2010年12月14日 08時00分 公開
特集/連載

Windows環境の管理者はクラウドに及び腰──興味はあるがまずは調査IT部門はなぜクラウド導入を「時期尚早」と考えるのか

Microsoftはパートナー企業とともに「Hyper-V Cloud」を発表し、企業によるプライベートクラウド導入を促進しようとしている。だが、多くのIT管理者が時期尚早と考えているようだ。

[Margie Semilof,TechTarget]

 米Microsoftはパートナーと連携し、プライベートクラウドの構築に必要なシステム要素をテスト・検証済みのさまざまな構成で提供する取り組みなどの包括的なプログラムを実施することで、保守的な顧客企業にクラウドコンピューティングの導入を促したいと考えている。

 この「Hyper-V Cloud」プログラムは、2010年11月にドイツのベルリンで開催されたMicrosoftのTechEd Europe 2010カンファレンスで発表された。このプログラムでの同社のパートナーには米Dell、米Hewlett-Packard(HP)、米IBM富士通日立NECなどが名を連ねている。Hyper-V Cloudプログラムは、プライベートクラウド用のサーバストレージ、ネットワーク機器や各種ソフトウェアを、検証済みのさまざまな構成で提供する取り組みや、既存システムを活用したプライベートクラウド構築のためのツールや技術情報を提供するプログラムなどを通じて、平均的な企業IT部門がプライベートクラウドを容易に構築することを可能にする。

 だが、Hyper-V Cloudによってプライベートクラウドが構築しやすくなるかどうかにかかわらず、Windows環境を利用する企業の大半では、ITマネジャーは現状に手を加えたがらない。こうしたITマネジャーは、クラウドコンピューティングやSaaS(Software as a Service)モデルに関心はあるが、「現在のオンプレミス(自社運用)型コンピューティング環境に代わる信頼できる環境を構築するための要素を、ベンダーはまだ網羅していない」という認識が根強い。

 多くのIT担当者は、現在のクラウドの選択肢では、当局の規制に対応できないと確信しているほか、これらの選択肢におけるデータの管理方法に不安を感じている。また、現在の製品は複雑だという印象も持っている。しかし、恐らく彼らにとって最悪なのは、クラウドの導入に伴って誰かが職を失う恐れがあることだろう。ITアーキテクトは無事かもしれないが、定型的な管理作業を担当するIT管理者は万事休すかもしれない。

ITmedia マーケティング新着記事

news148.jpg

コロナ禍で「たすけあいの意識」が高まったと回答した人が66.9%――こくみん共済 coop調査
コロナ禍の意外な効用? 人と人との「たすけあい」の気持ちが強くなっているという調査...

news056.jpg

企業コミュニケーションの「ニューノーマル」を語ろう
マーケティングやPRの従事者は今、かつてない難問を突きつけられている。「3密」回避など...

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...