「Appleセキュリティバウンティ」は改善したのか【第3回】
「Appleの脆弱性対策にはまだ問題がある」――研究者が抱く“あの疑念”
Appleは「Appleセキュリティバウンティ」で脆弱性の報告を受け付け、報告者への応対の改善に取り組んでいる。一方でいまだに不信感を抱く研究者の声は消えない。どのような懸念があるのか。(2022/5/24)

ウクライナのインフラを狙うロシア【後編】
ウクライナ電力網の停止を狙ったマルウェアが「他の地域にも広がる」は本当?
ウクライナの電力施設へのサイバー攻撃に悪用された「Indestroyer2」には、セキュリティ専門家が懸念する特徴が存在する。どのような問題があるのか。(2022/5/19)

ウクライナのインフラを狙うロシア【前編】
ロシアがウクライナ電力網をサイバー攻撃で止めようとした? その狙いと手口
ウクライナの電力施設の産業用制御システムを狙ったサイバー攻撃が観測された。セキュリティ機関は、この攻撃がロシア政府の支援を受けた攻撃者によるものとみる。具体的な攻撃の手口とは。(2022/5/13)

「Microsoft Remote Procedure Call」に脆弱性
Windowsに見つかった「RPC」の危ない脆弱性 パッチ未適用PCは全滅か?
「Windows」の重要なネットワークコンポーネントである「RPC」に脆弱性が見つかった。急速な被害拡大の可能性があると専門家は警鐘を鳴らす。何が危険なのか。実害を防ぐにはどうすればいいのか。(2022/5/11)

Metaが手掛けるスパコン開発【第3回】
Meta(旧Facebook)の自前スパコン「RSC」が直面する環境と倫理の大問題
Meta Platformsが開発したスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)は、幾つかの問題を抱えていると専門家が指摘する。主な問題は「環境問題」と「倫理問題」だ。(2022/5/9)

Chromeゼロデイ脆弱性悪用 その狙いと手口【前編】
北朝鮮の攻撃者グループが「Chrome」脆弱性を悪用か 経済制裁の抜け穴に?
「Chrome」のゼロデイ脆弱性を北朝鮮の攻撃者グループが悪用したとGoogleが明かした。攻撃の詳細は。攻撃者グループの意図とは。(2022/4/21)

Metaが手掛けるスパコン開発【第1回】
Meta(旧Facebook)が“AIスパコン”を独自開発 その目的は?
Meta Platformsは、機械学習モデルをトレーニング可能なスーパーコンピュータ「AI Research SuperCluster」(RSC)の開発を進めている。専門家が考える、同社にRSCが不可欠な理由とは。(2022/4/18)

Microsoftのハイブリッドワーク支援戦略【前編】
在宅組と出社組間の“あの違和感”を解消する「Teams」「Outlook」の機能とは
Microsoftは「Teams」と「Outlook」を強化し、ハイブリッドワーク向けの機能を充実させる。「今日はテレワークか、オフィスワークか」を気軽に選びやすくする、会議の調整機能やWeb会議の画面レイアウトとは。(2022/4/15)

Windows 10でボツになった悲しい過去
Windowsユーザーが切望したあの「タブ機能」をWindows 11が搭載?
エクスプローラーのタブ機能をWindowsユーザーは待望していた。Windows 10がこのタブ機能を搭載することはなかったが、「Windows 11」で実現する可能性が出てきた。具体的にどのような状況なのか。(2022/4/11)

医療分野に勝機を見るAmazon【前編】
Amazonが「Amazon Care」で医療サービスに本腰 遠隔医療市場が拡大へ
Amazon.comは北米向け医療サービス「Amazon Care」の提供地域を拡大させ、米国全土で遠隔医療サービスを利用できるようにする。これにより遠隔医療市場の潜在顧客が大きく広がる可能性がある。(2022/4/8)

マーケティングチャネルとしての存在感を増す音声SNS
Amazon版Clubhouse「Amp」の本命用途は遊びじゃなくて“あの用途”
Amazonは北米で音声SNS「Amp」のβ版を提供開始した。「Clubhouse」や「Twitter Spaces」など、音声SNSは企業の新たなマーケティングチャネルとなりつつある。アナリストが注目するAmpの用途は。(2022/4/7)

モバイルデバイスでの仮想デスクトップ利用に取り組むSamsung
PCはもういらない? 「Galaxy」のサブディスプレイ化がVMware Horizonで可能に
Samsungは「Galaxy」シリーズと外付けディスプレイの組み合わせで、「VMware Horizon」の仮想デスクトップを利用可能にした。PCなしでのデュアルディスプレイを実現する、この機能の意味とは。(2022/4/6)

