2016年02月22日 08時00分 UPDATE
特集/連載

「セーフハーバー協定」に代わる新しいフレームワーク欧米間の個人データ移転に関する新協定「プライバシーシールド」とは? (1/2)

欧州連合(EU)と米国は、大西洋を渡るデータの移転に関するセーフハーバー協定の代替としてプライバシーシールドに合意した。だが、プライバシーとデータの保存場所に関する法律と倫理の問題はどうなるのだろうか。

[Peter Loshin,TechTargetジャパン]
リリース 欧州委員会と米国の商務省による発表(画像は欧州委員会Webサイトより)《クリックで拡大》

 2016年2月2日(現地時間)に欧州連合(EU)と米国は大西洋を渡るデータの移転に関する新しいフレームワークに合意した。これは「EU米国間プライバシーシールド」(プライバシーシールド)と呼ばれ、セーフハーバー協定に代わるものとして制定した。

 プライバシーシールド協定により、多国籍企業は、市民にプライバシーの保護を提供しながらデータの移転が可能になる。また、プライバシーの権利を侵害していると考えられる場合には、救済手段も提供する。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

UberとLinkedInが初ランクイン テクノロジーブランドはなぜ強い?――「Best Global Brands 2019」
世界のブランド価値評価ランキング「Best Global Brands 2019」トップ3は不動のApple、Go...

news033.jpg

社名に「令和」を含む企業は全国で何社ある?――東京商工リサーチ調べ
即位礼正殿の儀を前に新設法人334社、社名変更で97社の「令和」企業が生まれています。

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...