TechTargetジャパン

事例
ハイアールの製品の市場投入期間が15%短縮!? PLMによる新たな開発プロセス
 世界有数の白物家電メーカーであり、中国一のブランド価値を持つHaier(ハイアール) Groupは、技術研究、製造業、商業、金融業に重点を置く多国籍企業へと大きく成長してきた。 Haier Groupの製品群には96のカテゴリ、15,100種類にも及ぶ仕様があり、ビジネスの大きな...(2016/11/21 提供:シーメンス株式会社)

技術文書
PLMシステムの効用とそれを実現するためのフレームワーク
 「うちはPLMシステムを持っているけど使い方はPDMどまりです」ということは無いだろうか。これは非常にもったいない。が、良く聞くケースでもある。 PLMシステムは本来、製品情報を一元管理し、モノづくりにかかわる人たちに正しい情報を適切なタイミングで部門に応じ...(2015/10/26 提供:アイティメディア株式会社)

事例
真のコンカレントエンジニアリングのために、日本無線が選択したグローバルスタンダードなPLM
今回ご紹介するのは、設計開発業務のグローバル化を目標に、PTC の製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューションを導入されている日本無線株式会社様の事例です。経営者目線での「経営課題」や「導入経緯」などの内容も盛り込んでおりますので、是非一度ご参照ください。(2013/11/1 提供:PTC ジャパン株式会社)

技術文書
開発業務の改革を推進し、企業力を高めるPLM。 クラウドサービスも登場しているが、その実力は十分か?
「非常に高い技術・ノウハウを個々の組織や個人は持っているが、企業内の組織の壁・分断管理された業務により、単一組織に本来の力が埋没し、企業の力として発揮されない」といったことが起こっていませんか。この課題を解決に導くのがPLMという考え方。製品の企画〜開発...(2013/6/19 提供:NECネクサソリューションズ株式会社)

製品資料
クラウド型PLMの実力とメリットとは 〜開発業務改革と企業力向上のために
○設計部門は多忙すぎて、製品開発プロセスの革新に時間を取れない○設計領域のシステム要望を取りまとめてくれる人がいない○PDM(技術情報管理)システムの構築にかける予算・工数が取れない○IT要員も不足しており、設計業務系のシステム構築にまでは着手できないこんな...(2013/6/19 提供:NECネクサソリューションズ株式会社)

技術文書
自動車産業におけるPLMのメリットとは?
 自動車メーカーやサプライヤは、市場に自動車を投入するまでに、かつてない程多くの課題と複雑さに直面している。  消費者の趣味、嗜好はすぐに変わるため、自動車メーカーは開発時間を短縮し、生産を需要に合わせる必要がある。企業側は、これらをいかにうまく管理し...(2011/9/12 提供:シーメンスPLMソフトウェア)

事例
ユニリーバの製品イノベーション・プロセスにPLMが必要不可欠な理由
ユニリーバは、ホームケア、パーソナルケア、食品を提供しているグローバル企業である。その製品は、世界のどこかで毎日1億5,000万回使われている。そこで持続的に成長していくには、イノベーションが欠かせない。ユニリーバのホーム/パーソナルケア事業部情報研究開発担...(2010/11/1 提供:シーメンスPLMソフトウェア)

事例
ERPやPLMなど業務システムの導入・刷新を成功させるには、マニュアル整備とユーザ教育が不可欠だ!
企業においてERPやPLMなどの業務システムを新たに構築することは一大プロジェクトであるが、SIベンダーなど複数の関係者が関わるため、スケジュール通りにはいかないものだ。特に、開発中の各フェーズで必要とされる「マニュアル作成」や「開発プロジェクトメンバー、キー...(2010/9/30 提供:サイバネットシステム株式会社)

製品資料
PLM戦略の鍵を握る「Tecnomatix」とは?
 製品ニーズの変化、小規模で機動力の高いライバル会社による競争の増加、リソースの減少などのビジネスファクタによって、企業は日々ビジネス戦略を調整する必要がある。 企業はこれまで主に製品のイノベーションに力を注いできたが、かつてないコスト引き下げ圧力がか...(2010/6/1 提供:シーメンスPLMソフトウェア)

技術文書
ドキュメント管理だけではない、製造業の戦略ツールとしてのPLMの姿とは?
競争が激化する現代のグローバル・マーケットでは、企業はより効率的に製品を開発し、販売していかなければならない。そのためには、一部のドキュメントだけでなく、「製品ライフサイクル」全体にわたる管理システムと、それによる「見える化」が求められている。「生産性...(2009/12/17 提供:シーメンスPLMソフトウェア)

製品資料
統合BOM環境とPLMの目指すべき姿
 グローバル市場で収益の極大化を目指す製造業企業にとって、今後はますますどんな製品を、どの部門が、どの拠点で、どのように設計、製造するのがベストなのか、いつ市場投入すればよいのか(もしくはいつ終息するべきか)、製品開発に関わる様々な意思決定を、製品開発...(2009/5/29 提供:株式会社図研)

Loading