2022年12月01日 08時15分 公開
特集/連載

いまさら聞けない「RFID」の基礎 「NFC」とは違う用途とは?「RFID」と「NFC」はどう違うのか【前編】

無線通信に使われる技術として「RFID」と「NFC」がある。どちらを選べばよいのか。まずはRFIDの特徴を整理し、賢い技術選定につなげよう。

[George LawtonTechTarget]

関連キーワード

RFID | ネットワーク | 技術解説


 電波を使ってデータを送受信する技術として、「RFID」(Radio Frequency Identification:無線個体識別)と「NFC」(Near Field Communication:近距離無線通信)がある。両者はセットとして捉えられることがあるものの、技術としては異なる。NFCとRFIDを最適に利用するには、それぞれの特徴やメリット、デメリットなど、違いを知っておくことが必要だ。

RFIDとは? 用途で分かる「NFC」との違い

 NFCは工場や倉庫、店舗といった場所での利用に適している。一方でRFIDの活用範囲はより広く、企業のサプライチェーン(供給網)全体で使える。

 RFIDは無線通信技術の一種だ。アンテナと送受信機から成るRFIDリーダーが、電波を利用してRFIDタグ(トランスポンダ)と通信する。RFIDタグの電波がアンテナに到達すると、RFIDリーダーの使用者はラベルやカードといった対象物に記憶された情報を受け取ることができる。

 1940年代にRFIDの中核技術が考案された。1970年代から軍用貨物を追跡するために実用が進んだ。RFIDには幾つかのバージョンがあり、それぞれ無線周波数、データ伝送速度、通信距離が異なる。RFIDタグには、電池を内蔵して信号を発信する「アクティブ型」と、RFIDリーダーをはじめとした外部の装置から電波を受けて電力として使う「パッシブ型」の2種類がある。

 RFIDのメリットの一つは、さまざまな設定ができ、自社の用途向けにカスタマイズしやすいことだ。RFIDには主に下記の3つの種類(他に「マイクロ波帯RFID」がある)があり、それぞれ読み取りが可能な距離が違う。

  • 低周波(LF)帯RFID
    • 読み取りが可能な距離が短いが、水や金属を通過できる
  • 高周波(HF)帯RFID
    • 読み取りが可能な距離が数センチから数十センチの範囲に及ぶ
  • 超高周波(UHF)帯RFID
    • 読み取りが可能な距離が10メートル以上の範囲に及ぶ

 中編は、NFCの仕組みや活用例を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年2月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。

news102.jpg

バーガーキングが挑む「ハイパーパーソナライゼーション」を支えるすごいチーム
Burger KingのCMOパット・オトゥール氏は、ワッパーのカスタマイズに向けてMedia.Monksと...

news034.jpg

良いメルマガと嫌われるメルマガ 違いはどこにある?
B2Bマーケティングにおけるメルマガ施策は簡単そうに見えて難しいもの。どのようなポイン...