TechTargetジャパン

レポート
回答のトップは「システム導入」 三菱総合研究所の500社調査が浮かび上がらせたコールセンターの課題
 ますます高度化、多様化するコールセンター業務にあって、システム強化に課題を感じる企業は多い。三菱総合研究所では、コールセンター業務の実態と今後の見通しについて、2015年5月から7月に、全国の上場・非上場企業および公共機関を対象としてアンケート調査を実施...(2015/8/28 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

製品資料
初期設備費用0円、最短2週間で始めるコールセンター導入
 交換器(PBX)を利用した従来型のコールセンターは、高価なサーバやライセンスの費用が導入時に必要だ。特に中小企業にとってはコスト面でのハードルが高い。また、「できれば繁忙期だけ短期で利用したい」「非常時用にBCP対策も実現したい」「CRMとの連携でCS向上を図...(2014/8/13 提供:フュージョン・コミュニケーションズ株式会社)

事例
アスクルがコンタクトセンター刷新、2週間かかっていたコールフロー変更が3日で完了
 オフィス用品をはじめ、日用品まで幅広いラインアップの通販事業を手掛けるアスクル。同社はCRMシステムをクラウド化したことにより、従来のコールセンターシステムとの機能進化に差異が生じた。これをきっかけに、新しいコンタクトセンターシステムの検討が始まった。(2015/8/24 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

事例
「決め手はiPadの使い心地」場所を選ばないリアルタイムな遠隔研修をクラウドで実現
 従来、遠隔研修ソリューションは、出張コストや研修場所確保の手間などを低減できるものとして注目されてきた。しかし専用機器の用意や各種設定など、初期負担が予想外に高くつくといった問題があった。また対応端末はPCのみということもあり、柔軟な研修の実施ができな...(2016/2/4 提供:iDeepソリューションズ株式会社)

事例
ダイナースクラブが信用取引の申請を電子化、既存業務と統合できた秘訣を探る
 顧客情報を扱う信用取引の申請作業では、いまだに紙の書類が必須と考える企業が多い。しかし、その意識も変わりはじめており、信用取引の申請でさえ大量の書類を受け取り、記入・署名し、返送するような手続きは顧客離れの要因となりつつある。 世界中で何百万人もの顧...(2016/5/18 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
Googleの企業向けサービス、ビジネス利用は得か? 損か?
 Googleのサービスを導入する企業が増えている。だが、本当にGoogleのサービスはビジネスの命運を委ねるに値するレベルに達したのだろうか? 本コンテンツでは、Googleマップを業務アプリケーションに組み込んだ事例やMicrosoft OfficeからGoogle Appsへ移行した企業の...(2016/2/17 提供:KDDI株式会社)

事例
現場部門が直接SASを使って自由に分析、One to Oneマーケティングを実現
 消費者のニーズを正確につかむことは昔からビジネスの基本とされてきたが、1人1人の顧客ニーズをより深く知る「One to Oneマーケティング」の具体化はまだまだ先だとされてきた。しかし近年、ビッグデータの活用が注目され、One to Oneマーケティングの実現性に多くの期...(2015/11/12 提供:日本情報通信株式会社)

事例
ソフトバンク3万人規模のVDI運用、ストレージI/O性能の解決はどうやったのか
 2010年ごろから社員の働き方の多様化に取り組んできたソフトバンクでは、その解決策として仮想デスクトップ環境(VDI)を導入した。しかし、事業拡大に伴うアプリケーション導入やセキュリティ対策などによりストレージの負荷は急速に上昇、ボトルネック解消が大きな課...(2016/4/25 提供:ピュア・ストレージ・ジャパン株式会社)

