TechTargetジャパン

講演資料
IoTのハードルを飛び越えるために、企画から開発までどう進めるべきか?
 インターネット接続デバイスの小型化により、さまざまなモノの情報を遠隔で収集・制御・操作を行うIoT(モノのインターネット)が盛んだ。データを集約して終わりではなく、さらにビッグデータ分析やAIなどが組み合わさって、より進化を見せている。 この流れは一過性...(2016/12/6 提供:ソフトバンク株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTシステム構築の第一歩は「計測」から!
 本稿では、「NIDays 2016」のセッションプログラムの中から、イー・アイ・ソル 常務取締役平澤啓氏による講演「IoT化のための導入ステップを基礎から学ぶ! オンライン状態監視システムの導入課題と解決事例」の模様をお届けする。 同社がこれまで培ってきたシステム構...(2016/11/22 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
5つの技術課題と4つのデータ活用が焦点、IoT導入の近道
 テレメタリング、ユビキタス、M2Mなどを経て、次世代サービスの中核を担うと注目されている「Internet of Things(IoT)」。さまざまなモノからデータを収集し、遠隔で制御するだけでなく、高度な分析で新たな価値を生み出せる。しかしまだ国内企業の半数は検討以前の段...(2016/11/30 提供:ソフトバンク株式会社)

事例
【国内IoT成功事例に学ぶ】ゼネコンの錢高組が導入、安全管理と省電力化2割削減を見込むシステムとは?
 1705年創業で江戸時代より宮大工の棟梁を代々家業としてきたの老舗企業である錢高組が、高松自動車道 志度トンネルの工事現場にまったく新たなシステムを試験的に適用した。錢高組が導入したシステムは、IoT を活用することにより、山岳トンネルの工事における安全管理...(2016/10/3 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

製品資料
ビッグテータ分析の進化をコスト削減とともに実現する「データレイクの効用」
 データレイクは、Apache Hadoopの新しい機能として開発された「YARN」というアーキテクチャと関連性が深い。YARNは多種多様なワークロードを分散処理する司令塔として、構造化・非構造化を問わず、常にシステム内に流れ込んでくる、あるいはERPやCRMなどで蓄積されてい...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
すぐ効くHadoop攻略法、ビジネスでの活用を進める6つのアプローチ
 データウェアハウスや予算が追い付かないほどのペースでデータが増加する中、ビッグデータの保管と処理を行うオープンソースのフレームワークであるHadoopが注目されている。しかし、技術に詳しいビジネス担当者の中でも、データ管理におけるHadoopの影響力はまだ十分に...(2016/10/14 提供:SAS Institute Japan株式会社)

製品資料
ビーコンで現場の無駄を発見、ヒト・モノの位置と動線を「見える化」する効果
 工場や倉庫などで動き回るヒトやモノ。その動きには少なからず無駄があり、効率化できれば業績の改善が期待できる。これまでは、その無駄の把握が困難だったが、近年のIoT技術の発達により生産現場の効率化の可能性は大きく開けた。 例えばBLE(Bluetooth Low Energy)...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

事例
工場内の台車をビーコンで管理、三松の小ロット生産を極めたIoT活用術
 福岡を拠点に金属加工を軸にした小ロット製造代行サービスを展開している三松では、工場内の製品や製品を載せた台車の所在を探す“うろうろタイム”を課題に感じていたという。それらを探すための時間のロスを解消できれば、さらなる業務効率化が期待できるからだ。 同...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

技術文書
ROS(Robot Operating System)の概要と開始までの手順
 ハードウェアとしてのロボットを開発する際、完全なフルスクラッチで「判断」「制御」「駆動」を実装するとなると大変な労力が必要となるが、その負担を軽減してくれるフレームワークが「ROS」(Robot Operating System)である。 ROSはオープンソースとして公開されて...(2016/10/13 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
ソフトウェア収益化の壁、“悪意のない”ライセンス契約違反をなくすには?
 近年のソフトウェア利用者は、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのいずれの環境でも、任意のデバイスからいつでもソフトウェアを利用できることを期待している。ライセンス形態についても同様に利用方法や場所を問わず、共通のユーザー体験を求める。 そのため、ソ...(2016/9/1 提供:ジェムアルト株式会社)

技術文書
デバイスの特定機能に課金、IoTビジネスを変えるライセンス管理とは?
 クラウドコンピューティングの浸透により、ソフトウェアの使用期間や利用量に応じて支払う課金体系が一般化してきた。この影響はIoT市場にも及び、近年は、デバイスの機能までソフトウェアで制御するライセンス管理で成果をあげる企業が現れ始めている。 ハードウェア...(2016/9/1 提供:ジェムアルト株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
インダストリアルIoT、状態監視でビジネス機会の損失をなくす?【事例で学ぶ状態監視】
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
竹内製作所がIoT活用のため「次世代工場ネットワーク」を採用
 ミニショベルやクローラーローダーなど、住宅建設などで活躍する小型の建設機械を主力製品とする竹内製作所。過酷な条件下での利用を想定し、「耐久性」「操作性」「居住性」にこだわった同社の製品は特に海外での評価が高く、販売の96%を輸出が占めている。 現在、将...(2016/8/22 提供:日本電気株式会社)

