TechTargetジャパン

製品資料
レガシー化してしまったホスティングサービスの転換期「OEM」は何を変えるか
 ホスティングサービスは大小さまざまな企業が参入し、発展を遂げて、もはや「枯れた」ジャンルだと思っていないだろうか。しかしこの市場は今、大きな転換期を迎えている。強力なサービス力や低価格戦略を掲げる企業が市場を席巻し、様相が変化している中、ホスティング...(2016/3/30 提供:GMOクラウド株式会社)

事例
中国で構築したWebサイトが改ざん、セキュリティ脅威に直面! どうするIT担当者?
 「またWebサイトが書き換えられています!」中国国内のホスティングサービスを利用して現地ユーザー向けのWebサイトを構築していた企業は、連日この対策に追われていた。理由は、ホスティングサービス会社が、利利用者全員に同じ管理者のアカウントとパスワードを渡して...(2014/8/7 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
低予算でDR対策まで、自治体も選ぶ“クラウド的”な専用サーバ
 地方自治体では東日本大震災をきっかけとして、災害復旧(DR)に取り組むところが増えている。オンプレミス環境では、庁舎が被災すればシステム運用を継続できなくなる懸念があるからだ。とりわけWebサーバは、災害時の情報発信に使われることもあって、クラウドなど外...(2016/11/10 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
九州大学の「全学生PC必携化」を実現したBYOD向けセキュリティ対策とは?
 国立総合大学として国内で初めて2013年度の新入生から個人所有のPC必携化に移行した九州大学。同大学の情報統括本部では発足以来、学生・職員のICT利用基盤となるネットワークや全学共通認証基盤(SSO-KID)をはじめ、電子メール環境、教育情報システム、各種ホスティン...(2016/10/12 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

事例
九州大学の「全学生PC必携化」を実現した、BYODセキュリティ対策とは?
 国立の総合大学として国内で初めて2013年度の新入生から個人所有のPC必携化に移行した九州大学。同大学の情報統括本部では発足以来、学生・職員のICT利用基盤となるネットワークや全学共通認証基盤(SSO-KID)をはじめ、電子メール環境、教育情報システム、各種ホスティ...(2015/10/15 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

プレミアムコンテンツ
5分で分かるMirai
 2016年9月、著名なセキュリティ情報ブログに大量のパケットが送り込まれ、サービスがダウンするという出来事がありました。いわゆる「DDoS攻撃(Distributed Denial of Service attack)」です。注目すべきは、665Gbpsもの帯域がDDoS攻撃に使われたとみられており、その...(2017/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

事例
5年間でコスト削減4割、ホテル4拠点のシステムを無停止型サーバで仮想化統合
 長崎県を中心に婚礼・ホテル・レストラン事業を展開するメモリード。同社の運営する「ガーデンテラス長崎」開業当初から運用していたシングルサーバをリプレースする必要があった。その際、専任のシステム管理者が存在しない環境でハードウェア障害が発生し、フロント業...(2015/10/28 提供:日本ストラタステクノロジー株式会社)

事例
「AWSを導入したが使いこなせない」中小企業のクラウドホスティング対策
 サーバ運用コストの圧縮や、ビジネスのニーズに応じた柔軟な構成を選択できるメリットから、自社システムのインフラにAWSをはじめとするクラウドサービスを利用するケースが増えている。 クラウドとオンプレミスを上手に使い分けるには、システム構成やネットワークの...(2015/4/30 提供:株式会社レキサス)

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション”
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2017/3/2 提供:KDDI株式会社)

製品資料
中小企業のDR/BCP対策、仮想環境の可用性に対する「5つの課題」
 中堅・中小企業における事業継続計画(BCP)/災害復旧(DR)への意識が高まり、業務データのバックアップ環境の整備が急速に進んでいる。しかし、その運用で大きな課題に直面するケースも多数見られる。中でも深刻なのが、ダウンタイムと安定性の問題だ。 ESGの調査に...(2017/2/23 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

事例
通販事業に耐えるサーバを低コストで実現、テモナが選んだ運用・構築法とは?
 リピート通販事業者向けクラウドサービスを展開するテモナ。同社のサービスは、美容・健康食品業界を中心に1000社以上が利用している。同社がこのサービスを開始するに当たって頭を悩ませたのがサーバの選定だった。顧客の多様なニーズに応えるには、柔軟かつ短時間にサ...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

事例
SAPシステムを一気にプライベートクラウドに移行。 運用コスト大幅削減とグローバルBCP強化に成功
 大手製造業O社は、NTTデータの「INERPIA/イナーピア SAPホスティングサービス」を利用して、基幹システムを日本のデータセンターからマレーシアのデータセンターへ移行。 海外データセンターの利用、および従来のハウジングからプライベートクラウド型ホスティングサー...(2013/8/26 提供:株式会社NTTデータグローバルソリューションズ)

製品資料
運用負荷もコストも抑える、システム運用の切り札「専用ホスティング」
 ホスティングサービスとは事業者が用意したサーバをレンタルで利用できるサービスだ。サーバ機器などの資産を持つ必要がなく、故障時の対応も事業者に任せられる運用の手軽さが売りである。ホスティングサービスの中でも、サーバのリソースを専有できる専用レンタルサー...(2008/12/1 提供:さくらインターネット株式会社)

技術文書
SSLサーバ証明書の「3つの手法」、複数のWebサーバの運用に最適なものは?
 単一のグローバルIPアドレス内に異なるドメイン名を持つ複数のWebサーバを構築している場合、これまでは1つのSSLサーバ証明書しか設置できなかった。この状態だと、もし一部のサイトから暗号鍵の漏えいなどが起きると、サーバ内に同居している全てのサイトに、改ざんや...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
専用サーバとクラウドの利点を生かす適材適所のハイブリッド
 ITインフラを構築する際には、6割以上の企業がクラウドの活用を検討するようになっている。これは、クラウド技術の進化により、導入時から運用に至るまで一貫して優れたコストパフォーマンスを提供する多彩なクラウドサービスが出そろったためだ。 そして選択肢が増え...(2016/11/1 提供:さくらインターネット株式会社)

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
クラウドでディザスタリカバリー対策する利点――ニフティのDRaaS実用例から探る
 地震や台風などの自然災害、ランサムウェアや顧客の機密データ侵害などの人為的攻撃など、さまざまな原因から障害は起こり得る。インフラが止まり、システムが稼働できなくなり、長期間にわたって業務停止に陥る危険性に備えなくてはならない。 業務停止を最小限に抑え...(2016/12/9 提供:ニフティ株式会社)

技術文書
6つの要件から理解するストレージのQoS、次世代データセンターの能力を決める鍵
 次世代データセンターに求められているものとしては、サイロ化の解消、アプリケーションやワークロードのインフラ統合、全体自動管理などが挙げられる。これらがイノベーションを支え、競争力をもたらす鍵になると期待されている。 しかし単一の基盤を共有する環境では...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

事例
エネルギー消費量を89%削減、エコなホスティングサービスを可能にしたサーバ
 クラウドは個人向けのストレージからエンタープライズアプリケーションサービスまであらゆる用途に応える技術として急激に普及した。それに伴い、クラウドサービスの基盤となるサーバ、ストレージなどが消費するエネルギーは膨大な量となり、国単位に換算すると、クラウ...(2014/5/30 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

事例
複数OS/異機種混合システムの統合管理を実現したクラウド基盤、その選定基準とは?
 大阪、京都、滋賀にトヨタ車の販売店を展開する大阪トヨペットグループの一員として、1973年に設立されたオーアイエス コム。グループ会社で共有している自動車販売システム(カーディーラーシステム)をホスティングサービスで提供するだけでなく、ハウジングサービス...(2013/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
そのストレージベンダーは信用できる? 実はコスト高につながっている5つのポイント
 クラウドをビジネスに徹底活用しようと考えている先進企業を始め、クラウドプロバイダーやホスティングプロバイダーが直面している重大な問題は、クラウドインフラを構成するその他のコンポーネントと比較して、「ストレージの技術変革のスピードが遅すぎる」ことだ。ク...(2016/11/10 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
急増するデータが招く可用性低下、「5つの課題」を解消する方法とは?
 企業が扱うデータは1年で30〜50%増加するといわれている。これは、5年後にデータ量が2.8〜5.06倍になることを意味するが、現時点でこのペースの増加に対応できる環境を備える企業は少ない。そのため、多くの企業において、将来的な可用性の確保に向けた投資が始まって...(2016/9/16 提供:Veeam Software Japan 株式会社)

事例
処理速度は自社サーバの2倍。ホテル運用システムはIaaS移行で何を得たか?
 ホテル・旅館専門のソリューションプロバイダーとして、システム設計・開発・保守から、SaaS型ホテルシステムの提供、さらにはコンサルティングサービスまでを行うタップ。特にSaaS型ホテルシステムは、フロントシステムやPOSシステムなどの営業系システムから、全ての...(2014/11/5 提供:ソフトバンクテレコム株式会社)

技術文書
最新リサーチ:世界のクラウド事業者がオールフラッシュアレイでしようとしていること
 クラウドサービス事業者がオールフラッシュアレイにする理由は、マルチテナント環境での高可用性、ハイパフォーマンス、高い利益率が求められるからだ。豊富なAPIや高度な自動化、ポイント&クリック管理、スケールアウト、高いサービス品質「Quality of Service(QoS)...(2016/3/9 提供:SolidFire)

レポート
アプリケーション/デスクトップ仮想化が解決する「医療情報のセキュリティ問題」
 医療情報は機密性の高い個人情報を含むため、デジタル化の過程では、その管理に重点が置かれてきた。しかしデジタル化された情報をさまざまな現場で活用できれば、医療の質の向上、病院経営の効率化を大きく進めることができる。 医療データをセキュアに活用する鍵とな...(2016/7/29 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
未知の悪性コードを自動検知――わずかな変更も見逃さない、隙も与えない対策とは?
 システムを狙う攻撃者と対策者との戦いは、今に始まったことではないが、近年はマルウェア感染による情報漏えい事件が相次ぐなど、攻撃側が勝利するケースが多く見られるようになった。 従来のマルウェア対策は、既知の悪性コードには有効だが、未知の悪性コードに対し...(2016/6/7 提供:トリップワイヤ・ジャパン株式会社)

事例
データセンターへのSDN導入で、サービス提供のスピード、信頼性が向上
 九州を中心にSI事業やデータセンター事業を展開する南日本情報処理センターは、事業の全国展開の強化に向け、データセンターにSDNを導入した。同社が採用したのはOpenFlowを世界で初めて商用化した、NECの「UNIVERGE PFシリーズ」だ。物理構成に依存しない仮想的なネッ...(2014/4/4 提供:日本電気株式会社)

レポート
【企業意識調査レポート】陳腐化するアドオンERPの今後と加速するERPのクラウド化
 ERPパッケージは約20年前から国内で導入が始まり、現在ではさまざまな業種で利用されている。導入から10年以上経過するケースも増えており、この数年で多くの企業がERPシステムのオーバーホールを検討するようになってくるという。 そこでポイントとなるのが、過去に積...(2016/5/31 提供:日本オラクル株式会社)

Loading