TechTargetジャパン

レポート
回答のトップは「システム導入」 三菱総合研究所の500社調査が浮かび上がらせたコールセンターの課題
 ますます高度化、多様化するコールセンター業務にあって、システム強化に課題を感じる企業は多い。三菱総合研究所では、コールセンター業務の実態と今後の見通しについて、2015年5月から7月に、全国の上場・非上場企業および公共機関を対象としてアンケート調査を実施...(2015/8/28 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

製品資料
コールセンター業務の無駄な通話料金を削減、CRM搭載クラウド型CTIの実力は?
 クラウドCTIの構築を検討する場合、コールセンターシステムと電話回線をセットで用意する必要がある。また、実際にシステムを運用する際に重要なのが、コールセンターシステムが高機能であることと、ランニングコストをいかに安く抑えるかだ。 そこで検討したいのが、P...(2017/5/19 提供:NSSホールディングス株式会社)

製品資料
初期設備費用0円、最短2週間で始めるコールセンター導入
 交換器(PBX)を利用した従来型のコールセンターは、高価なサーバやライセンスの費用が導入時に必要だ。特に中小企業にとってはコスト面でのハードルが高い。また、「できれば繁忙期だけ短期で利用したい」「非常時用にBCP対策も実現したい」「CRMとの連携でCS向上を図...(2014/8/13 提供:フュージョン・コミュニケーションズ株式会社)

製品資料
コールセンターで「よくある質問」をすぐに減らせる――FAQ連携の3つの価値
 コールセンター(CS)への問い合わせを削減するために、多くの企業がFAQサイトを開設している。その目的はコスト削減や業務の効率化だけではない。顧客満足度を向上させる上でもFAQサイトの活用は重要だ。 顧客にFAQサイトを積極的に活用してもらい、自己解決が進めば...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

レポート
“会話”の力をどう引き出す? カスタマーサービスの生産性を向上させる要因
 多くの企業の中には、顧客対応の最前線であるコールセンターのオペレーターや社内のITサポートスタッフなど、電話での通話を主な業務とする職種が存在する。また金融・不動産・法務など専門性の高い業種でも、トレーダーやアドバイザーといった職種では通話が業務の主体...(2017/6/5 提供:GNオーディオジャパン)

製品資料
「決め手はIoTと音」、高齢者見守りサービスは次のステップへ
 近年、大きな問題となっている社会の高齢化。その影響は住宅事情にも及び、賃貸住宅でも「見守りサービス」のような安全対策が求められている。しかし、従来型サービスのような、通報ボタンや監視カメラ、訪問/電話などによる見守りには、緊急対応能力やプライバシーな...(2017/4/13 提供:富士通株式会社)

製品資料
過半数の問い合わせが「LINE」のみで解決、AIを活用したカスタマーサポート運営
 カスタマーサポートやコールセンターのコスト削減の要となるのが、問い合わせ1件あたりにかかる時間の短縮だ。この課題の解決手段として、AIを活用したチャットサポートを提供する企業が増えている。 AIを活用したチャットサポートでは、AIによるチャットボットの自動...(2017/6/28 提供:株式会社サイシード)

製品資料
低コストでAIを導入――Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援
 AIや機械学習が本格的な実用段階に入り、さまざまな場面でAIが業務における意思決定を支援し始めている。これは大企業に限った話ではなく、あらゆる規模の企業で利用が拡大している。その背景には、AI導入を阻むコストの壁が取り払われたことがある。 例えば、AIブーム...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