「ビジネス向けメタバース」の光と影【中編】
メタバースがハラスメントの舞台に――専門家が危機意識
MicrosoftやMetaなどのベンダー各社が力を入れ始めた「メタバース」。今後の成長を占う上で避けられないのが、メタバースにおけるハラスメントの問題だ。(2022/4/6)

CDN(コンテンツデリバリーネットワーク)とは何か【第1回】
いまさら聞けない「CDN」 高速コンテンツ配信のメリットと使わないリスク
画像や動画を中心とするWebコンテンツが普及するにつれ、CDNを利用する企業の動きが広がってきた。なぜ、さまざまな企業がCDNに頼るようになったのか。CDNを使わないことによるリスクとは。(2022/4/5)

「劇的ではない」が便利になる
Androidのささやかでも便利な機能とは? iPhoneユーザーとの会話もスムーズに
「Android 6」以降では、2022年3月以降のアップデートでSMS用アプリケーション「Message」に新機能が加わる。アナリストが「劇的ではないが便利だ」と評価する、それらの機能とは。(2022/4/5)

NASAとMicrosoftがDSNで進めるクラウド協業の中身【後編】
NASAが「Azure Quantum」で実現した“爆速計算”の中身 2時間の計算が2分に
NASAのジェット推進研究所(JPL)は、Microsoftの「Azure Quantum」を利用し、通信網「ディープスペースネットワーク」(DSN)に関するスケジュール作成の迅速化に取り組んだ。どのような効果が得られたのか。(2022/3/29)

「VBAマクロ」の抑え込み【後編】
Microsoftの「VBAマクロ」原則ブロックを専門家が称賛 中には“苦言”も
「Microsoft Office」ファイルの標準設定を変更し、VBAマクロを悪用した攻撃を防ごうとするMicrosoftの取り組みを、専門家はどうみているのか。歓迎の声が上がる中、同社を批判する意見もある。(2022/3/22)

「VBAマクロ」の抑え込み【中編】
VBAマクロ“原則ブロック”後に「Office」でマクロを実行する方法
ダウンロードした「Microsoft Office」ファイルは有害なマクロを含む可能性がある。対策としてMicrosoftはOfficeファイルのマクロを標準で無効にする。実行が必要なマクロがある場合、企業はどうすればよいのか。(2022/3/15)

“インターネットの次の波”に乗るMicrosoft
「メタバースはゲーム用」ではない? Microsoftが積極投資する“本当の理由”
Microsoftが投資を活発化させているのが「メタバース」だ。ゲーム大手買収もメタバース事業強化の一環だが、Microsoftはメタバースをゲームのためだけの技術だとは捉えていない。同社の狙いとは。(2022/3/13)

「SEOポイズニング」攻撃の実態【中編】
検索結果からマルウェアに誘導 「SEOポイズニング」3つの方法とは?
SEOを悪用して有害なWebサイトに誘導する「SEOポイズニング」攻撃は、実際のサイバー攻撃においてどのように悪用されているのか。マルウェア「SolarMarker」の配布に使われた攻撃を例に、具体的な方法を探る。(2022/3/11)

Googleセキュリティ強化策の効果と反発【前編】
Googleアカウントの「2段階認証」が標準で有効に Googleの狙いは?
Googleは2021年10月、「Googleアカウント」の2段階認証を標準で有効にした。なぜこうした措置に踏み切ったのか。その意図を探る。(2022/3/10)

「VBAマクロ」の抑え込み【前編】
“怪しいVBAマクロ”を原則ブロック 「Office」標準設定変更の狙いは?
企業へのサイバー攻撃に広く使用されてきたVBAマクロの対処に、Microsoftが乗り出した。「Microsoft Office」アプリケーションの標準設定を変更し、VBAマクロを原則ブロックするように決断した背景とは。(2022/3/8)

「市民向け健康増進アプリ」の政策【後編】
肥満の健康リスクを「ヘルスケアIT」で解消したい英国政府、市民の懸念は
英国政府は、自治体が市民に提供する健康増進アプリケーションの実証実験を支援している。政府がヘルスケアITツールの普及を推進する狙いと、市民が懸念する「個人情報保護」の問題は。(2022/3/8)

「SEOポイズニング」攻撃の実態【前編】
「SEOポイズニング」復活の“謎” SEOを攻撃に悪用する手口
検索エンジンの結果に有害なWebサイトが表示されやすくする「SEOポイズニング」は、新しい攻撃手法ではない。ただしSophosの調べによると、SEOポイズニング攻撃に“変化”が起きている可能性がある。それは何か。(2022/3/4)