製品資料
ハードウェア保守コストを半減、マルチベンダー保守サポートの実力を探る
 ハードウェア保守の手間やコストを削減したいと考える企業は多い。また、既存システムのハードウェアの保守を次のシステム更改まで延長したいというニーズも高い。こういったハードウェアのサポート費用のコスト管理はIT部門の重要な課題だ。 そこで注目されるのが、マ...(2016/4/1 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
全25社のマーケティングオートメーション活用事例集、各社は何を改善したのか?
 「自社のマーケティング活動は成功している」と胸を張って言える企業はどれほどあるだろうか? 現在はあらゆる施策が数値化され、データに基づいたアクションでなければ経営層にも説明ができない。そのような中で、マーケティングオートメーション(MA)の有用性が認知...(2015/11/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
クラウド利用のコンタクトセンターで顧客対応が変わる
 コンタクトセンターは顧客と企業との接点として重要な役割を担うようになった現在、顧客とコールセンターをシームレスにつなぐ「クラウド型」のコンタクトセンターは、これまでとは違った顧客対応が可能になる。 本資料では、通信キャリアの強みを生かしたクラウド型コ...(2014/12/26 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
これからの10年間を生き抜くための「3つの方向性」――IoT経済の変化に備える
 1970年代に進められた航空座席市場のデジタル化は、航空産業に大きな変化をもたらした。デジタル化以前の標準的な搭乗率は約55〜60%にすぎなかったが、デジタル化が進んだ現在の平均搭乗率は85〜90%近くにもなる。しかし、この変革により航空会社間の競争は激化し、多...(2016/5/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ITインフラコストを最大24%削減、統合運用管理サービスの実力を探る
 ITインフラストラクチャの規模が拡大する一方で、複雑化したシステムの運用管理に割くIT部門のスキル、リソース不足が問題となっている。アジャイルな開発環境が整っても、運用がシステム別、インフラ別でバラバラとなっていては、効率やスピード、品質は改善されず、 ...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
リソース不足のITベンダーの強い味方「保守業務を外部委託する」という選択
 ITベンダーにとってアフターサービスの充実は重要課題だが、既存の体制を強化したくても社内リソースだけでは難しいという企業も多い。そこで活用され始めたのが、アフターサービスや保守サポート業務のアウトソース(外部委託)だ。しかし、委託先のサービスレベルが自...(2016/3/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
通信費削減だけじゃない。7社の事例で分かるIP-PBXの導入メリット
 拠点間通話をはじめとする通信費の削減、スマートフォンの業務活用の推進、業務システムと連動した営業活動やコールセンター業務等の効率化など、IP電話による内線電話網(IP-PBX)に注目が集まる。 本資料は、実際にIP-PBXを導入した企業7社の事例を紹介する。顧客管...(2015/4/9 提供:株式会社オフィス24)

技術文書
データ視覚化の基礎知識――チャート作成からビッグデータ処理まで
 多くの企業がデータ分析を活用するようになった現在、分析サイクルを短縮し、レポート作成頻度を高めることで、分析結果の活用をさらに推し進めようとしている。利用できるデータが素早く分析できれば、より多くの選択肢を得て、適切な意思決定ができるようになるからだ...(2016/4/25 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
「インシデント妨害部」とまで陰口をたたかれた管理ツールに、IT部門がとった打開策は?
 通信事業者におけるIT部門の役割は、従業員に対するITサービスだけでなく、加入者に関するインシデント対応、ベンダー管理なども含まれ多岐にわたる。  米国で800万もの加入者を抱えて携帯通信事業を行うMetroPCSでは、ITSMツールが「あまりに使いにくかった」ため誰も...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
スマートグラスやタブレットが「見たまま生の状況」を遠隔共有
 リアルタイムに現場とオフィス、また現場間をつなぎ、情報の共有を可能にするクラウドサービスが今、注目されている。スマートグラスを使えば、現場側は手元を映しながらハンズフリーでオフィスからの指示やアドバイスを把握でき、報告や会議への参加もスムーズに実行で...(2016/3/8 提供:iDeepソリューションズ株式会社)

技術文書
SQL Serverの最適な移行とは? Standard Editionを用いた低コスト環境で、高可用性と高速化を同時に実現
 Windows Serverとの親和性、管理性の高さ、使い勝手の良さにより、SQL Serverは今日も多くの企業で稼働している。しかしSNSなど顧客チャネルの多様化でデータは急増、分析処理も複雑になり、トランザクションは渋滞状態だ。DBの処理速度を取り戻しながら、高可用性も担...(2016/3/10 提供:サイオステクノロジー株式会社)

