TechTargetジャパン

事例
村田製作所の最先端の生産現場を支える「科学的管理」の実践
 村田製作所のDNAには、データによる裏付けを重視する姿勢が深く刻まれている。業界最先端の技術力を電子部品メーカーであり、多種多様な電子部品を扱う同社は、社是の一節にある「科学的管理を実践し」という言葉を道しるべに、データに基づいた生産プロセスの改善活動...(2016/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

講演資料
「“データ分析専用”はだてじゃない」 Netezza+SPSSで何ができるか?
 ビッグデータ時代の到来により、企業が新しい価値を生み出し、競争力を高める上でデータ分析力の有無が問われるようになった。そのためには、大量のデータを蓄積し、活用するためのシステム基盤および統計分析やデータマイニングの技術が重要になる。 本資料は、Netezz...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
センサーデータ分析が企業の勝敗を分ける時代――BAによる優位性獲得のために
 IoTを利用して、センサーデータの分析を実施するメリットはさまざまだ。例えば、製造業であれば、製品の稼働状況の監視、保守や修理などのアフターサービスの提供、製品の使われ方の調査、システムアップグレード、新製品や新規市場機会への洞察の獲得などのメリットが...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
MRJの機体設計においてシミュレーションはどう活用されたのか
 設計におけるさまざまな場面でコンピュータ・シミュレーションが活用されているが、中でも最先端のシミュレーション技術が活用される分野の一つが航空機設計だ。三菱航空機の小型旅客機「MRJ(MitsubishiRegional Jet)」の機体設計にも、東北大学との協力により開発さ...(2015/11/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
現場で生きるデータ分析の進め方──分析業務で押さえるべき「3つのポイント」
 データ分析の結果を業務に生かし、成果につなげたいと考える企業は多い。しかし、データ分析を効果的に進めるには、「分析データ加工」「分析モデル作成」「分析レポート作成」という3つの押さえるべきポイントがある。 例えば、「分析データ加工」においては、“デー...(2016/10/12 提供:日本電気株式会社)

製品資料
ビッグデータ分析に必要なビジュアルデータマイニングツールの要件とは?
 ビッグデータの分析に当たって、分析ツールに求められる要件は何だろうか。大量データのハンドリングに耐えるパフォーマンスはもちろんのこと、プログラミングや分析言語の習得を必要としない使いやすさも必要になってくる。また、インターネットデータやソーシャルメデ...(2013/3/13 提供:アクチュエイト ジャパン株式会社)

レポート
「Google ハングアウト」はどこにいく? Googleの新サービスの実力とは
 2016年5月に開催されたGoogleのデベロッパー向けカンファレンス「Google I/O 2016」で、Googleは「Google ハングアウト」に関して新戦略を打ち出した。Google ハングアウトから、コンシューマー機能を切り離し、メッセージングアプリケーション「Allo」とビデオチャット...(2016/10/20 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
ストリームコンピューティングが示す新しいデータ分析の世界
 今日、情報ソースの多様化により、断続的に流入するデータの量は増加の一途をたどっている。従来のデータ分析は、大量のデータをストレージに全て保存して分析するのが主流だった。静的な過去のデータを分析し、過去の事実を発見するのが目的だ。これに対し、流入するデ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
オープンソースの利用が広がる中、なぜSASを使い続けるのか?
「市販のアナリティクス・ソフトウェアとオープンソースを併用すべきか、それともいずれか一方を選ぶべきか」。誰もが一度は迷ったことがあるだろう。もしくはずっと迷い続けているかもしれない。 どちらがより良い方法かを企業が迷う中、ニュークリアス・リサーチ社が最...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
グラフデータベース製品導入戦略ガイド
 グラフデータベースは、パナマの法律事務所Mossack Fonsecaから2.6TBの情報が流出したことが発覚したことで有名になった。本稿では異なるデータセット間の関係性を表現する技術について紹介し、それがデータ分析にどんな革新をもたらすかを解説する。 本PDFは以下の3つ...(2016/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
全ての顧客接点でよりパーソナライズされた顧客体験を提供するには
 今日の顧客は、新たなサービスや商品を購入する際にネットを活用した情報集を怠らない。そこで得た情報を基に、サービスや商品購入に際して、必要十分以上の満足度を得ることを期待している。その期待が裏切られたときには、SNSに発言するという行動を取ることもある。(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
洞察力と予測分析能力がもたらす、ビジネスイノベーション IBM Cognos Business Intelligence
 本資料で紹介するIBM Cognos BIツールは、ビジネスインテリジェンス(BI)に広く一般的に求められる機能要件を満たすのみならず、全社規模での企業情報の分析・活用・共有を想定した基盤機能や、プランニング、シナリオモデル分析、リアルタイムモニタリング、コラボレ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
顧客体験のパーソナライズ化がもたらすマーケティングの変動
 今日のマーケットは極めて複雑なものになっている。 コミュニケーションの主導権は顧客側にあることが明らかな今、マーケティング担当者の課題は、顧客とのエンゲージメントをより深化させるため、迅速に、時には先回りした顧客対応を取ることが必要となっている。 す...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
 EHR(電子健康記録)を利用する医師の数はかつてないほど増え、デジタル形式でアクセスできる患者情報も増加している。患者情報と分析機能の進化によって、医師は患者の過去状態を知ることができるだけでなく、現在や将来に関する分析もできるようになってきた。 ビジ...(2016/9/29 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IoT時代のデータ分析、データサイエンティストは1日60時間労働しかないのか?
 IoTの活用は、収集したビッグデータを分析した結果を基に新しいサービスを始めたり、業務の最適化をしたりすることにある。つまり、最終的に分析するところまで持っていかない限り、ビッグデータからは何の価値も生まれないということになる。 しかも、IoTなどで使うセ...(2016/9/9 提供:株式会社ネットワールド)

