TechTargetジャパン

レポート
調査で分かる企業のリスク状況、CSIRTが実践すべきインシデントハンドリングとは?
 2014年4月にサポート終了となったWindows XPだが、サポート終了以降も約2割のクライアント端末でWindows XPを使用したインターネットアクセスが行われている――NRIセキュアテクノロージズの「サイバーセキュリティ傾向分析レポート2014」によるものだ。本レポートは...(2015/2/4 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

製品資料
これで分かる「vSphere 6.5」への移行手順:必要な事前準備と環境別シナリオ
 「VMware vSphere」は仮想化基盤を構築するための中心的存在であるが、その新バージョンである「vSphere 6.5」ではさまざまな機能強化が行われた。大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化などにより、パフォーマンスやセキュリティを一...(2017/9/12 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「vSphere 6.5」移行ガイド:事前の確認事項から環境別シナリオまで徹底解説
 定番のサーバ仮想化製品「VMware vSphere」。その新バージョン「vSphere 6.5」では、大規模環境でのスループットの向上、データセンターの構築と管理の簡素化など、大幅な機能強化が図られており、パフォーマンスやセキュリティを一層高めてくれる。 とはいえ既存環境...(2017/6/14 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
“ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む
 現在、デジタルテクノロジーの進化速度は予測不可能なレベルにまで到達している。数多くの新たなテクノロジーやパラダイムが登場し、未来のコンピューティングプラットフォームは誰にも予想することができない。モバイルデバイスやIoTの普及により蓄積されるデータ量は...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
環境やアプリケーションを選ばない、真にオープンなクラウドサービスは?
 企業のクラウド移行が加速する中、PaaS、IaaSの重要性は一層増している。その特徴は多岐にわたるが、中でも重要なのは柔軟性だ。クラウドベンダーの製品・サービスだけでなく、他社製品・他社環境を含めて柔軟に連携できるサービスが求められている。 アプリケーション...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
脆弱性にいかに対処するか 忙しいWebサイト管理者のためのWeb診断ツールの正体
 巧妙化するサイバー攻撃への対策として、企業が考慮すべきポイントは多岐にわたる。SQLインジェクション、クロスサイトスクリプティング(XSS)などの攻撃手法への対策はもちろんのこと、Wordpress、Movable TypeなどのアプリケーションやWebサイトの脆弱(ぜいじゃく)...(2017/7/20 提供:GMOクラウド株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
高機能CMSでWeb構築コスト・期間を削減――会員サイトやオウンドメディアも
 Webサイトにおける統一されたデザインと迅速な更新を可能とする開発基盤として人気が高いCMS(コンテンツマネジメントシステム)。これまではサイトの規模拡大やシステム要求の多様化などに伴う、システム開発の複雑化という課題をなかなか解消できずにいた。 特に問題...(2017/2/1 提供:株式会社ディバータ)

レポート
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?
 近年、多層型の防御戦略の一角を担い始めた「次世代ファイアウォール」(NGFW)。管理が容易であり、ストリーム単位でのスキャンにも対応するなど、多くのメリットを持つため、NGFWがセキュアWebゲートウェイやWebプロキシの代わりになると主張するベンダーも見られる。(2017/8/14 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
実用段階に入った「AI」、実際にどんな業務に活用できるのか?
 AI市場の成長が著しい。中でも注目すべきは、人間に近い学習能力をもたらすディープラーニングの進化だ。従来のAIでは、効率的に学習させるには専門家が特徴を抽出する必要があったが、ディープラーニングではスキルが必要な作業を機械自身が代行できるようになり、大幅...(2017/7/28 提供:日本電気株式会社)

製品資料
自社に最適なAI活用パターンは? 事例に学ぶAIの業務活用
 AIを業務で活用する取り組みは、行政から交通機関、製造業から流通、医療、教育機関まで及んでいる。それぞれの業種では既にAIを導入した効果も報告されており、銀行の研究機関では分析工数を60%削減した他、製造ラインでは画像データ解析による検品工程の省人化、生産...(2017/7/28 提供:日本電気株式会社)

製品資料
着目すべきは導入時のトータルコスト。4つの理由で選ばれるLinuxONE
 サーバの導入/買い換えにおけるTCO削減のアプローチとして、IBMのハイエンドLinuxサーバである「IBM LinuxONE」が注目されている。その4つの技術的な理由は、IBM LinuxONEがメインフレームとオープンシステムのメリットを併せ持つことで実現している。 メインフレーム...(2017/7/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
一気に学ぶLinuxコンテナ――仮想マシンとの違いと具体的なメリット
 LinuxコンテナとDockerにより、アプリケーションの構築や提供、デプロイ、インスタンス化の方法が根本的に変わってしまった。コンテナは仮想マシンのように利用できるうえ、ずっとシンプルな構成であるコンテナは切り出してからすぐに使えるため、多くの企業で利用され...(2017/6/8 提供:レッドハット株式会社)

