無線LANの革命的技術「Wi-Fiセンシング」が普及するための条件とは?「Wi-Fiセンシング」とは【後編】

「Wi-Fiセンシング」はさまざまな組織に変革を起こす可能性を秘めている。ただしいくらすごい技術であっても、広く使われるようになるとは限らない。普及のためには何が必要なのか。

2022年12月06日 08時15分 公開
[Lee BadmanTechTarget]

 無線LANが使用する無線周波数(RF:Radio Frequency)の信号を使い、人の行動や空間の状況の変化を認識する「無線LANセンシング」(Wi-Fiセンシング)。この技術を普及させるための鍵とは何か。

Wi-Fiセンシングが“すごい技術”なだけでは駄目な理由

 標準化団体IEEE(米国電気電子技術者協会)は、Wi-Fiセンシングの標準化に向けた取り組みを進めており、2024年までの完了を見込む。Wi-Fiセンシングの用途として期待されているのは、医療分野に加え、IoT(モノのインターネット)のシステムを取り入れた工場やスマートホーム(ITを活用する住宅)だ。今後、これらの分野を対象に、Wi-Fiセンシングに準拠したさまざまな製品が登場すると考えられる。

 ネットワーク分野では近年、通信の制御と監視を強化するために、機械学習などの人工知能(AI)技術の使用が主流になりつつある。Wi-Fiセンシングもその例外ではない。Wi-Fiセンシングが目指している「無線LANがセンサーになる」という構想は、AI技術があって初めて実現可能になるからだ。

 Wi-Fiセンシングを巡る技術開発に関して、シリコンバレー(IT系の新興企業が集まる米カリフォルニア州の地帯)を拠点にする組織をはじめとした、ITのプロ集団に期待が集まる。企業へのWi-Fiセンシングの普及には、「技術の品質」と「価格」の両方を重視した製品開発が欠かせない。数千ドルの無線LANアクセスポイント(AP)を購入しても、Wi-Fiセンシングがうまくいかないようであれば、Wi-Fiセンシングが普及するとは考えにくい。

 私は個人的に、医療機関や工場、住宅でWi-Fiセンシングが実現する、あらゆるシーンを楽しみにしている。だからこそ、技術面(ユーザビリティ)と価格面(アフォーダビリティ)の両方を重視した技術開発の進展を願ってやまない。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...