在宅組と出社組の「ハイブリッド会議」が快適になるWeb会議用製品とは?これからの「Web会議」運用のいろは【第4回】

オフィスワーカーとテレワーカーの共同作業をスムーズにすべく、ベンダー各社はハイブリッド会議を支援するWeb会議用機器を充実させている。幾つかの製品を紹介しよう。

2022年05月24日 08時15分 公開
[Katherine FinnellTechTarget]

関連キーワード

Web会議 | 在宅勤務


 Web会議用機器ベンダーは、「テレワーカーのみのWeb会議」と「ハイブリッド会議」(テレワーカーとオフィスワーカーが混在するWeb会議)それぞれの体験に合わせた製品を市場投入している。第3回「Web会議では『見た目』よりも『声』を気にすべき理由と、その改善策」に続く本稿は、オフィスワーカーとテレワーカーが混在するWeb会議を快適に進めるための主要製品を解説する。

在宅組と出社組の「ハイブリッド会議」を快適にする製品

 Logitech Internationalの「Logi Dock」は、2台のディスプレイと5台のUSB周辺機器を接続でき、スピーカーフォンを備えた一体型のドッキングステーションだ。同社のグローバルカンファレンシング・ビジネスストラテジー担当ディレクターであるネーサン・クーティンホ氏は「テレワーカーの多くは、1日中ヘッドセットを装着するのを嫌がる」と話す。Logi Dockを使えば、テレワーカーは内蔵のスピーカーフォンでWeb会議に接続できる。Logi DockはワンクリックでWeb会議に参加できる会議コントロール機能も備えており、複数のWeb会議ツールと連携可能だ。

 MicrosoftのTeamsデバイス担当バイスプレジデントを務めるイリヤ・バクシュテイン氏によると、Microsoftもハードウェアベンダーと提携して、ハイブリッド会議を想定した機能拡充を進めている。同社はスタートアップ(新興企業)のNeatframeが手掛ける幾つかの製品を認定し、Microsoftのハードウェアエコシステムに正式に加えた。Neatframeの主な製品には下記がある。

  • カメラ、マイク、スピーカー一体型デバイス「Neat Bar」
  • コントローラーやスケジューラーとして利用できるデバイス「Neat Pad」
  • タッチスクリーン、カメラ、マイク、スピーカーの一体型デバイス「Neat Board」

 これらのデバイスは、高品質な動画と音声を実現するソフトウェアを搭載するだけでなく、発言中の参加者を自動で追跡するスピーカー機能、会議室からの参加者を1人ずつ個別のフレームに映すための画面分割機能なども搭載している。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news164.jpg

Apple Vision Proをいち早くマーケティングに活用したコスメブランド「E.l.f.」がやったこと
化粧品ブランドのE.l.f. Cosmeticsが、複合現実型ヘッドセット「Apple Vision Pro」のマ...

news025.png

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2024年3月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。

news175.png

AI同士が議論して商品開発のアイデア出し 博報堂が「マルチエージェント ブレストAI」の業務活用を開始
専門知識を持ったAI同士が協調して意思決定と企画生成を行う仕組みを活用。最適な結論や...