TechTargetジャパン

事例
村田製作所の最先端の生産現場を支える「科学的管理」の実践
 村田製作所のDNAには、データによる裏付けを重視する姿勢が深く刻まれている。業界最先端の技術力を電子部品メーカーであり、多種多様な電子部品を扱う同社は、社是の一節にある「科学的管理を実践し」という言葉を道しるべに、データに基づいた生産プロセスの改善活動...(2016/5/24 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
センサーデータ分析が企業の勝敗を分ける時代――BAによる優位性獲得のために
 IoTを利用して、センサーデータの分析を実施するメリットはさまざまだ。例えば、製造業であれば、製品の稼働状況の監視、保守や修理などのアフターサービスの提供、製品の使われ方の調査、システムアップグレード、新製品や新規市場機会への洞察の獲得などのメリットが...(2016/6/16 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
MRJの機体設計においてシミュレーションはどう活用されたのか
 設計におけるさまざまな場面でコンピュータ・シミュレーションが活用されているが、中でも最先端のシミュレーション技術が活用される分野の一つが航空機設計だ。三菱航空機の小型旅客機「MRJ(MitsubishiRegional Jet)」の機体設計にも、東北大学との協力により開発さ...(2015/11/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビッグデータ分析に必要なビジュアルデータマイニングツールの要件とは?
 ビッグデータの分析に当たって、分析ツールに求められる要件は何だろうか。大量データのハンドリングに耐えるパフォーマンスはもちろんのこと、プログラミングや分析言語の習得を必要としない使いやすさも必要になってくる。また、インターネットデータやソーシャルメデ...(2013/3/13 提供:アクチュエイト ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月3日号:Watsonが企業にやってくる
 Computer Weekly日本語版 8月3日号は、以下の記事で構成されています。■ライセンス売上減のOracle、クラウド市場でAWSに追い付けるか?■JavaScriptの“もろい”タイプセーフを解決する「Onux JS++」■フラッシュメモリより高速な不揮発性メモリ「PCM」がいよいよ実用...(2016/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年3月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年3月号をご紹介。 特集記事では、「Mo...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
IoT実現へ、今、注目される「テスト戦略」とは?最新動向に学ぶ、市場投入期間の短縮やコスト削減のヒント!
 本格的なIoTの運用で、近い将来、インターネット接続デバイスの数は500億台に上るとも言われている。多くの企業は膨れ上がるデバイスに対し、それぞれ要求されるテストを実施していかなければならない。同時に、デバイスの低価格化が進み、検証ツールが多様化し、ますま...(2016/6/21 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
顧客情報とWebアクセスログを基に購入者を予測分析。コストを抑え短期間で見込み客を発掘するポイント
 本書は、これからデータ活用を始めようとしている方や、既に活用し始めてさまざまな問題に直面している方々を対象に書かれたebookです。ビッグデータを活用するために重要なことや、具体的な分析例による活用シーンを通して、ビッグデータをビジネスに活用するためには...(2015/6/24 提供:株式会社AIT)

事例
現場で生きるデータ分析の進め方──分析業務で押さえるべき「3つのポイント」
 データ分析の結果を業務に生かし、成果につなげたいと考える企業は多い。しかし、データ分析を効果的に進めるには、「分析データ加工」「分析モデル作成」「分析レポート作成」という3つの押さえるべきポイントがある。 例えば、「分析データ加工」においては、“デー...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

技術文書
データ分析の基礎知識――全ては分析用データ管理から始まる
 ビジネスの成功には優れた分析モデルが欠かせない。「そこそこ優れたモデル」なのか、「抜群に優れたモデル」なのかで、得られる結果には大きな差が生まれる。高いレベルの分析モデルを構築するには“汚染されていないデータ”を迅速に準備できる体制を整える必要がある...(2016/4/18 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
既存の業務システムや分析ツールと連携、分析システムを無駄なく構築する方法
 分析システムの導入・運用上の課題として、構築・チューニング工数の調達やデータ処理能力の制約、運用・保守工数の増加などが挙げられる。こうした課題の解決には、大量のデータを柔軟に活用できる高速性、高度な技術を必要としない簡易性とともに、短期導入や既存ツー...(2016/3/8 提供:日本電気株式会社)

事例
IoTの普及をリードする「オンライン状態監視」- 予期せぬ設備障害を防ぎ、ビジネス機会の損失を無くす
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2015/12/15 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
チャートで診断:貴社のリアルタイムWebパーソナライズ実現レベルはどれくらい?
 Webサイトの訪問者は、10秒でそのサイトにとどまるかどうかを判断する。そして訪問者の98%は、属性情報などが見えない匿名状態だ。この匿名の訪問者ごとに最適なコンテンツを提供できれば、Webサイトに対する信頼感を醸成でき、ビジネス成長の大きなきっかけになる。で...(2015/11/25 提供:株式会社マルケト)

レポート
サプライチェーン分析は「記述的分析」「処方的分析」「予測的分析」で最適化せよ
 ビジネスの意思決定を促すために、データ分析は最重要要素となった。現在、企業はますます複雑で多層的になった需要と供給のグローバルネットワークを背景に、コスト削減と業績改善に取り組んでいる。特にグローバルのサプライチェーンとパートナーを抱える企業にとって...(2015/9/15 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

