5Gの究極版「5G Advanced」(5.5G)とは? “普通の5G”とはここが違う「5Gネットワーク」の現状と今後【後編】

次世代通信インフラの実現に向け「5G」は単なる“通過点”になる可能性がある。通信業界が力を入れ始めたのは「5G Advanced」(5.5G)だ。どのような通信技術なのか。

2023年05月23日 10時30分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 世界各国で5G(第5世代移動通信システム)ネットワークが構築される中、通信業界は5Gの次期バージョン「5G Advanced」(5.5G)の実現に向けて動き出した。5.5Gとは何なのか。5Gと比べてどのようなことが可能になるのか。

5Gを進化させた「5.5G」の“5大特徴”とは?

 Huawei Technologiesは、5.5Gの“5つの特徴”を次のように捉えている。

  • 10Gbpsの通信速度
  • 高い相互接続性
  • センシング機能の統合
  • 自動運転レベル4(高度運転自動化)に適していること
  • 環境に配慮していること

 これらの特徴を踏まえ、5.5Gはさまざまなアプリケーション開発を可能にし、企業に新たなビジネスチャンスをもたらすとHuaweiはみる。世界各国の大手通信事業者や標準化団体が手を組み、5.5Gの実用化に向けた取り組みを加速している。

 Huaweiの5.5G担当プレジデント、ジョン・ガオ氏は「5.5Gの登場によってモバイル通信サービスは『コンテンツ中心』から『ユーザー体験中心』へと変化する」と語る。同社の5.5Gネットワークは最大10Gbpsのダウンリンク(基地局から端末に向けた通信)と、Gbps単位のアップリンク(端末から基地局に向けた通信)を可能にするという。

 高速通信に加え、Huaweiの5.5Gネットワークはモバイル端末の測位精度をセンチ単位にし、移動中の自動車の速度や距離をより詳細に感知することも可能になるとガオ氏は説明する。そのため、「スマートカー」(インターネットに接続する車)の運転支援機能の通信インフラとして5.5Gネットワークを活用できるという。

 Qualcomm Technologiesのエンジニアリング担当バイスプレジデント、チー・ティンファン氏は「5.5Gネットワークはあらゆる業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する」と語る。5.5Gネットワークが実用化すれば、より高性能なモバイル通信が可能になり、多様な分野で活用事例が広がると同氏はみる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news129.jpg

SNSアカウントのビジネス貢献を明らかにするための調査サービス テテマーチが提供
フォロワーの属性や状態を明確に把握し、彼らの態度や行動を変容させるためにSNSがどう寄...

news096.jpg

Googleの「サーチトランスフォーメーション」で広告はどう変わる?
Googleは広告主向けの年次イベント「Google Marketing Live 2024」において、広告やコマ...

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...