プレミアムコンテンツ
「1日修理」のサポート力でマザーファクトリーを目指す――NEC PC 群馬事業場
 かつて「PC-9801」などのデスクトップPCの開発生産拠点として機能していたNECパーソナルコンピュータ群馬事業場は、現在、保守サービスサポート拠点として、NEC/レノボ製品の修理センターとコールセンターを備え、高品質な修理サポートを提供している。工場内では、上...(2017/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
その品質管理、「顧客目線」で取り組めていますか?
 今日のモノづくりは、漸進的な品質改善を進めようとすると、実に多様かつ複雑な障壁に直面するようになっている。生産量の多さ、技術的な複雑さ、製品ライフサイクルの短さ、グローバル・サプライヤー・ネットワークの複雑さ、高まり続ける顧客の期待など。 しかし、先...(2017/10/13 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
世界的にAI活用が進む中、日本はIBM Watsonで挽回できるのか
 IBM Watson(以下、Watson)のビジネス活用への取り組みは、AI活用に悩む企業にとってチャンスといえる。アプリケーション、AI、データ、クラウドという4つのレイヤーで構成する現在のWatsonは、導入先のインフラ形態を問わず用途に応じて柔軟に組み合わせれば、幅広い...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
カード会員データを強力に保護、「PCI DSS」対応に必須の多要素認証とは?
 クレジットカード利用の増加に伴い、国内でのカードの不正使用被害も急増している。このような状況の中、クレジットカード情報を保持する事業者に対してセキュリティ対策が義務化され、クレジットカード会員データの国際的なセキュリティ基準である「PCI DSS」への準拠...(2017/8/14 提供:ジャパンシステム株式会社)

製品資料
EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策
 大型ストレージを保有する企業にとって、正規メーカーの保守期間終了、いわゆるEOSL(End of Service Life)が大きな負担になっている。新規システムへ移行するまでのつなぎや、コスト削減のためのシステム延命という意味でも、どうしても延命保守サービスが必要になる...(2017/8/7 提供:株式会社エスエーティ)

製品資料
ソースコードや仕様書まで自動生成、Watsonが実現する「超高速開発」とは
 システム開発業界では、エンジニアの人材不足や労働環境の悪化に長く苦しめられている。加えて、近年はWebやスマートフォンなどの接点が増えたことで、要件定義の複雑化という課題まで抱えるようになった。それにもかかわらず、より速く、より高品質なものをより低コス...(2017/10/2 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
次期「iPhone」でも仕事が4倍速くなるパラダイムシフトは起きるのか?
 企業の業務内容を改善するためにモバイルデバイスを活用する事例が増えている。これまでは業務管理システムがモバイルデバイスに対応しておらず、モバイルデバイスを持つ外回りやフィールドワークに従事するスタッフが利用できないケースが多かった。しかし、最近ではiP...(2017/9/5 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

その他
優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス
 企業の成長にとって優れたカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の提供は欠かせないものだ。その実現のためには、顧客との接点で行われる一連のやりとりを「カスタマージャーニー」として捉え、総合的なエクスペリエンスを考えていく必要がある。 重要なのは、カスタ...(2017/8/1 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
ソフトバンクの3万人が使うVDIに欠かせない「ストレージの条件」
 大規模ストレージ基盤のサービスレベルの向上を実現する上で、オールフラッシュストレージが重要な選択肢として浮上するのは当然のことだ。数年前から国内最大級の仮想デスクトップ環境(VDI)を提供しているソフトバンクでも、ボトルネック解消策として、オールフラッ...(2016/9/1 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
「機械学習」で膨大な情報を迅速に活用、ビジネスを進化させる分析手法とは
 テクノロジーの進化は現代のビジネスにおける課題を大きく変化させた。とりわけビジネスの“スピード”は重要な要素となっており、従来のプロセスをより効率化して迅速なビジネスを実現しなければ顧客の求める製品・サービスを提供することは難しくなっている。 目まぐ...(2017/9/21 提供:インテル株式会社)

レポート
Windows 10 Sが「学校用デバイスといえばChromebook」という“常識”を覆す?
 教育機関向けライセンスの提供に加え、学生のプログラミングや教員のIT活用に関するコンテストを開催するなど、古くから教育市場に関与してきたMicrosoft。そんな同社が、教育機関向け製品として新たに投入したのが「Windows 10 S」だ。 同社のOS「Windows 10」の簡略...(2017/9/21 提供:アイティメディア株式会社)

