2019年03月07日 09時00分 公開
特集/連載

ネイティブか、サードパーティーかAPI管理ツール比較:AWS、Microsoft、Googleの戦略と主要製品は

企業にとってAPIの重要性や、APIを適切に管理する必要性が増している。本稿ではクラウドサービスを利用したアプリケーション開発におけるAPI管理ツールの選び方について解説する。

[Tom Nolle,TechTarget]
画像

 APIは、クラウドアプリケーションの開発と連携に関する全ての戦略において重要な役割を果たしている。パブリッククラウドベンダーは、APIを開発・管理するためのツールを速やかに提供しているが、サードパーティーやオープンソースという選択肢を検討する価値もある。

 クラウド開発者がどの種のツールを使用すべきかは、さまざまな要素に左右される。

ネイティブツールの場合

 APIの管理とは、APIの開発・テスト・監視と、レスポンシブなホスティングフレームワークを管理してAPIベースのサービスをユーザーに提供することを指す。前者は開発プロセスに重点を置く。後者は作業の配分、または負荷分散やオーケストレーションのような機能の組み合わせに重点を置く。こうした業務は通常、運用スタッフが担当する。その際運用スタッフは、企業が使用する特定のホスティングリソースに合わせた調整をしなければいけない場合がある。

 パブリッククラウドベンダーは、開発に関連するAPI管理ツールを、導入やパフォーマンス管理用のツールと統合する傾向がある。

 そのようなAPI統合管理ツールの例として、Amazon Web Services(AWS)の「Amazon API Gateway」、Microsoftの「Azure API Management」、Google Cloud Platform(GCP)の「Apigee APIプラットフォーム」がある。これらのツールは、各クラウドベンダーの技術的なフレームワークと市場開拓アプローチの両方を反映している。特定のクラウドベンダーのAPIツールを採用することは、そのベンダーのクラウドアーキテクチャとAPIの構想全体も受け入れることを意味する。

 このことが、マルチクラウドを導入する企業にとって問題になる恐れがある。各クラウドベンダーのAPIやサービス構造に関する戦略はそれぞれ異なり、それぞれのクラウドサービスをまとめて扱う際に大きな問題が発生する場合があるためだ。

 AWS、Microsoft、Google各社のAPI戦略は次のとおりだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news033.jpg

ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本に...

news019.jpg

「ラグビーワールドカップ2019」がおじさんの心を動かす――CCC調査
「ラグビーワールドカップ2019」が日本で開催されたことで日本人のラグビー愛にどう変化...

news044.jpg

誰のためのBI? 本当の「アナリティクスの民主化」って? マイクロストラテジー・ジャパン社長に聞く
「エンタープライズBI+セルフサービスBI」を掲げるMicroStrategy。同社日本法人社長に話...