TechTargetジャパン

事例
タスク管理DBを10分で作成、オーディオテクニカの業務改善を支えるシステムとは
 業務管理システムの代わりにExcelやAccessを使うことが“スキルの証明”となる時代が長く続いていたが、この数年で状況は大きく変わった。セキュリティ強化、データ活用などの要求水準が一段と高まったことに加え、従来の方式では業務の効率化が進まなくなったことが要...(2016/12/21 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
約3000DBもの刷新課題を解決、横浜ゴムに聞く大規模・短期間移行の秘訣
 長年利用してきた業務基盤システムの刷新は容易ではない。移行対象が多く、そのデータとプロセスは企業が保有する貴重なナレッジそのものだからだ。横浜ゴムでも、20年以上利用した業務基盤システムの刷新に際し、約3000ものデータベース(DB)移行が課題となった。 ま...(2017/3/28 提供:株式会社ドリーム・アーツ)

技術文書
収益力の差はどこで生まれるのか? 成功企業に見るIT投資マネジメント
 自社のIT投資に対する分析・検証に取り組む姿勢は、企業の業績にどれほどの影響を与えるのだろうか。世界の主要企業500社超への調査によると、ITプランニングツールを活用して「IT投資のインパクト」を確認している企業と、そうでない企業の間には、収益の伸びに大きな...(2017/3/3 提供:CA Technologies)

技術文書
人事労務のプロが教える、5つのタイプ別「過重労働」解消法
 近年、過重労働への社会的な関心が高まっており、今では国をあげて対策が推進されている。しかし、過重労働は業務の特性や職場風土が原因であることが多く、一朝一夕に解消できるものではない。効果的な解消法を実施するためには、まず自社の傾向を把握することが重要だ...(2017/3/15 提供:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

製品資料
受信トレイから仕事を探す無駄、やめませんか? タスク管理から変える働き方の革新
 コンシューマー分野をけん引した「モバイル」「クラウド」「ソーシャル」という技術は、ビジネス分野でも働き方の変革をもたらしている。しかし、コミュニケーションの手段が桁違いに増え、従業員個人が把握、管理しなければならないタスクの量と重要性が高まったにもか...(2015/6/10 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Office 365 vs. Office 2016、選択を迷わないために知るべき違いとは
 Microsoftは、2種類のオフィススイートを提供している。1つはパッケージ版の「Office 2016」で、もう1つはクラウド版の「Office 365」だ。これらのオフィススイートから入手できるアプリケーションはほとんど変わらないが、Office 2016とOffice 365は果たしてどのような...(2017/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
「採用管理システム」11製品を徹底比較――導入後に後悔しやすいポイントは?
 採用業務におけるミスや遅れは、優秀な人材の獲得機会を失うことに直結する。そのため、求人掲載や応募獲得、選考の管理、採用状況の把握、結果の分析などの機能を備えた採用管理システムを活用し、業務の効率化に取り組む企業が増えている。 しかし、豊富な機能を手に...(2017/2/1 提供:株式会社Donuts)

事例
事例:ExcelやAccessに代わる業務管理ツールを活用した5社の成功事例、その実態とは
 Microsoft ExcelやMicrosoft Accessで個々の担当者が業務に関する情報を入力し、それらを管理者がまとめて帳票化するという作業は、日常的に実施されている。数名の規模であれば、こうした方法でもさして問題は起きず、手入力によるミスなどもすぐに修正・共有できるが...(2017/1/25 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
事例:業務部門担当者がリアルタイムに進捗把握、分析作業も簡単に(全7社)
 日々蓄積される業務情報を吸い上げ、統合し、進捗状況などをほぼリアルタイムで把握できるようにするソリューションは、さまざまな形で市場に出回っている。しかし、1つの部門や部署が率先して素早く実現するには、高いレベルの専門知識が必要で、構築期間やコストも莫...(2017/1/25 提供:株式会社ジャストシステム)

講演資料
DevOpsとテスト自動化の新常識、ツールチェーンで短納期・高品質のソフト開発
 急激に変化する市場や顧客ニーズに対応するために、開発チームと運用チームを連携させる開発手法の「DevOps」が注目されている。ただしビジネスとしての成功には、ビジネスの視点が欠かせないものとなりつつある。 このような開発・運用・ビジネスの協調により目指すも...(2017/1/10 提供:リックソフト株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoT開発で重要なのは、徹底した“ユーザー理解”である
 「沖縄のIT企業」と聞くと、多くの方が「営業部隊が東京などで獲得してきた案件を、沖縄にいる制作・システムチームが受託開発する」というイメージを持たれるのではないだろうか? しかし、今回紹介する「レキサス」は違う。IT・Webのサービス開発に強みを持つ同社は...(2016/12/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
産業ネットワーク最新動向!インダストリ4.0に向けIoTの新たな価値を創造する技術とは?
技術革新、産業革新、生産革新を軸に見たとき、産業分野の現在地はどこに位置しているのか?第4次産業革命時代の到来により、市場ではIoTによる新たな価値創造がはじまっている。 産業ネットワークとは、様々な工場設備や機器を繋ぐためのネットワークの総称だ。産業ネ...(2016/12/5 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

