2014年07月24日 08時00分 公開
特集/連載

縁の下の力持ち「Microsoft Azureストレージ」の3つの機能を使い分けるMicrosoft Azureスマート解説【第5回】

「Microsoft Azure ストレージ」には、3種類のストレージが用意されている。これらのストレージは、格納するデータの性質やサイズ、格納後の利用方法、実装の際に適用するデザインパターンなどに応じて使い分ける。

[日山雅之,FIXER]

Microsoft Azure ストレージとは

 「Microsoft Azure ストレージ」とは、さまざまな種類のデータを格納するためのサービスである。ストレージの種類として、「BLOB」「Table」「Queue」の3種類のストレージが用意されている。これらのストレージは、格納するデータの性質やサイズ、格納後の利用方法、実装の際に適用するデザインパターンなどに応じて使い分ける。

 BLOBはオブジェクトストレージおよびブロックストレージである。主に、大量の非構造テキストやビデオ、オーディオ、画像などのバイナリデータを格納するために使用する。Tableは分散Key-Valueストア(分散KVS)で、アプリケーションのログデータなどの半構造化データを格納するために使用する。Queueはメッセージキューの機能を持ったストレージだ。主にアプリケーション間でメッセージをやりとりするために使用する。

 本サービスでは、ストレージアカウントという単位で管理を行う。1ストレージアカウントに対してBLOB、Table、Queueを複数個作成することができ、1ストレージアカウント当たり最大500Tバイト(2014年7月24日時点)のデータを格納することができる。そのため、よほどのことがない限り、データ容量を気にせずに使用することができる。

図1 3種類のストレージ

堅牢にデータを格納する仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...