2020年07月28日 05時00分 公開
特集/連載

「無料VPN」はなぜ危険なのか? 後継技術「SDP」とは?「VPN」の誤解と現実【後編】

「VPN」は時代遅れだと主張する声もあるが、当面はVPNが広く利用され続ける見通しだ。ただし拙速なVPNの利用には注意が必要な場合もある。それは何だろうか。VPNの後継と目される技術と合わせて解説する。

[Michaela Goss,TechTarget]

 「VPN」(仮想プライベートネットワーク)製品・サービスの中には無料で利用できる「無料VPN」製品・サービスがある。無料であることは中堅・中小企業がIT予算を節約するためには役立つ可能性はあるし、リスクがないのであればそれで十分だと考えることもできる。

 ITコンサルタントのポール・カーバン氏は、こうした無料VPN製品・サービスについて「『無料』だと宣伝しているからといって、一切コストがかからないと考えることはお勧めしない」と注意を促す。

無料VPNにはリスクも

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news056.jpg

急成長のデジタルライブエンターテインメント市場、2024年には約1000億円規模に――CyberZとOEN調査
音楽や演劇などライブコンテンツのデジタル化が急速に進んでいます。今後の見通しはどう...