2022年07月15日 05時00分 公開
特集/連載

賛否両論の「NFT」をビジネスに使いたい企業に必要な“覚悟”とは?Salesforceも波乱の参入 「NFT」ビジネス活用の今【中編】

NFTは企業に有益なデータや新たな事業機会をもたらす可能性がある。NFT事業に参入する際は、どのようなことに気を付ければよいのか。

[Don Fluckinger,TechTarget]

 CRM(顧客関係管理)ベンダーのSalesforceは、NFT(非代替性トークン)のクラウドサービス「NFT Cloud」の一般提供を2022年10月に開始する計画だ。NFT Cloudによって、ユーザー企業はNFTの作成と管理、販売が可能になる。しかし、こうした同社のNFT事業には、従業員が抗議文を出す事態に発展した。

「NFT」でもうけたいなら“あれ”を覚悟すべし

 セキュリティの懸念やエネルギー消費による地球環境への負荷など、NFTにはさまざまな問題がある。Salesforce社内のNFT計画を巡る騒動は「NFT技術をビジネスに活用する、どの企業でも起こり得ることの縮図だ」と、NFT技術コンサルタントでNearMint.nftのCEOを務めるジョン・ヒューズ氏は説明する。NearMint.nftは、漫画家などのアーティストがオリジナルのデジタルアート作品をNFTとして販売できるマーケットプレース「NearMintNFT」の開発を進めている。

 NFT技術を使う企業はSalesforceと同様に、NFT技術に関する厳しい追及に応える準備をしなければならない。ヒューズ氏によると、NFTを提供する企業は、懸念を解消できる理にかなった答えを持っていれば、批判する人々との対話が成り立つ。「NFT技術を事業に取り入れる際に、自社をセキュリティとサステナビリティの問題の解消に取り組む企業だと証明すれば、成功を収めることが可能だ」と同氏は語る。

 Salesforceがユーザー企業を納得させるためには「Salesforceがどのブロックチェーン技術を選択し、NFT Cloudで利用できるようにするかが非常に重要になる」とヒューズ氏は付け加える。ブロックチェーン技術の「Solana」は、NFTを作成する際のエネルギーを「Google検索2回分とほぼ同量に抑えられる」(同氏)という。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...