TechTargetジャパン

その他
優れた顧客体験を提供するための7つのベストプラクティス
 企業の成長にとって優れたカスタマーエクスペリエンス(顧客体験)の提供は欠かせないものだ。その実現のためには、顧客との接点で行われる一連のやりとりを「カスタマージャーニー」として捉え、総合的なエクスペリエンスを考えていく必要がある。 重要なのは、カスタ...(2017/8/1 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
新世代LabVIEWは何が変わるのか――その進化点とLabVIEWが持つ豊富な機能
こうした課題に応えるにはどうすればよいだろうか。その解決策として、過去 30 年、何十万人ものエンジニアや科学者によって、生産性や機能性が向上してきたLabVIEW の実績を基に、共通の開発タスクの最適化というエンジニア固有の機能を組み合わせることで、システム開発...(2017/7/14 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
顧客の情報を全方位で把握、マーケティングROIを最大化する統合データ基盤
 顧客の趣味、好み、行動などの情報を戦略的に取得、一元管理して、それを分析することは非常に多くのメリットがある。例えば、分析データをデジタルマーケティング基盤として利用することで、マーケティング施策を最適化したり、顧客の趣味・好みに合わせたサービスを展...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

レポート
「リテールテック・SECURITYSHOW」展示会レポート
流通業のサプライチェーンとマーケティングを進化させる最新のIT機器・システムが集まる専門展と、防犯カメラからセキュリティまで社会の安心・安全を守る製品・サービスを紹介するセキュリティの専門展。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともに...(2017/4/18 提供:株式会社アペルザ)

技術文書
5GやIoT時代に求められる<ソフトウェア環境>の4つの課題を読み解く!
 5GやインダストリアルIoTなど新たなトレンドに適応する際、技術的にもビジネス的にも安心して革新を進めるためには何が必要になるか?重要な要素のひとつであるソフトウェアにおいて、新しい技術に対応する環境とはどういったものか。30年使われ続ける開発ツール「LabVI...(2017/6/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
小売分析の「6つのトレンド」――小売業界の先例に学ぶデータ分析の傾向
 小売ビジネスも、いまや店舗に在庫を並べて売れるのを待つだけというスタイルでは通用しなくなっている。小売業や消費者向け製品を扱う企業の多く、特にリーダー企業が既に分析戦略を優先的に進めるようになっており、そのデータを経営陣や社員に開示する傾向も強まって...(2017/6/9 提供:Tableau Japan株式会社)

製品資料
IoTやAIのビジネス活用はどうすべき? 新たな価値づくりに必要な思考法
 IoTやAIを使って新たなビジネスモデルを創出しようとする企業は少なくないが、その多くが、どこから着手して良いか分からない状態で止まっていたり、検証の段階でつまずいたりしている。そもそもIoTやAIを使いどんな成果を得ようとするのかで、取り組み方も大きく異なっ...(2017/6/13 提供:株式会社電通国際情報サービス)

事例
「過酷な環境でも止まらない」、IoT機器のセキュリティと耐久性を両立する秘訣
 IoTは新たな製品やサービスにつながる可能性を持つが、活用する上でこれまでにない課題に直面することも多い。大崎電気工業は農家向けにビニールハウスの遠隔監視と機器の制御を行うシステムを開発したものの、ビニールハウス内の過酷な環境ではルーターが持たなかった...(2017/6/8 提供:フリービット株式会社)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

レポート
製造業でIoT戦略がある企業は約3割? 気になる競合動向を調査
 爆発的な普及が予測される「IoT(モノのインターネット)」技術。幅広い業種で活用が見込まれているが、中でも製造業では以前からマシンデータを収集・分析してきており、IoTへの取り組みが活発だ。 既に設備状況を把握することで品質や歩留まりの向上につなげたり、納...(2017/5/17 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
SAP HANA、SAP S/4HANAのためのハードウェアの新たな選択肢
 「SAP HANA」や「SAP S/4HANA」でのビジネスアナリティクスの推進における懸念点は、アナリティクスとトランザクションを同一システム上で実行する際に不可欠なパフォーマンス、耐障害性、柔軟性、管理容易性だ。現時点でSAP HANAおよびSAP S/4HANAで利用可能なハードウ...(2017/5/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月24日号:ブロックチェーンの意外な活用法
 Computer Weekly日本語版 5月24日号は、以下の記事で構成されています。■AWSの独走は終わる? GoogleとAzureがAWS以上の評価を獲得■コードを書き換えずにメインフレームアプリを移行する“リホスト”のススメ■「特別なソフトウェアは要らない」──GAME Digitalの...(2017/5/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは
 IoTの普及によりデータの生成量が飛躍的に増加しているが、分析に時間がかかればデータの“鮮度”が失われてしまう。そこで、データから迅速に洞察を導き出す新たなアプローチ「ストリーミングアナリティクス」が注目されている。データを生成時・伝送時にリアルタイム...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

