画像生成AIの“食わず嫌い”が駄目な理由画像生成AIは“クリエイティブな泥棒”か【第5回】

画像生成にAIモデルを活用しているのは個人のアーティストだけではない。自社のビジネスに画像生成AIモデルを活用し、成果を上げている企業がある。どのように役立てているのか。

2022年12月02日 08時15分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 画像生成に特化した人工知能(AI)モデルを活用しているのは、アーティストや一般消費者だけではない。企業もビジネスに必要な画像生成にAI技術を使っている。

画像生成AIが会社を救う?

 マーケティングツールベンダーOmnekyは、独自の機械学習アルゴリズムや「GPT-3」「DALL・E」といった既存のAIモデルを使って、広告のクリエイティブ(広告素材)を制作している。「AI技術は自由なデザインプロセスを生み出すことで、クリエイターの創造力を刺激し、制作のパフォーマンスを向上させる」。同社の創業者でCEOの千住 光氏はそう話す。

 人が理解でき、バイアス(偏見)に基づかない処理結果を出力可能なAIモデルの開発を支援するVirtuous AIは、クリエイティブの制作やマーケティングにOmnekyのツールを活用中だ。同社のCEOであるロリー・ドノバン氏は、特定の使い方における画像生成AIモデルの有用性を主張する。

 「自分が誰かと同じ作風の、同じコンテンツを制作することによって、その人の居場所をなくしたとすれば、それは間違いなく不道徳だ」とドノバン氏は述べる。画像生成AIモデルは「そのようなツールには当てはまらない」というのが、同氏の考えだ。「われわれはピカソの絵画ではなく、クリエイティブを作ろうとしているだけだ」(同氏)


 第6回は、画像生成AIモデルの権利侵害問題に関する議論を取り上げる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...

news060.jpg

広報担当者の悩みあるある「取材を受けたのに思ったような記事にならないのは何故?」
自社や自社の製品・サービスについて広く知ってもらうためにメディアの取材を増やすこと...