2016年08月23日 15時00分 公開
特集/連載

次世代ネットワークに安全移行、失敗をしない3つのアプローチ準備が問題の大半を占めるネットワーク移行(1/2 ページ)

既存のネットワークインフラを次世代ネットワークに移行する場合、変更に伴うリスクの大きさを考えなければいけない。そのリスクを考慮した移行の方法を紹介する。

[Tom Nolle,TechTarget]
OSI参照モデル(「ネットワークの基本「OSI参照モデル」とは何か?」より)《クリックで拡大》

 旅行については「準備も楽しみのうち」といわれるものだが、ネットワーク移行の場合、準備が問題の大半を占めている。

 次世代ネットワークを広範囲にわたって急速に起こっている革命と見なすのは興味深い。革命には心が躍るかもしれない。だが、既存のネットワークインフラの計り知れない価値やテクノロジーの大幅な変更に伴うリスクの大きさを考えると、従来のソフトウェアとハードウェアを全てアップグレードする「フォークリフトアップグレード」は、現実的な選択肢ではない。未来へと進むために小さなステップを踏まなくてはならないのは確かだが、「どのように」ステップを踏むかが問題だ。そこで、次世代ネットワークへの移行を組み立てる主な方法として「階層型」「地理型」「サービス指向型」の3つを見てみよう。

階層型のネットワーク移行アプローチ

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news113.jpg

「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ 実店鋪とネットショップのデータを一元管理可能に
ヘイの「STORES プラットフォーム」にPOSレジアプリ「STORES レジ」が加わった。新サービ...

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...