2014年07月17日 15時00分 公開
特集/連載

オフィス外に拡張する802.11ac「どこでもギガビット無線LAN接続」、最初のユーザーは誰?

米Extreme Networksは同社の無線LAN製品「IdentiFi」にIEEE 802.11ac対応の屋外用Wi-Fiアクセスポイントを追加。オフィスの外でもギガビットレベルのWi-Fi速度が実現できるようになった。

[Gina Narcisi,TechTarget]

 米Extreme Networks(以下、Extreme)が最近公開したIEEE 802.11n対応の屋外用Wi-Fiアクセスポイントは、同社が大規模な公共の会場、カンファレンスセンター、大学のキャンパスといった環境のニーズに合わせて拡張できることを証明した。米国全土のNFLスタジアムはその一例だ。そして、最新の3865eシリーズではIEEE 802.11acに対応。大きなキャンパスや会場で、建物の内外を問わずモバイルデバイスやWi-Fi対応のウェアラブルデバイスに快適なWi-Fi接続環境が提供される。

キャンパスをつなぐ屋外用アクセスポイント

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

新型コロナウイルス感染拡大に関する不安 「経済への打撃」が「多くの死者が出ること」を上回る
McCann Worldgroupが世界14カ国で実施した意識調査の結果、政府の対応体制が「整っている...

news145.jpg

「70歳までの就労意識」をテーマとした調査を実施――富国生命調査
長期的に働く上でのリスクトップ3は「病気」「就業不能状態」「入院」。