法人向けSSDへのキオクシアの一手【中編】
「2.5型SSD」を代替 フォームファクタが変わる“次世代SSD”とは?
NVMe接続SSDは「PCIe 4.0」のストレージインタフェースが主流となりつつある中で、キオクシアは「PCIe 5.0」に準拠し、フォームファクタに「EDSFF E3.S」を採用した製品を発表した。法人向けSSDはどう変わるのか。(2022/2/28)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第5回】
ホームセンター大手が売り上げ増加に生かす「CX」向上施策とは?
従来型店舗とEコマースの融合でCXを向上させ、売り上げの増加を狙うHome Depot。DIY計画の策定支援から材料、工具の購入まで、顧客に寄り添った情報提供に注力する同社の取り組みとは。(2022/2/10)

プログラマーにうまくアドバイスする心理的テクニック【前編】
同僚プログラマーの機嫌を損ねずにミスを指摘できる“魔法の質問”
プログラミングで重視すべき項目や、より良いソースコードをチームで作り上げるこつは何だろうか。エンジニアの実体験を基に解説する。(2022/2/4)

「Discord」を襲う脅威【後編】
「Discord」攻撃から見える、「公開リポジトリ」が狙われやすくなった理由
「Discord」ユーザーを狙うマルウェアが見つかったことに際して、セキュリティ専門家はオープンソースソフトウェアのリポジトリを悪用する攻撃への注意を促している。その背景は。(2022/2/1)

英国調査から見る「ネットバンクとの付き合い方」【後編】
「APP詐欺」の恐ろしさとは? 銀行を脅かす新たな脅威
金銭のやりとりが発生する銀行サービスは、サイバー犯罪者の格好の標的だ。「APP詐欺」などの新たな手口が広がる中、銀行は被害防止に向けて、業界の垣根を越えた協力を求めている。(2022/1/26)

APIセキュリティへの懸念【第3回】
「危ない『API』」はこうして生まれる
企業やIT製品/サービスがAPIを利用する機会が増えるにつれて、APIを狙う攻撃が活発化している。APIへの攻撃の実態や懸念点と、セキュリティ強化に向けた取り組みを紹介する。(2022/1/19)

「Discord」を襲う脅威【前編】
「Discord」アカウントが乗っ取られる? 見つかった悪質パッケージの危険性
DevOpsツールベンダーのJFrogが、「Discord」ユーザーを狙った悪質なパッケージを発見した。パッケージがDiscordユーザーに害を与える仕組みや危険性を解説する。(2022/1/18)

ギーク向けプレゼント選定ガイド【前編】
技術オタクへの贈り物に「16インチMacBook Pro」は高過ぎる? 賢い代替案は
ギーク向けプレゼントを選ぶなら、テレワークの効率向上に役立つアイテムを選んでみてはいかがだろうか。値の張るアイテムを贈るのが難しい場合でも、代替策は豊富にある。(2021/12/31)

管理者権限を不正に取得可能
「Windows Installer」に“凶悪”な脆弱性 専門家が危惧する理由は?
「Windows Installer」の脆弱性「CVE-2021-41379」に亜種が見つかった。専門家によると、CVE-2021-41379のパッチとしてMicrosoftが配布した更新プログラムでも、この亜種を修正できない。その危険性とは。(2021/12/31)

マルチチャネルマーケティングの実例5選【第1回】
一流ブランドが実践する「マルチチャネルマーケティング」の鉄則
効果的なマルチチャネルマーケティングを実践している企業は、ブランドリーチとメッセージング、一貫性、エンゲージメント、体験を重視している。重要なのはそれを顧客が好む手段で提供することだ。その具体策とは。(2021/12/24)

Appleの脆弱性への姿勢に疑問の声【前編】
Appleの「macOS」修正姿勢に専門家が批判 「なぜパッチをすぐ配布しないのか」
Appleが脆弱性を修正する一連の行動について、セキュリティベンダーMalwarebytesが問題を提起した。批判の焦点はどこにあるのか。(2021/12/22)

「既定ブラウザを選択する権利」はどこに
「Edge」じゃないとリンクを開けない? Microsoftが“Edge推し”を極める理由
「Windows 11」で「Microsoft Edge」以外のWebブラウザを使ってリンクを開くことができなくなる可能性を巡り、IT専門家やユーザーの議論が白熱している。Microsoftは何を考えているのか。(2021/12/18)

顔認識技術の行く末【前編】
Facebook「顔認識機能を廃止」決定に疑いの目 「本当の本当に廃止するのか」
Facebookは、顔認識機能の廃止と、それに伴う幾つかの機能廃止を発表した。この動きに疑いの目を向ける専門家がいる。何が問題なのか。(2021/12/10)

「Microsoft Loop」とは何か【前編】
Microsoft Loopの理解に必要な「Loopページ」「Loopコンポーネント」「Loopワークスペース」とは?
Microsoftは、「Microsoft 365」のアプリケーションで横断的に使える「Microsoft Loop」を発表した。どのような製品なのか。主要な3つの構成要素を解説する。(2021/12/2)

