが“ある理由”から、Dell Technologiesは違った。

PC部品不足の中、Dellが繰り出した“秘策”とは?

 部品調達が困難な状況が続いているにもかかわらず、Dellのサーバとストレージ、PCの売り上げは増大した。同社の2023年第1四半期(2022年2月〜2022年4月)の業績では、法人向けPCの売上高が前年同期比で約22%の増加となった。同様にサーバは約16%、ストレージは約9%の増加だった。

 PC業界全体が需要に応え切れなくなっている中、Dellの事業は驚くほどうまくいった。同社幹部はその理由について「部品の代替サプライチェーンを利用したからだ」と説明している。アナリストは、ハードウェアとソフトウェア、幅広い周辺機器を一通りラインアップしていることがDellの法人向けPC事業の強みだと分析する。

 法人向けPCがけん引し、Dellの2023年第1四半期の売上高は、前年同期比で約16%増の約261億ドルとなった。このうち法人向けPCは約120億ドル、PCを含むコンシューマー向け製品は約35億ドルを占めた。

 PCだけではなく、サーバやストレージを扱うインフラ分野でもDellの業績は好調だった。同社のインフラ分野の売上高は前年同期比で約16%増の約93億ドルとなり、過去最高を記録した。内訳はストレージが約42億ドル、サーバおよびネットワークが約50億だった。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news088.jpg

Amazon最強伝説を検証する
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news041.jpg

TwitterとShopifyが提携 米国のマーケターが熱視線を送る“ソーシャルコマース”とは?
TwitterはShopifyとの提携により、米国においてEC機能を拡張する。

news103.jpg

脱Cookie時代にデジタル広告が取り戻すべきものとは?
インターネット黎明期からデジタル広告の市場創造に携わってきた著者が今、気象データの...