レポート
クラウドで使ってみたい「サーバレス」機能、AWSとAzureを比較
 主要なクラウドベンダーがこぞって提供しているサーバレスコンピューティング。サーバレスとは、システムが自動的にサービスをプロビジョニングし、各種のイベントに反応してジョブを実行できる仕組みだ。サーバレスでは、サーバリソースの使用を最小限に抑えることで利...(2017/6/22 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
WannaCryの陰で深刻化していた「公開サーバの脆弱性」、攻撃手法と対策を解説
 世界規模で猛威をふるった暗号化型ランサムウェア「WannaCry」。国内でも多くの企業が対策を迫られた。このランサムウェア騒動の裏で深刻化していたのが、「公開サーバ」への攻撃だ。 トレンドマイクロによれば、2017年1月〜3月だけで、国内で既に17件もの公開サーバへ...(2017/6/14 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月7日号:Bluetooth 5仕様の真意とは?
 Computer Weekly日本語版 6月7日号は、以下の記事で構成されています。■オープンソースの多くで脆弱性を検出、さらに新たな問題が発覚■分散ファイルシステム「GlusterFS」の高速化と自己修復機能強化■パロアルト研究所CEOに聞く、注目技術とイノベーションチームの...(2017/6/7 提供:アイティメディア株式会社)

事例
低コストで耐障害性・安全性を強化、天野実業に学ぶ帳票基盤のクラウド移行
 アサヒグループの一員として食品事業を展開する天野実業。同社は、オンラインショップを通じて、フリーズドライ食品やレトルト食品などの販売を行っているが、その業務を支える請求書発行システムの運用に課題を抱えていた。 個人情報を扱うシステムであるため、障害対...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

製品資料
マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ
 パブリッククラウドを利用しても、その運用や監視などに手間やコストが掛かっていては、せっかくのクラウド化のメリットが軽減されてしまう。そこで、クラウドのメリットを享受しつつ、開発やサービス提供に専念できるように、マネージドサービスを利用する企業が増えて...(2017/4/28 提供:株式会社ISAO)

製品資料
社内ITサービスの省力化を極める、ハイブリッドクラウド環境下の高速デプロイ術
 社内ITインフラのクラウド化を考えるとき、複数サービスのメリットを取り入れられる「ハイブリッドクラウド」は非常に効果的な選択肢となる。しかし、ハイブリッドクラウドを導入しても、ITインフラの運用効率やビジネス部門へのサービス提供が改善されないケースも目立...(2017/1/31 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

製品資料
基幹業務システムでFinTechを活用、OSSとメインフレームはなぜ相性が良いのか?
 近年は、最新のWeb技術やアプリケーションAPIを活用したサービス開発があらゆる領域で行われている。このようなアプローチの1つである「FinTech」も、今では金融機関の周辺業務だけでなく、基幹業務の領域での活用が進んでいる。 その実現の鍵となるのが、常に最新技術...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「インターネプコン ジャパン」展示会レポート
マウンターやはんだ、レーザー加工技術など、エレクトロニクス機器の多様化と高性能化を支える最新技術が集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有として、また、参加したが回...(2017/5/18 提供:株式会社アペルザ)

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
「Oracle Cloud」を徹底解説――PaaSとIaaSはどう使い分ける?
 企業システムの構築・運用に必要となるさまざまなサービスを提供する「Oracle Cloud」。クラウドに注力するOracleらしく、その機能は多岐にわたり、その把握も容易ではない。そこで、あらためて同サービスの特徴・機能を確認したい。 Oracle Cloudの大きな特徴は、統一...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

レポート
前年比16倍を超えたサイバー攻撃、2016年上半期のセキュリティ動向と対策
 IBMは全世界10拠点のセキュリティオペレーションセンター(SOC)で観測したセキュリティ情報をベースに、1日当たり200億件以上のデータをリアルタイムで相関分析している。この中で、主に日本国内の企業環境で観測された脅威動向を分析・解説したものが「Tokyo SOC情報...(2016/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「二次電池・太陽電池」展示会レポート
二次電池・キャパシタや、太陽電池・太陽光発電システムの研究開発・製造に必要なあらゆる技術、 部品や材料、装置などの最新技術が集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加できなかった方への情報共有...(2017/4/27 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
変換・再設定なしで仮想マシンをクラウドへ、移行の課題を一気に解消
 仮想マシンをオンプレミスからクラウドに移行するには多くの課題がある。多くのパブリッククラウドサービスは、アプリケーション環境に不可欠なレイヤー2ネットワークをサポートしておらず、VMwareベースの仮想ソフトウェア製品をそのまま稼働させることも難しい。これ...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
悪用されるWebサイトランキング――セキュリティ脅威レポートの実態報告
 シマンテックが2016年に行ったWebサイト調査によれば、2015年における脆弱性の存在は78%、重大な脆弱性の割合は15%にも上った。その主な原因は、パッチ適用や更新がしかるべき頻度で実行されていない、という基礎的なものであった。 攻撃者はこうした脆弱性を見逃さ...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
脆弱性トップ10──Webサーバで最も多く検出された脆弱性は?
 2014年、セキュリティ関連の最も大きな話題といえば「Heartbleed脆弱性」だろう。これは犯罪者が巧妙だったわけではなく、むしろ人間が作ったソフトウェアの固有の脆弱性だ。それはセキュリティの高度な実装と、より徹底したWebサイトのセキュリティや警戒の必要性を喚...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Loading