事例
現場で生きるデータ分析の進め方──分析業務で押さえるべき「3つのポイント」
 データ分析の結果を業務に生かし、成果につなげたいと考える企業は多い。しかし、データ分析を効果的に進めるには、「分析データ加工」「分析モデル作成」「分析レポート作成」という3つの押さえるべきポイントがある。 例えば、「分析データ加工」においては、“デー...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

製品資料
機密データや動画ストリーミングの共有もオンラインストレージが支える
 オンラインストレージの普及に伴い、「社外秘文書や業務マニュアル、研修・教育動画といったファイルを実際に相手へ渡さずに、その内容の共有や配信を行えないか」という新たなニーズが生まれている。 企業間のファイル共有が進むにつれて、安全性への配慮は一層欠かせ...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

事例
商社、通信、金融、教育の業種事例で分かる、オンラインストレージサービス選定ポイント
 オンラインストレージサービスの基本機能としては、電子メールを利用して大容量ファイルを安全に送受信できることや、異なる企業間で共有フォルダを安全に運用できることが挙げられる。また、モバイル端末上でのファイル管理や運用も広まっており、履歴の管理や上長承認...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

製品資料
どれも同じに見えるオンラインストレージ、企業利用なら必須の視点
 豊富な機能を持ち、利便性の高いオンラインストレージサービスは多い。その上で企業利用の場合、大容量データをセキュアに共有できるだけでなく、共有の際に上長承認を受けるワークフローを組み入れたり、シングルサインオンを容易に実現したりする機能なども重要になる...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 次世代オープンソースビッグデータツール
 ビッグデータの世界にも、既に世代交代の波が押し寄せている。先進企業は新しいツールを導入して分析の高速化や高度化を実現し、さらに先へと進んでいる。これまでの定番ツールを置き換える新世代のツールとは? 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。・MapReduce...(2016/2/9 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ワークスペースの在り方を変える、手のひらサイズの超小型デスクトップPC
 PCの利用環境は急速に変化している。「オフィスにある同じ大きさのデスク」といった従来の環境だけではなく、例えば「学校やコールセンターなどで、1台の長机に大画面モニターをできる限り多く並べたい」といったニーズに応えるには、デスクトップPCは本体の大きさが問...(2015/3/18 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly ハイブリッドフラッシュ vs. オールフラッシュ
 SSDの価格が低下してきたとはいえ、まだまだHDDよりは高価。SSDとHDDを組み合わせたハイブリッドフラッシュアレイか、全てSDDで構成したオールフラッシュアレイか。目的に応じてコストと性能のバランスを取ることが重要だ。本PDFでは、選択のヒントを提供する。 本PDF...(2016/1/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
東京・大阪出張1回分の費用から始められる「クラウド型Web会議サービス」
 Web会議は「テレビ電話」だけで終わらない。モニターを通じて複数の拠点を映像と音声でつなげることはコミュニケーションを促進するが、それだけでなく、資料を素早く連携し、さまざまな情報の共有も行ってこそ、ビジネスにおけるリアルなコミュニケーションとなる。 ...(2016/1/8 提供:iDeepソリューションズ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2015/10/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
スマホ内線化で何が変わる? 次世代IP-PBX導入のメリットを探る
 スマートフォンをはじめとするモバイル端末の業務活用や、拠点間通話などの通信費削減、組織変更などオフィスレイアウト変更に伴うコスト削減の切り札として、IP電話による内線電話網(IP-PBX)を検討する企業も多いだろう。 本資料は、社内のPCやモバイル端末、電話機...(2015/4/9 提供:株式会社オフィス24)

製品資料
数字で見る、Skype for Businessによるワークスタイル変革の効果とは?
 コスト削減や従業員の生産性向上を目的に、音声やテレビ、Web会議、インスタントメッセージ、構内交換機(PBX)の代替などの機能を提供する統合コミュニケーション基盤(UC&C:ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション)を活用する企業が増えている。 中...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

Loading