2021年01月09日 05時00分 公開
特集/連載

Google Workspaceは「ストレージ容量無制限」を廃止 既存ユーザーへの影響は「G Suite」からのユーザーは要確認

「G Suite」は「Google Workspace」への改称に伴い、無制限のストレージ容量が利用できるプランを廃止した。G Suiteのユーザー企業はどのような影響を受けるのか。

[Mike Gleason,TechTarget]

 Googleは、オンラインオフィススイートの「G Suite」を「Google Workspace」に改称した。同社はGoogle Workspaceでアプリケーション同士をより緊密に連携させる方針を打ち出し、ビジネスチャットやWeb会議、メールのユーザーインタフェース(UI)を統一した。

G Suiteユーザーが受ける影響は

 名称だけではなく、G SuiteとGoogle Workspaceではサービスの内容も異なる。G Suiteには容量無制限のストレージ容量を利用できるプランがあるが、Google Workspaceのプランは全てストレージ容量に上限がある。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学...

news066.jpg

Snowflakeデータマーケットプレイスが目指すもの クラウドDWHから他社データ活用、そして自社データ収益化へ
2020年9月に新規株式公開(IPO)を果たし、時価総額が一時約700億ドルとなって話題を呼ん...

news007.jpg

「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2021年6月)
デジタル需要が拡大する中、自社サイトの運営でクリック率やコンバージョン率の向上に欠...