「習うより慣れろ」が肝心
ZoomやTeamsで使える「ホワイトボード」機能とは? 使いこなすヒントは
「Zoom」や「Microsoft Teams」に標準搭載されているホワイトボード機能の基本的な使い方を解説する。難しい描画ツールではないので、慣れておくことが肝心だ。(2021/11/9)

Appleとバグハンターの“対立”【後編】
脆弱性を探すバグハンターは、なぜAppleにうんざりするのか
「iOS」脆弱性の詳細公表に踏み切ったセキュリティ研究者は、脆弱性に対するAppleの姿勢を批判した。これまでもバグハンターの間では、Appleへの不満がくすぶっていたという。どういうことなのか。(2021/10/31)

Appleとバグハンターの“対立”【前編】
セキュリティ研究家が“怒り”の公開 Apple「iOS」3つの脆弱性とは
あるセキュリティ研究者が、「iOS」に存在する3件の脆弱性の詳細を公表した。それぞれどのような脆弱性なのか。悪用されるとどのような影響があるのか。(2021/10/29)

Exchange「Autodiscover」の脆弱性とは【前編】
「Exchange」の“設計上のミス”が招いた情報漏えいとは?
セキュリティベンダーGuardicoreは、「Exchange Server」「Exchange Online」の自動検出機能「Autodiscover」の脆弱性を発見した。同社の検証から分かった情報漏えいの仕組みや規模はどのようなものか。(2021/10/26)

宇宙の商業化を支えるコンピュータ【後編】
国際宇宙ステーション(ISS)がわずか“毎秒250KB”でゲノム解析できる理由
人々が宇宙に滞在する未来に向けた実験に、国際宇宙ステーション(ISS)とクラウドサービスを接続するシステムが活躍している。具体的にどのような仕組みなのか。(2021/10/26)

宇宙の商業化を支えるコンピュータ【前編】
宇宙からのクラウドバースト? 国際宇宙ステーション(ISS)のゲノム解析方法
国際宇宙ステーション(ISS)に電子レンジサイズのコンピュータが配備され、人類の未来を担う、ある研究が進んでいる。宇宙で膨大なデータを扱うその仕組みとは。(2021/10/18)

「ハイブリッドワーク」への移行に挑む
テレワーク特需で稼いだZoomは、自社の“脱テレワーク依存”をどう進めるのか?
Zoomは自社のWeb会議ツールを使って、テレワークとオフィスワークを組み合わせたハイブリッドワーク移行に取り組もうとしている。テレワーク特需の恩恵を受けた同社が考える、ハイブリッドワーク移行のポイントは。(2021/10/13)

TechTarget発 世界のITニュース
新しいランサムウェア「BlackMatter」現る 実体は姿を変えた「REvil」の可能性も
2021年7月に新しいランサムウェア「BlackMatter」が出現、作成者はサイバー攻撃者を“募集”している。ランサムウェア「REvil」が犯罪者フォーラムを利用禁止になった直後というタイミングから、2つの密な関係が浮かび上がっている。(2021/9/27)

データ分析やWebアプリ開発のための無料仮想アプライアンス5選【前編】
無料で使える、「WordPress」をすぐ利用できる仮想アプライアンスとは?
データ分析やWebアプリケーション開発に役立つ仮想アプライアンスが幾つかある。こうした仮想アプライアンスのうち、無料で利用可能な「Elastic Stack」と「Bitnami WordPress Stack」の機能と用途を説明する。(2021/8/19)

「JEDI」から「JWCC」へ 変動の米国防総省クラウド【後編】
米国防総省の新クラウド「JWCC」契約の勝者はMicrosoftかAWSか、それとも……
米国防総省(DoD)はクラウドに関する新しい取り組み「JWCC」を立ち上げた。DoDは最終的にどのベンダーを採用するのか。(2021/8/11)

Neatframe、Poly、Logitechなどが専用カメラを販売
「Zoom Rooms」の注目機能「Smart Gallery」とは? テレビ会議の盲点「会議室で隣同士の人を分割表示できない」問題を解消
1人の会議参加者を1つの枠に表示する――。テレワークで当たり前になったこの画面レイアウトを、会議室内の参加者に適用しようとすると途端に難しくなる。この見逃しがちな課題に対処しようとしているのがZoomだ。(2021/7/22)

「Visual Studio Marketplace」があるのに「Open VSX Registry」が必要な訳
無料の人気エディタ「Visual Studio Code」の拡張機能が抱える“厄介な問題”
「Visual Studio Code」用拡張機能を提供するマーケットプレース「Visual Studio Marketplace」。オープンソースの「Open VSX Registry」はその代替を目指すという。Visual Studio Marketplaceだけでは駄目なのか。(2021/5/31)