2019年12月11日 05時00分 公開
特集/連載

「Wi-Fi 6」と「5G」の類似点と相違点 使い分けのポイントは?「Wi-Fi 6」「5G」共存の可能性を探る【前編】

「Wi-Fi 6」と「5G」は組み合わせて使用できる可能性が高い。それを検討する上で、まずはそれぞれの利点を整理し、違いを把握しておくことが重要だ。

[Luke O'Neill,TechTarget]

 無線LANの新規格「IEEE 802.11ax」(業界団体Wi-Fi Allianceの製品認証プログラム名称「Wi-Fi 6」)と「5G」(第5世代移動体通信システム)の併用に向けた検討が進んでいる。調査会社IDCのアナリストによると、企業はこれら2つの新たなネットワーク技術を両方とも導入する方法を模索しているようだ。

 企業はWi-Fi 6と5Gの併用に関して、運用、プロビジョニング、追跡、監視といった分野で併用する方法を探っている。Wi-Fi 6と5Gの両方のサービスを提供するネットワークベンダーは、併用する方法を顧客に示す必要がある。これら2つのネットワークを併用できれば、ネットワークベンダーは新たな商機を、企業は新たな用途を見いだすことができる。

 IDCは、Wi-Fi 6と5Gはどちらか一方が他方に取って代わるものではなく、両方とも企業のネットワークとして浸透すると予測している。企業はどのようなユースケースでWi-Fi 6と5Gが適するのかを知っておく必要がある。

Wi-Fi 6と5Gの利点とユースケース

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

リモートワークや時差出勤の導入状況を企業IPアドレスへの接続状況で読む――インティメート・マージャー調査
ゴールデンウイーク明けは全国的に企業IPアクセス数の割合が増えています。ということは...

news133.jpg

IoT環境における「モノと人との会話」 男女で傾向の違いあり――博報堂DYメディアパートナーズがVRで調査
モノに話しかけられると、女性は会話を楽しみ、男性はイライラすることがあるようです。

news104.jpg

新型コロナが加速するオンライン商談、過半数の企業が導入――ベルフェイス調査
訪問しない「オンライン商談」の導入がコロナ禍で急増しているようです。