レポート
25%の歩留まり回復 製造業のパフォーマンスを高めるIoT技術とは
 製造現場における歩留まりや生産効率の改善、ダウンタイム低減といった課題の解決において、メーカーではデータ収集と保管に取り組んでいる。しかし、互いに連携しないFAネットワークの中では、正しいタイミングで適切な人へ情報を届けるのは難しい。また、膨大なデータ...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

レポート
数千の診療ステーションから集めたデータをどう生かす? 遠隔医療のIoT技術とは
 「急速に進む高齢化」「長寿命化により急増する慢性疾患」「医療従事者不足」を背景に、医療業界は新たな効率化を求められている。そこで、遠隔地医療の、移動、費用、時間の大幅な削減の切り札として、IoT(Internet of Things)技術を用いた遠隔医療ソリューションに...(2015/7/23 提供:デル株式会社)

レポート
20ページの特別レポート、世界の3000人は「予測分析」をどう考えているか
 予測分析は過去のビジネスデータを活用し、特定のモデルを作成。そのモデルを基に将来の予測を行い、ビジネスの最適化や意思決定、プロセスの自動化などを行う。さまざまな分析技術がある中でも最も先進的な技術といえる。 予測技術のもう1つの特徴は情報システム部門...(2015/5/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
「“データ分析専用”はだてじゃない」 Netezza+SPSSで何ができるか?
 ビッグデータ時代の到来により、企業が新しい価値を生み出し、競争力を高める上でデータ分析力の有無が問われるようになった。そのためには、大量のデータを蓄積し、活用するためのシステム基盤および統計分析やデータマイニングの技術が重要になる。 本資料は、Netezz...(2014/11/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
オンラインバンキング詐欺を7ステップで解説、そのセキュリティ対策とは?
 既に、1つの産業と化しているマルウェア産業は、金融詐欺やデータ盗用を容易に実行するあらゆるコンポーネントを供給している。そして今日では、非常に幅広い企業がマルウェア主導のサイバー犯罪に狙われている。オンラインバンキング詐欺の標的にされがちな銀行・信用...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
クラウドは「最大のセキュリティリスク」か? 5つの脅威と対策のアプローチ
 クラウドのセキュリティに対する懸念は、クラウドテクノロジーそのものよりも、ボットネット、持続的標的型攻撃(APT:Advanced Persistent Threat)、動的なポリモーフィック型マルウェアなど、変化する脅威状況への対処能力に関するものだ。これらの攻撃は従来型のも...(2015/8/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
ストレージインフラ選び5大条件、アプリのモダナイゼーション動向から探る
 アプリケーションの更新を怠ることは、ビジネスプロセスを非効率にし、それがサポートや保守費用の増加を生むなど、企業の利益に直接的な悪影響を及ぼす可能性がある。中で最も注意したいのは、クラウド、モバイル、ビッグデータなどビジネスにおける新しいトレンドへの...(2015/8/4 提供:ネットアップ株式会社)

その他
設計者も理解しておきたい「ヒット商品の5つの要件」
 ヒット商品は「世相を映す鏡」ともいえる。しかしヒットとは、ばくちで当たることではなく、周到なマーケティングによる市場ニーズの分析結果と、自社の戦略的「思い」の交点で生まれるものではないだろうか。 本連載では、ヒット商品を生むための新しい仕組みとして...(2015/7/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IoTのビジネス活用に高まる期待 顧客体験の改善で新たな商機を狙え
 IoT(モノのインターネット)の注目度が急速に高まっており、これをビジネスに活用しようという機運が盛り上がりを見せている。「人」と「モノ」または「モノ」と「モノ」がつながることの最大のメリットは、顧客体験(UX)を改善できる点にある。 医療分野や建設分野...(2015/7/21 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

レポート
日本の製造業は「アナリティクス」の活用ができていない?ビッグデータ活用のいま
 いま製造業では、センサー技術の発展にともない、工場内の生産機器や測定機器、製造ラインのロボットなど、多岐に渡る測定ポイントから日々生み出されるメンテナンスログ、パフォーマンスログ、モニタリング・データなどが大量に収集されている。 しかし、これらのビッ...(2015/6/18 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
AMD APUを利用したインダストリアル製品事例の紹介
スマートカメラ技術における革新が急速に進み、より高速かつ小型で電力効率の高いビジョンシステムが生み出されている。そうしたビジョンシステムは、ますます高度化しているタスクに対して最適化され、インダストリアル、サイエンス、監視システムに至る広範なアプリケー...(2015/6/15 提供:日本AMD株式会社)

製品資料
企業のデータは5年後、20倍! 増加するデータ保護や利活用を支えるフラッシュストレージとは
 IT化が進み、企業が保有するデータ量は急増している。2020年までに、現在の20倍の44ゼタバイトに達するという予測もあり、IT担当者はデータの効率的な保護や利活用の方法について頭を悩ませていることだろう。 本資料は、コストを削減しながら、データベースの実行速度...(2015/5/29 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
徹底解説:セキュリティオペレーションセンター(SOC)構築、成功の秘訣
 日々発生・進化するサイバー攻撃、顧客窓口のIT化の普及などに伴って、インシデントの監視や検出、迅速な修復を行うセキュリティ脅威対応の専門チーム「セキュリティオペレーションセンター(SOC)」を自社内に構築する企業が増えてきた。SOCにより、セキュリティテクノ...(2015/5/28 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

Loading