市場調査
クラウドインフラに関するアンケート(2017年6月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「クラウドインフラに関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/9/19 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
徹底比較:仮想デスクトップ関連技術 選び方の基準とは
 オンプレミスのVDI(仮想デスクトップインフラ)とDaaS(Desktops as a Service)、そのどちらを選ぶべきかは企業にとって重要な決断だ。企業が置かれた状況によって選ぶべき選択肢が異なる。オンプレミスVDIとDaaSのそれぞれについて適切な利用場面を理解しておくこと...(2017/9/15 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

レポート
仮想デスクトップ最新動向――DaaS注目の理由は?
 「大企業による導入が進むことでDaaSやWaaSの採用が拡大する」──IDCのアナリストは2017年の頭に、こう予測した。クラウドから提供する仮想デスクトップ環境「DaaS」は実際、市場での立ち位置を確立しつつある。 一方、機密データの扱いなどさまざまな理由から導入に...(2017/9/15 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

レポート
オンプレミスで「IT as a service」は実現可能か? 新たなIT投資モデルを探る
 近年、さまざまな企業が、新しいビジネスの創出やビジネス機会の拡大を目指して、デジタル変革に取り組んでいる。しかし、実際には多くのIT部門が、約8割の時間をIT運用あるいは「画一的な重労働」に費やしており、ITシステムの俊敏性やコスト効率に対する要求へ応えら...(2017/9/12 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
IT事業者が損害賠償請求された場合、保険加入でどこまで補償されるのか?
 IT業界における競争の激化により、IT事業者に対する短納期・低コスト・高品質への要求は年々高まっている。その一方で、人材や技術者の不足、システムの複雑化なども進んでおり、IT業務を高度なレベルで遂行することはますます難しくなっている。 そんな状況のなか、IT...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

製品資料
費用対効果で見るサイバー攻撃対策、リスクゼロを目指すよりも確実な選択肢は?
 サイバーリスクへの対策には、費用対効果の観点が欠かせない。近年は高度化するサイバー攻撃に対して多層防御や機械学習などの新たなセキュリティ技術が登場しているが、サイバーリスクの軽減には技術的に限界があり、ゼロにするにはリスクに不釣り合いな対策費用が必要...(2017/6/27 提供:株式会社ファーストプレイス)

事例
自己解決率80%のFAQサイトをソフトバンクモバイルはどうやって作ったのか?
 コールセンター(CS)の運営を最適化するには、業務効率の改善と、問い合わせを減らすことが重要になる。そのために欠かせないのがFAQサイトの充実だ。CSに問い合わせる前にFAQサイトで解決できるケースが増えれば、自ずと負担は軽減する。 その成功例が、移動通信サー...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドに苦手な処理はあるのか? 主要ワークロードで徹底検証
 ハイパーコンバージドインフラ(HCI)にはクラウドのような柔軟性や拡張性、シンプル性など多くの魅力があるが、苦手な処理への懸念もある。例えば、サーバとストレージリソースの両方を使用するトランザクション中心のアプリケーションでは、パフォーマンスが不安定に...(2017/8/9 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

製品資料
GPUで高集積化が進むAI/深層学習向けHPC基盤のポイントは?
 High Performance Computing(以下、HPC)は、大気シミュレーターや流体シミュレーションといった大規模な物理演算などに特化した利用がほとんどだった。しかし、AI・人工知能、機械学習、深層学習、さらには、ビッグデータのビジネス活用の普及によって、HPCシステムで...(2017/7/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策
 今、多くの企業で、さまざまなIoT機器から生成されるビッグデータを分析し、ビジネスに積極的に活用しようという動きが活発化しつつある。IoT時代におけるIT基盤では、ビッグデータに特化したサーバハードウェアの導入だけでなく、ビッグデータ基盤を自動的に構築する仕...(2017/7/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading