2016年06月15日 09時00分 UPDATE
特集/連載

「AWS Summit Tokyo 2016」レポートAWSは大企業をどう変えたか――KDDI、キヤノン、ジャパンネット銀行に起こったビジネスインパクト (1/3)

「AWS Summit Tokyo 2016」で開かれた招待制講演「エグゼクティブトラック」より、KDDI、キヤノン、ジャパンネット銀行の事例を紹介する。3社がAWSによって新規事業にどう挑んだかに注目だ。

[五味明子,著]

 Amazon Web Services(AWS)は2016年6月1日〜3日にわたり、「AWS Summit Tokyo 2016」を開催した。2015年を上回る1万6000人以上の登録者を集め、あらためてクラウドのプレイヤーとして力強さを見せつけた。特に今回は、国内大手企業によるAWS活用事例が目立ち、まさに「クラウド活用の最適解、ここに集結」という同カンファレンスのテーマにふさわしい先進的なユースケースを数多く紹介したサミットだった。

 本稿では多数の講演の中から、「エグゼクティブトラック」(AWSの特定の顧客のみを招待した講演)に登壇したKDDI、キヤノン、ジャパンネット銀行による導入事例を紹介したい。それぞれの業界で日本を代表するネームバリューを持つ3社が、いかにレガシーの呪縛からの脱却を図り、AWSによって新たなビジネスチャンスを広げていったのか。その真摯に取り組む姿は「経営とIT」が本来目指すべき在り方を教えてくれるはずだ。

KDDI:AWSが支えた超スピーディな新規事業へのサービスイン

 「KDDIがAWSと聞いて違和感を持ちませんでしたか? 私は最初、非常に違和感を覚えました。ガチガチの設備企業で何でも自前で持つことが当たり前の通信事業者がパブリッククラウドだなんて……というのが正直な印象でした」――KDDI 商品・CS統括本部 サービス企画本部長 中桐 功一朗氏は、セッションの冒頭、聴衆に対してこう切り出した。全てのインフラを自前で構築することが当然だったはずの国内大手通信事業者が、なぜパブリッククラウドに向き合うことになったのだろうか。

       1|2|3 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...