レポート
トヨタ式の改善手法で情報システム改革――多品種少量のB2C物流にも対応
 ここ数十年の間で物流/倉庫業界は、3PL(3rd Party Logistics)という業務形態の登場やグローバル対応、災害リスクに対応した分散型物流の取り組みなど、常に変化にさらされてきた。近年ではEC市場の拡大に伴うB2C物流に対応するため、多品種少量発送という大きなニー...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年11月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号をご紹介。 特集記事では、201...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「ITIL」の適用がポイント、忙しすぎるIT部門の運用業務改革の勘所
 IT活用の広がりを背景に、IT部門には自社システムの運用維持やビジネス活用が経営層から強く求められるようになった。また、セキュリティに対する関心の高まりから、インシデントへの対応といった多角的なマネジメントを求められている。だが、現状を概観すれば、この要...(2016/6/27 提供:株式会社ユニリタ)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2016/2/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ANAが取り組んだエアラインシステムの全面刷新に伴う「構成管理システムの重要性と効果」
 ANAの1日約800便、搭乗者10万人以上の「予約」「発券」「搭乗」の重要業務を支え、さらに搭乗手続きをせず、直接、保安検査場に利用者を誘導する「スキップサービス」や「コンビニ決済」といった独自のサービスも支えているシステムは大規模なものになる。 こうしたシ...(2016/2/1 提供:リックソフト株式会社)

レポート
DevOpsを機能させる「シフト・レフト」の概念とは? 4つのポイントで解説
 さまざまなビジネスの目的に対して、開発(Development)と運用(Operations)がより柔軟に、スピーディに対応するために協力する開発手法である「DevOps」。しかし、開発担当者と運用担当者の連携を密にする必要性は認識されているものの、まだまだバズワードの域を出...(2015/8/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
目的も用途も異なる全くの別物? 「グループウェアとSFAの違い」とは
 SFA(営業支援システム)の機能を見ると、スケジュール管理機能があり、案件管理機能があり、グループウェアと大差ないように思える。そのため、SFAを導入するより、既存のグループウェアを使って営業強化を図ればよいのではないか、という発想が生まれてくる。 しかし...(2015/6/11 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
国内最大級の無線LANスポット提供企業に聞くDevOps実践、ツール選びで何を重視した?
 公衆無線LANサービスで国内最大級のスポット数を持つワイヤ・アンド・ワイヤレス。訪日外国人に対して無償で公衆無線LANサービスを提供したり、最近では国内に幅広く展開したアクセスポイントの利用動向を把握し、マーケティング情報として企業に提供するサービスも始め...(2015/6/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
最新ネットワーク技術導入戦略ガイド
 ネットワークの世界は常に新しいトレンドや技術に流され、会社のネットワークを効率的に運用するという基本を忘れがちだった。そのネットワークが今、社内にあるのか、離れた場所のデータセンターにあるのか、あるいはパブリック/プライベートクラウドにあるのかは、ほ...(2015/5/27 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
広尾学園 中学校・高等学校が導入したiPadアプリ一覧表
 私立の中高一貫校である広尾学園 中学校・高等学校は、米Appleのタブレット「iPad」を中心に、さまざまなIT製品を授業や学校生活に生かしている。2011年度と比較的早期にiPadを導入したタブレット活用の先進校として、同校の取り組みを参考にする教育機関は多い。 本資...(2014/10/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
グローバルタレントマネジメントの第一歩をクラウドで――コスト低減と事業促進に貢献する人財活用法とは
 日本企業が海外での競争に勝ち抜くために、人事戦略として、国内外を問わず優秀な人財の採用や育成、公正な評価と処遇、適所適材に基づく戦略的な配置、といった方針にシフトしている。そのためには、社員の能力や知識、経験、志向などを把握し、より適した育成や効果的...(2014/10/3 提供:SAPジャパン株式会社)

レポート
【検証レポート】仮想環境でのバックアップソフトの真価を検証する5つのキーワード
 サーバー仮想化は、設備コストや管理コストの削減などさまざまなメリットがあり、導入企業は増える一方だ。だが、導入と同時に企業のIT部門は、仮想マシンと物理マシンを保護する最適な方法について頭を悩ませることになる。2014年にESGが行ったアンケートでは、仮想サ...(2014/6/27 提供:株式会社シマンテック)

レポート
徹底検証、SNSはメールの代用となるのか?
 日常の業務に欠かすことの出来ない電子メールだが、毎日大量のメールが飛び交うため、「メールに対応するだけで1日が終わる」「大事なメールが埋もれてしまう」など不満の声も少なくない。その解決策として企業内ソーシャルが注目されているが、果たしてメールの代わり...(2014/6/2 提供:Zimbra Japan 合同会社)

講演資料
テスト自動化を成功させる秘訣とは?
 米スタンディッシュ・グループの「Chaos Report 2009」によると、ソフトウェア開発プロジェクトの統計では「68%のプロジェクトが成功していない」「50%のプロジェクトが遅延」といった結果が出ている。ITプロジェクト失敗の原因トップ5は「顧客のプロジェクトへの関与...(2014/2/12 提供:マイクロフォーカス株式会社)

講演資料
エンタープライズ・アジャイルによる開発手法の変革〜中電シーティーアイの挑戦〜
 激しく変化し続けるビジネス環境において、ユーザーが、「よりタイムリーに、より価値ある IT」を、情報システムに求める期待が増しています。従来型開発プロセスでは対処できないことは周知の事実であるものの、実際の改善には、エンタープライズ特有の多くの制約が存...(2013/10/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
トラブルの7割は「人」起因!
 トラブルの7割は「人」起因で発生している(NRI調べ)。内訳を調べてみると「オペレーションミス」や「不可抗力」だけでなく、「運用ミス」「考慮もれ」などの比率も思いの外高い。これらの障害は、特に変更管理やリリース管理を徹底することにより減らすことが可能で...(2013/8/30 提供:株式会社野村総合研究所)

技術文書
エンタープライズ・ソーシャルウェアの変革力。6つの実践テクニック
 企業のコミュニケーション環境は今、さまざまな課題に直面し、大きな転換期を迎えている。グローバルにビジネスを展開する企業では、拠点間や部門間の壁を越えていかに従業員のモチベーションを高め、全社的な意思統一や情報共有を図っていくかが課題となっている。また...(2013/5/27 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading