ストレージ業界の“売れっ子”「クラウド」が“問題児”に変わるとき増えるデータ、変わるストレージ技術【第3回】

パンデミックを経てクラウドサービスへと一気に流れ込んだ、企業のデータ。どこからでも使えるクラウドサービスの便利さを享受する一方で、企業はある問題に直面しつつある。

2023年03月06日 05時00分 公開
[Robert SheldonTechTarget]

 企業がデータやストレージを語る際、クラウドサービスは欠かせない話題だ。テレワークの普及が企業のクラウドサービス利用を加速させたこともあり、企業のデータはオンプレミスインフラの外部へと一気に出ていった。そうした企業が気付き始めた問題がある。

クラウドサービスの利用は当然 だが“あの問題”が置き去りに

 ストレージベンダーはオンプレミスインフラに加えて、クラウドストレージをはじめとしたクラウドサービスの双方を重視している。それは当然だ。企業がさまざまなデータをクラウドサービスに移行させるようになったからだ。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)で、クラウドサービスへの移行の動きは広がった。

 企業が利用するクラウドサービスは1つではない。複数のクラウドサービスにデータが存在することが一般的になった。一方では、オンプレミスインフラにも依然としてデータが残っている。こうした背景から、複数のクラウドサービスを連携させて使う「マルチクラウド」や、オンプレミスインフラとクラウドサービスを連携させて使う「ハイブリッドクラウド」に注目が集まる。特に企業が関心を寄せているのは、データの効率的な保管方法や、データ容量とコストを抑制する方法だ。

 その他にもデータ活用、セキュリティやコンプライアンス(法令順守)といった観点で、マルチクラウドやハイブリッドクラウドにおけるストレージの管理が課題となりつつある。

 ストレージベンダーやソフトウェアベンダー、クラウドサービスベンダーは、企業の昨今のストレージ利用における課題を解決するための製品やサービスの提供に注力している。以下はその一例だ。

  • Hewlett Packard Enterprise(HPE)
    • 自動化を取り入れた運用管理ツールを提供するMorpheus Dataと協力して、マルチクラウド管理の簡素化を支援
  • Dell Technologies
    • ハイブリッドクラウド構築のための製品群「VMware Cloud Foundation」を使ってオンプレミスインフラとクラウドサービスの連携を支援
  • Seagate Technologies
    • マルチクラウド向けのオブジェクトストレージ「Lyve Cloud」を提供する他、バックアップツールを提供するCohesityとの協業によってマルチクラウドにおけるデータ保管とDR(災害復旧)を支援

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。