ポルシェが「Azure Blob Storage」を使う最大の理由は“安さ”なの?Porscheがレースに使うハイブリッドクラウド【第4回】

電気自動車のレース「フォーミュラE」に出場するPorscheのチームは、データを管理するための仕組みの一つとして「Azure Blob Storage」を利用している。何がメリットになっているのか。

2023年05月09日 05時15分 公開
[Antony AdsheadTechTarget]

 Microsoftのクラウドサービス群「Microsoft Azure」のオブジェクトストレージサービス「Azure Blob Storage」は、電気自動車のレース「ABB FIA Formula E World Championship」(以下、フォーミュラE)で、どのように使われているのか。フォーミュラEの出場チームTAG Heuer Porsche Formula E Team(以下、Porsche Formula E Team)は、データの管理にハイブリッドクラウド(オンプレミスインフラとクラウドサービスを併用する構成)を構築。その仕組みの一つにAzure Blob Storageを利用している。

PorscheがAzure Blob Storageから得たメリット

 2023年2月にストレージベンダーNetAppがドイツで開催したイベントで、自動車メーカーDr. Ing. h.c. F. Porsche(以下、Porsche)でモータースポーツ分野におけるIT責任者を務めるフリーデマン・クルツ氏が講演した。「Azure Blob Storageは料金が安い。課金は主にデータの入出力の際に発生する」とクルツ氏は語る。

 PorscheはNetAppのソフトウェア「Global File Cache」(GFC)を使用している。GFCは、さまざまな場所に分散しているファイルサーバをクラウドサービスに集約し、一元管理する機能を持つ。クルツ氏は「例えば2週間アクセスがないデータをAzure Blob Storageに移動してくれる」と説明する。

 Azure Blob Storageからデータを取り出す際の待ち時間について「異常を感じるような時間の長さではない」とクルツ氏は説明する。「Azure Blob Storageを全体的に見た上でのメリットは、メンテナンスへのコストが少なく済むことだ。現場にエンジニアが1人いれば、クラウドサービスへの接続が実現する。エンジニア全員が集まって取り組む必要はない」とも同氏は述べる。

 クルツ氏はPorsche Formula E Teamの活用例を「中小企業規模の事業だが、それ以上の規模の事業にも拡張できると考えている」と話す。「拡張できない理由はない」とクルツ氏は強調する。世界中で事業を展開し、Porscheと同じような要件を持ち、クラウドサービスを使ったデータ管理を実施する組織を配下に持つ企業では、その規模に応じて削減できるコストは大きくなる可能性がある。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...