レポート
顧客に最適なプランを通話中に生成――提案の受け入れを10倍にした分析手法とは
 IoTの普及によりデータの生成量が飛躍的に増加しているが、分析に時間がかかればデータの“鮮度”が失われてしまう。そこで、データから迅速に洞察を導き出す新たなアプローチ「ストリーミングアナリティクス」が注目されている。データを生成時・伝送時にリアルタイム...(2017/5/23 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
竹内製作所がIoT活用のため「次世代工場ネットワーク」を採用
 ミニショベルやクローラーローダーなど、住宅建設などで活躍する小型の建設機械を主力製品とする竹内製作所。過酷な条件下での利用を想定し、「耐久性」「操作性」「居住性」にこだわった同社の製品は特に海外での評価が高く、販売の96%を輸出が占めている。 現在、将...(2017/5/12 提供:日本電気株式会社)

レポート
IoT活用の最先端、フィールドサービスに見るコスト効率と改善分野
 急速に普及するIoT(モノのインターネット)技術。その変化の波を強く受けるとみられているのが、点検や修理など現場に移動して作業を行うフィールドサービスだ。そもそもIoTの起源はフィールドサービス管理にあるという説もあるように、その親和性は極めて高い。 IoT...(2017/4/6 提供:日本マイクロソフト株式会社)

Webキャスト
IoT動向解説:2020年に向けて用途や支出先はどう変わるのか?
 IoTのユースケース別に支出額を見ると、2016年時点では、製品オペレーションや製品アセット管理など上位13のユースケースが8割を占めている。しかし、2020年に向けた年間成長率では、スマート家電関連やテレマティクス保険、農業のフィールド監視などが向上すると考えら...(2017/4/18 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
IoTで自動運転が可能に――次世代自動車は「タイヤのついたデータセンター」
 自動車業界が、IoTによって大きな変革の時を迎えている。自動車のIoT化には、交通情報を反映した最適なルート案内や、事故を起こしやすい状況への警告、運転データを生かした自動車保険の最適化など、多岐にわたるメリットが期待されている。何より特筆すべきは、自動運...(2017/3/31 提供:インテル株式会社)

Webキャスト
IoTが変えた小売業の未来──顧客トレンドを予測して在庫・機会ロスをなくす
 在庫ロスや機会ロスは、小売業には付き物の悩みだ。売れ筋商品を入荷した途端にトレンドが去ってしまう、ニーズはあるのに仕入れが遅れて商品がない、といった事態は多くの店舗責任者が経験してきたことだろう。 IoTは、そうした事態を減少させる。大量生産された膨大...(2017/3/31 提供:インテル株式会社)

技術文書
テスト部門を「単なるコストセンター」から、組織に不可欠な戦略的資産としての転換を図るには?
 戦略的なテストシステムを構築することが、市場競争力を高めることにつながるのか?本資料では、その回答として、テスト部門をコストセンターから戦略的資産という重要な位置付けに高め、テスト部門の設備投資などを総所有コスト(TCO)で判断することが重要性について...(2017/3/29 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
「決め手はIoTと音」、高齢者見守りサービスは次のステップへ
 近年、大きな問題となっている社会の高齢化。その影響は住宅事情にも及び、賃貸住宅でも「見守りサービス」のような安全対策が求められている。しかし、従来型サービスのような、通報ボタンや監視カメラ、訪問/電話などによる見守りには、緊急対応能力やプライバシーな...(2017/3/1 提供:富士通株式会社)

事例
半導体テストシステムによるコスト削減事例、特性評価と製造テストの手法解説
半導体デバイスの性能が向上するに従い、ATEシステムが陳腐化するまでの期間は短くなり、すぐに能力の限界に達してしまう。このことがテストコストの高騰を招く大きな要因になっている。目まぐるしく変化する環境下で、高まり続ける性能要件に対応可能なテストシステムが...(2017/2/27 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

レポート
IoTで事故発生を迅速把握――製造現場の安全管理はどのように変わるのか?
 製造業の現場では、労働災害に結び付く危険が多数存在する。床にある障害物やボイラー室の高熱、むき出しになった電線など、さまざまな原因による事故が考えられるが、その中でも特に多いのが「転倒」「墜落・転落」だという。 厚生労働省によると、2015年の死傷災害の...(2017/2/8 提供:富士通株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月25日号:ARMが進めるIoT戦略
 Computer Weekly日本語版 1月25日号は、以下の記事で構成されています。■フラッシュ専用プロトコル「NVMe」の可能性■セキュリティ機能「ATS」必須化目前、ただし対応しているiOSアプリはわずか3%■何をどう変えるのか? オンラインIDインフラの刷新を訴えるMicroso...(2017/1/25 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月11日号:家庭内のIoTデバイスを守れ!
 Computer Weekly日本語版 1月11日号は、以下の記事で構成されています。■AIとOffice 365の融合でビジネスとコラボレーションはどう変わる?■魅力が低下したスマートフォン復活の鍵はスマートアシスタント機能■HDD vs. フラッシュストレージ、「フラッシュストレージ...(2017/1/11 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ビッグデータを活用できる企業とできない企業の差はどこにあるのか?
 これまでデータサイエンティストが実行する複雑なアルゴリズムによって進められてきたビッグデータ分析。近年はテクノロジーの発達により、その利用可能性がビジネスユーザーまで広がり、ビッグデータを実際の業務に活用する企業が増え始めている。 その一方で、ビジネ...(2017/1/5 提供:クリックテック・ジャパン株式会社)

Loading