技術文書
【基礎から学ぶ!】RF/通信の基本
 あらゆるものが繋がるIoT時代の到来とともに、複雑化と高度化が加速するワイヤレス技術において、RF/通信の基本的な知識を身につけることは必要不可欠となります。様々なシステムやアプリケーションにおいて、RF、マイクロ波、ワイヤレスデバイス/信号が採用され、テス...(2016/7/25 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IoTの構築におけるオープンソースの役割
 IoT(Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行している。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されている。この“モノ”の群れには、驚くほどの多様性があり、コンピュータからインフラ機器、セ...(2016/3/28 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

レポート
“IoT懐疑論”を吹き飛ばすリアルな成功事例、鍵は予測分析
 「モノのインターネット」(IoT)は最もホットな技術領域の1つで、産業分野でも工程を合理化し、競争力を向上するために、IoT技術とデータ分析を活用する動きが活発になってきている。コンセプトが優先されて実用性を疑問視する向きもあるIoTだが産業分野ではIoTのメリ...(2016/2/12 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
3Dプリンタを単なる“製造方式の置き換え”という存在にしないためには
 作られるモノ(対象)のイメージを変えないまま、従来通り、試作機器や製造設備として使っているだけでは、3Dプリンタの可能性はこれ以上広がらない。特に“カタチ”のプリントだけでなく、ITとも連動する“機能”のプリントへ歩みを進めなければ先はない。 3Dプリンタ...(2016/1/5 提供:アイティメディア株式会社)

事例
日本パレットレンタルが業務用モバイルアプリを開発、その効率化の鍵とは?
 物流パレットのレンタル事業を展開する日本パレットレンタルでは、パレットの所在・在庫管理のさらなる効率化が課題であった。2013年9月には、物流機器管理ソリューション「Llink(エルリンク)」を立ち上げ、RFIDを活用したRTI(Returnable Transport Items:通い容器...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ビジネス拡大とイノベーションを加速させる「6つのIoTユースケース」とは?
 IoTは、膨大な数のデバイスやセンサーからの情報をインターネット経由で集積する技術だ。これによって世界中で移動を続ける製品や機器、そして消費者の情報を一括して入手できるようになり、加えてビッグデータ分析基盤の発展によって、ビジネス拡大やイノベーションに...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
IoTの普及をリードする「オンライン状態監視」- 予期せぬ設備障害を防ぎ、ビジネス機会の損失を無くす
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2015/12/15 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly F1を支えるIT 2015
 英国メディアのComputer Weeklyでは、F1関連の記事も掲載される。本PDFは、Computer Weekly日本語版が2014年に掲載した翻訳記事の総集編である。モータースポーツ専門誌と異なり、IT系メディアとして普段目にすることのないサーキットやF1チームの内情、IT事情を伝えて...(2015/12/9 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IoTはバズワード? あらゆる業種でビジネスチャンスを広げるIoTの進化とは
 IoTの活用が叫ばれる中、その背景にある環境の変化に目を向けてみると3つの大きな動きがある。1つ目は「モノの機能化」。低コストなスマートセンサーとモバイルデバイスを通じて、膨大なデータポイントが生み出されるようになってきた。2つ目は「相互接続化」。ネットワ...(2015/12/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
「CeBIT 2016」はスタートアップ企業に特典多数、世界最大の商談展示会でチャンスをつかむ
 ITビジネスに特化した世界最大のB2B専門展示会「CeBIT」は毎年開催されており、前回の「CeBIT 2015」では70カ国から約3300社が参加した。同イベントはドイツ首相も会場を訪問する重要な展示会で、来場者数は約100カ国から22万1000人、そのうち90%が業界関係者であり、3...(2015/10/20 提供:一般社団法人日本能率協会 ドイツメッセ日本代表部)

製品資料
「IoTアプリケーションの心臓部」となるセキュリティ機構を知ろう
IoT(Internet ofThings:モノのインターネット)の可能性に注目が集まっている。IoTをベースとした新しいアプリケーションを構築し、自社のソリューションの機能を強化することは、ソフトウェア開発に携わる部署や企業にとって最優先事項となっている。たとえば、インテ...(2015/10/16 提供:日本セーフネット株式会社)

製品資料
もっと売れる専門店へ、「急成長企業」がMDパッケージを導入すべき3つの理由
 競争が激化する環境下で継続的に収益を確保するためは、顧客に新たな価値を創出するための情報の有効活用がカギを握る。特に、急成長している専門店では、店舗、取扱商品の増加により、店舗ごとに最適な商品在庫が維持できない、販売実績の膨大なデータを、有効活用でき...(2015/7/1 提供:株式会社富士通システムズ・イースト)

Loading