2013年11月18日 08時00分 UPDATE
特集/連載

機能も価格もSurfaceと酷似「Surface競合タブレット」をNokiaが発表、買収するMicrosoftの胸中は

「Surface 2/Pro 2」の投入で市場シェア拡大を目指すMicrosoft。一方、同社が買収するNokiaの携帯端末部門も、Surfaceの競合とも取れるタブレットを発表。両者の思惑とは?

[Diana Hwang,TechTarget]

 2013年10月、米MicrosoftとフィンランドのNokia、米Appleが、私物端末を仕事でもプライベートでも使う購入者をターゲットにした新製品をそろって販売開始し、タブレット戦争がヒートアップしている。

 Microsoftは、米国内の10都市で深夜のローンチイベントを開催。新しい「Surface 2」と「Surface Pro 2」をお披露目した。ボストンで開催されたこのローンチイベントに参加したビジネスユーザーは、新しいSurfaceBYOD(私物端末の業務利用)用に購入すべきかどうか吟味していた。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...