2022年03月31日 08時15分 公開
特集/連載

「1クリック分のCO2排出量」を減らすことがとても大事な理由Webサイトの「エコ基準」【後編】

「Webサイトを含めあらゆるデータの背後には、それをホストするサーバがあり、膨大な量の二酸化炭素を排出している」と専門家は指摘する。現実的な「インターネットの省エネ化」とは。

[Caroline Donnelly,TechTarget]

関連キーワード

環境保護


 前編「『画像だらけで重いWebサイト』は認めない 環境保護団体EFWAの認定制度とは」に続き、後編となる本稿は、インターネットの「省エネルギー化」が二酸化炭素(CO2)排出量の低減にどれほどの効果をもたらすのかについて、英国を拠点とする環境保護団体Eco-Friendly Web Alliance(EFWA)の見解を紹介する。

 平均的なWebサイトが排出するCO2の量は、EFWAの計算によれば2グラムを超える。1000万件のWebサイトが、同団体のWebサイト向けエコ(環境保護)基準「Eco-Friendly Website Accreditation」の認定基準を満たしたら、Webサイトなどインターネットの利用によって発生するCO2の平均量を年間50キロ削減できることになるという。同団体はこの独自データに基づき、インターネットの利用によって排出されるCO2量を2030年までに50万トン削減することを目標に掲げている。

 EFWAの認定を受ける企業にとって、再生可能エネルギーを動力源にする「気候に配慮した」Webホスティング企業と組み、Webサイト運営全体における環境保全への配慮をさらに高めることは検討の価値がある。

その「1クリック」がCO2を排出する

 EFWAのチェアパーソンを務めるシェーン・ヘラス氏によれば、こうした活動は気候変動のペースを緩めようとする世界的な取り組みに「大きく」貢献する可能性がある。インターネットは一見、何も残留物を出さず、目に見える排出物のないクリーンなものだと思いがちだ。だが「Webサイトも含め、あらゆるデータの背後にはそれをホストするサーバがあり、膨大な量のCO2を排出している」とヘラス氏は指摘する。月間数千ページビューのWebサイトがあるとしたら、1クリック当たりの消費エネルギーを減らすことで、CO2排出量の低減に大きな効果を発揮することができる。

 生活全般のデジタル化が進み、途上国の追い上げでインターネット利用が拡大するのに従い、消費水準は「さらに上昇する」とヘラス氏はみる。Webサイト運営者は「1ページビュー当たりのCO2排出量を1グラム未満に抑えることで、環境に配慮したWebサイトを構築できる」と同氏は説明。グリーンエネルギーに切り替え、自然再生や森林再生、環境再生型農業を通して年間排出量削減に貢献することで、気候に配慮したWebサイトを構築することも可能だと主張する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

AI活用で日本が米国に追い付く――PwC調査
PwC Japanグループが日本で実施した調査の結果から、日本企業によるAI活用が大きく進み、...

news036.jpg

SaaS企業の成功メソッド「PLG」を実践するための組織作りとは?
成長を続けるSaaS企業には組織としての共通点がある。それは具体的にどのようなものだろ...

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...