事例
自動車大手7社の成功事例−ECUテスト時間を1/20に短縮した事例も
 現代の自動車産業では、利用者の利便性が高まる一方、機構部品と電子部品が複雑に絡み合いシステムの複雑化は爆発的に拡大している。 多くの企業では、開発が進むにつれてテスト要件も複雑化し、さらなる安全性への要求、市場投入までの時間短縮に加えコスト削減を求め...(2016/9/7 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
インダストリアルIoT、状態監視でビジネス機会の損失をなくす?【事例で学ぶ状態監視】
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
脅威検知を迅速化、セキュリティ分析のための「コールドストレージ」構築法
 サイバー犯罪は頻度と巧妙化の両面で成長を続け、脅威への対応の遅れが招く被害も年を追うごとに増大している。そのため、これらのリスクを最小化するセキュリティ対策には、「自動化」と「リアルタイム性」が要求されるようになった。 そこで、ルーター、スイッチ、We...(2016/8/31 提供:レッドハット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号をご紹介。 特集記事では、「Mo...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoT実現へ、今、注目される「テスト戦略」とは?最新動向に学ぶ、市場投入期間の短縮やコスト削減のヒント!
 本格的なIoTの運用で、近い将来、インターネット接続デバイスの数は500億台に上るとも言われている。多くの企業は膨れ上がるデバイスに対し、それぞれ要求されるテストを実施していかなければならない。同時に、デバイスの低価格化が進み、検証ツールが多様化し、ますま...(2016/6/21 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
顧客情報とWebアクセスログを基に購入者を予測分析。コストを抑え短期間で見込み客を発掘するポイント
 本書は、これからデータ活用を始めようとしている方や、既に活用し始めてさまざまな問題に直面している方々を対象に書かれたebookです。ビッグデータを活用するために重要なことや、具体的な分析例による活用シーンを通して、ビッグデータをビジネスに活用するためには...(2015/6/24 提供:株式会社AIT)

技術文書
データ分析の基礎知識――全ては分析用データ管理から始まる
 ビジネスの成功には優れた分析モデルが欠かせない。「そこそこ優れたモデル」なのか、「抜群に優れたモデル」なのかで、得られる結果には大きな差が生まれる。高いレベルの分析モデルを構築するには“汚染されていないデータ”を迅速に準備できる体制を整える必要がある...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
20ページの特別レポート、世界の3000人は「予測分析」をどう考えているか
 予測分析は過去のビジネスデータを活用し、特定のモデルを作成。そのモデルを基に将来の予測を行い、ビジネスの最適化や意思決定、プロセスの自動化などを行う。さまざまな分析技術がある中でも最も先進的な技術といえる。 予測技術のもう1つの特徴は情報システム部門...(2015/12/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
既存の業務システムや分析ツールと連携、分析システムを無駄なく構築する方法
 分析システムの導入・運用上の課題として、構築・チューニング工数の調達やデータ処理能力の制約、運用・保守工数の増加などが挙げられる。こうした課題の解決には、大量のデータを柔軟に活用できる高速性、高度な技術を必要としない簡易性とともに、短期導入や既存ツー...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

事例
IoTの普及をリードする「オンライン状態監視」- 予期せぬ設備障害を防ぎ、ビジネス機会の損失を無くす
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2015/12/15 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
チャートで診断:貴社のリアルタイムWebパーソナライズ実現レベルはどれくらい?
 Webサイトの訪問者は、10秒でそのサイトにとどまるかどうかを判断する。そして訪問者の98%は、属性情報などが見えない匿名状態だ。この匿名の訪問者ごとに最適なコンテンツを提供できれば、Webサイトに対する信頼感を醸成でき、ビジネス成長の大きなきっかけになる。で...(2015/11/25 提供:株式会社マルケト)

Loading